以前は日本の植民地でしたが、 この村のインドネシア人はマットレスではなく砂浜を着て寝ています

インドネシア人はマットレスではなく砂浜を着て寝ています-ASIAJI

インドネシアは東南アジアで非常にユニークなかつての日本の植民地の1つであり、一般的にインドネシアの人々は今日マットレスで寝ていますが、どういうわけかインドネシアには寝室のマットレスの機能を置き換える代わりにビーチの砂で寝ている部族があります

マドゥラ島、まさにソルト島の先端、東ジャワ州スメネプ県バタンバタン地区の東レグン村に存在するユニークな伝統の1つ。

現代社会が清潔で柔らかいシーツで覆われた快適なベッドのある家を選ぶなら、それは寝るためにスプリングマットレスを選ぶレグン村の人々とは異なります。この村は、砂の上で寝る伝統がある砂の村としてよく知られています。

奇妙に聞こえますが、それが実際に起こったことであり、地元住民が砂の上で寝る習慣になっています。このユニークな活動は、確かに地元住民の伝統となっています。

何百年もの間存在してきたこの伝統は確かに多くのレグン村の子供たちを砂の上で生まれさせました。他の人が砂は汚れたものであり、多くの細菌や病気を抱えていると考える場合、実際、この仮定は砂の村に住む人々には当てはまりません。

サンドマットレスには、都会では感じられない多くのメリットがあると考えられています。このユニークなマットレスは、天候が寒いときに体に暖かさを提供することもできますが、逆に、天候が暑い場合は、砂のマットレスは涼しく感じます。実際、このマットレスは体を伸ばすのにも適しています。

寝具として使用される砂は、単なる砂ではありません。住民は、使用する前に、砂に石や鋭利なもの、その他の危険なものが含まれていないことを確認してください。

%d bloggers like this: