インドネシアで最も売れている新車。

インドネシアの自動車産業は国の経済成長に重要な役割を果たしており、国内総生産の10.16パーセントを占めています。 インドネシアの自動車製品の輸出は、現在、輸入よりも価値が高い。 2021年、インドネシアは世界で17番目に大きい乗用車生産国であり、アジアで5番目に大きい乗用車生産国であり、98万台の自動車を生産しています。

インドネシアで製造された車両のほとんどは、外国ブランド、特に日本製であり、現地パートナーとの合弁工場または完全所有の工場を通じて国内で生産されています。

国内の現地部品の割合が高い完全な製造は、通常、製造業者に好まれ、インドネシア政府によって奨励されています。 興味深いことに、インドネシアでは、韓国のブランドは中国のブランドと競争することはできません。

2億ルピア以下の価格のインドネシアの自動車市場は非常に人気があります。Asiaji.comは、インドネシア市場で最も売れている12台の新車をまとめたものです。ここに記載されている価格は、2022年1月5日現在の各メーカーの公式ウェブサイトに表示されている価格を示しています。

1.トヨタアギア
トヨタアギアは2013年にインドネシアで最初に登場しました。途中で、低価格のグリーンカー(LCGC)は、ハッチバックセグメントで最も人気のある安価な車の1つになりました。

現在、トヨタアギアは、4つのタイプから選択できるガズーレーシング(GR)トリムで提供されます。最も低いバリアントであるAgya1.2 G M / T STDの価格は149.200,000ルピア(120万円)で、最も高いバリアントであるAgya 1.2 GR Sport A / Tの価格は170,690,000ルピア(140万円)です。

インドネシア、バンテンの南タンゲランで撮影された2017 Toyota Agya 1.2 Gハッチバック(B101RA)。

2.トヨタカリヤ
アギアに加えて、トヨタはカリヤという名前の7人乗りのLCGC車も持っています。多目的車(MPV)セグメントは、2016年8月に初めて導入されました。現在、トヨタカリヤは4種類あります。最も低いタイプの1.2E M / T STDは146,190,000ルピア(111万円)で販売され、最も高いタイプの1.2 G A / Tは167,490,000ルピア(112万円)で販売されています。

2021年トヨタカリヤ1.2Gがインドネシアのデポック市で撮影

3.ダイハツアイラ
ダイハツアイラは2012年に発売され、1年後に発売されました。現在、ダイハツのフラッグシップLCGCカーは12種類あります。ダイハツアイラの最も安いタイプは107,600,000ルピア(864,000円)で、最も高いタイプはAyla 1.2 X ATが153,100,000ルピア(110万円)で販売されています。

2018 Ayla 1.2 R(B101RS、インドネシア)

4.ダイハツシグラ
ダイハツシグラは、2016年からインドネシアのアストラダイハツモーターが製造した7人乗りLCGC車。このMPVセグメント車は現在10種類あり、最低タイプの1.2 XM / Tは145,700,000ルピア(117万円)である。最高のタイプは1.2RA / T DLXで、169,200,000ルピア(130万円)の価格で販売されています。

2019年ダイハツシグラ1.0Dワゴン(B400RS)がインドネシア、バンテンの南タンゲランで撮影されました。

5.ダイハツロッキー
2億ルピア以下の新車をお探しの方には、ダイハツロッキーがお勧めです。コンパクトスポーツユーティリティビークル(SUV)セグメントは、2021年4月に発売されたばかりです。ダイハツロッキーには現在26種類のバリエーションがあり、そのうちの1つは価格が199.600,000ルピア(160万円)のロッキー120万MTです。その他のバリエーションは2億ルピア(160万円以上)以上の価格で販売されています。

ダイハツロッキー(A200 / A250)、2019年から販売されているサブコンパクトクロスオーバー。

6.ダイハツグランマックスMB
次はダイハツグランマックスMB多機能車です。商用車としてよく使われる乗用車には、現在4つのバリエーションがあります。それらの2つのバリエーションは、1億ルピア(807,000円)の範囲で販売されています。つまり、MB 1.3 D FH E4は188,800,000ルピア(145万円)で、MB 1.3 D FF FHE4は195ルピアで販売されています。 50万円(160万円)。

2015ダイハツグランマックス1.3D(S401RV)

7.ホンダブリオ
ホンダブリオは、今日の市場で最も売れているホンダ製品の1つです。ハッチバックセグメントの車には、BrioSatyaという名前のLCGCクラスのバリエーションがあります。ホンダブリオには現在7つのバリエーションがあり、そのうち3つは2億ルピア未満の価格です。 Brio Satya S M / Tの価格はRp153,400,000(120万円)、Brio Satya E M / Tの価格はRp162,400,000(130万円)。 Brio Satya E CVTは177,400,000ルピア(142万円)の価格で提供されています。

2020ホンダブリオサティヤS1.2(DD1)

8.ホンダモビリオ
ホンダモビリオは明らかに1億ルピアの価格で販売されているバリアントを持っています。ホンダは、多目的車(MPV)セグメント車の最低価格を197,600,000ルピアで販売した。

ホンダモビリオEのフェイスリフト

9.スズキカリムンワゴンR
スズキカリムンワゴンRは、2013年から販売されているスズキの小型車です。現在、5種類の車があります。最低タイプはカリムンワゴンRブラインドバンがRp134,500,000で販売され、最高タイプのカリムンワゴンR GSAGSはRp155,200,000で販売されています。 M / TタイプはRp150,500,000、AGSタイプはRp159,000の価格で提供されるカリムン50年のお祝い版もあります。

2018年スズキカリムンワゴンRGLは、インドネシア、東ジャワの西スラバヤで撮影されました。

10.スズキイグニス
スズキイグニスは2017年4月にインドネシアで舗装されました。5人乗りのハッチバックは現在4種類あり、そのうち2種類は2億ルピア未満で販売されています。スズキイグニスタイプGLMTはRp183,500,000で販売され、タイプGLAGSはRp193,800,000で販売されています。

11. Wuling Formo S
Wuling Formo Sは、価格が1億ルピアの次の車として登場します。 Wuling Formo S 5シーターの価格はRp150,800,000で、8シーターバリアントの価格はRp155,800,000です。

12. Wuling Confero S
Confero Sは、WulingMotorsが製造したMPVセグメント車です。この車は2億ルピア以下で販売されているファミリーカーの1つになりました。 New Confero S 1.5C MY Lux MTの最低バージョンは、192,800,000ルピアの価格で販売されています。

%d bloggers like this: