HomeASEANインドネシアで発見された新しいタイプのコロナウイルス

インドネシアで発見された新しいタイプのコロナウイルス

Airlangga大学またはUnair Surabayaは、新しいタイプのコロナウイルスを発見しました。発見は、6つの全ゲノム(ウイルス同定)の発見から始まりました。

この全ゲノムはウイルスを識別する指紋です。 Unair Surabayaのチャンセラー教授であるMohammad Nasih氏は、3月と4月にコロナウイルスから陽性の患者20人が特定されたことから、6つの全ゲノムの発見が発見されたと説明しました。

この発見もさらに処理されます。この発見の全ゲノムは、インドネシアの典型と呼ばれています。ヨーロッパと中国の全ゲノムに加えて。

「インドネシアに典型的な全ゲノムの発見はさらなるプロセスで実施されるため、私の意見では非常に戦略的であるという発見」とNasihは日曜日(2020年5月10日)にSuaraJatim.idで述べた。

Airlanggaによって得られた6つの全ゲノムのうち、いくつか興味深いものがあります。 1つは、中国に続くパターンのタイプです。

「1つ目は、3月に4つのサンプルから採取したサンプルの時間に基づいています。中国に続く3種類のパターンです。4月に2つのサンプルが採取されましたが、パターンのタイプはヨーロッパで類似しており、タイプが同じです。

一方、Unair ITDのChief Prof. Maria Inge Lusida教授は、発見された6つの全ゲノムは、ITDによって取得された20個の陽性コロナサンプルから得られたと述べました。 Unairには次世代シーケンサーもあり、コロナウイルスのすべての遺伝子をマッピングできます。

「20のうち、ほぼ完成しているのは6であり、100パーセントであれば銀行データに預金します。99.6パーセントはほぼ預金です。数日以内にGISAIDに預金して登録します」とインゲは言った。

彼によると、見つかった6つの全ゲノムは十分に良好であり、分析することができました。調査したサンプルは、インドネシアのいくつかの地域からも取得されました。

「これら6つ(全ゲノム)から、中国に近い4つとヨーロッパに近い2つが得られる」と彼は言った。

ASIAJI
ASIAJI
今日のインドネシアと日本の関係は非常に緊密に結びついています。 実際、1974年1月16日に最後のインドネシアに対する日本に対するデモが行われましたが、それはなぜですか? 学生は、インドネシアの大統領の提案を拒否し、訪問した日本の首相に、地元のインドネシア人との公開入札と直接投資の代わりに、任命された中国のインドネシア人と協力するよう頼むからです。 インドネシアの最初の大統領の妻の一人が日本人であるため、インドネシア人もとても寛容です。

Must Read

%d bloggers like this: