インドネシアの未亡人の村、男性の立ち入りは禁止されています

インドネシアの未亡人の村、男性の立ち入りは禁止されています-asiaji

夫に見捨てられたからといって、女性の人生の旅は終わりではありません。再婚であろうと一人でいることであろうと、選択がどうであれ、彼らは将来のために戦い続けなければなりません。では、未亡人の村でお互いを強化するために彼らが並んで住んでいるとしたらどうでしょうか。

夫に見捨てられたからといって、女性の人生の旅は終わりではありません。再婚であろうと一人でいることであろうと、選択がどうであれ、彼らは将来のために戦い続けなければなりません。では、未亡人の村でお互いを強化するために彼らが並んで住んでいるとしたらどうでしょうか。

以下はインドネシアの有名な未亡人の村:

1.未亡人バトゥア村

南カリマンタンのバンジャルバル市には、未亡人の大多数で埋め尽くされているカンポンバトゥアと呼ばれる地域があります。

すべてがそうだったわけではありませんが、bangkapos.idが報告したように、村の女性の約90%が未亡人です。

これらの女性は、夫が彼らを去ったために未亡人になっているとも言われています

町内会の長であるアフマド・ヌルハンサによれば、一般的に村の女性は年齢がかなり離れている夫と結婚している。

彼は、女性であった居住者の1人が15歳で結婚したという例を挙げました。

その間、彼女の夫は当時30歳でした。
夫に残された後、カンポンバトゥアの多くの女性は再婚しないことを選びました。

自動的に、彼らは家族をサポートするための稼ぎ手としての故夫の役割に取って代わるものです。
隣接するルクム03ケムニン村バトゥア村にある37戸の家屋のうち、26人の未亡人が家長を務めています。

バトゥア村に住む女性の年齢は一般的に50歳以上です。その中には、25歳前後のまだ若い未亡人もいます。

2.チブラユット未亡人の村

ボゴール県シゴンボン地区のチブラユット村の女性の話は、バトゥア村のそれとほとんど同じです。

この村に住む多くの女性は、亡くなったために夫に残されています。

tribunnewsが報告したように、この村の男性の大多数は砂の採掘者として働いています。

彼らの多くは労働災害に遭い、妻や子供を置き去りにして亡くなりましたが、病気で亡くなった人もいました。

RTの責任者であるAdeSuryadiは、村には65家族から14歳から70歳までの約30人の未亡人がいたと述べた。

アデ氏はまた、地滑りに埋もれた結果、多くの男性が同時に死亡したという悲しい事件があったと述べた。

これがチブラユット村の未亡人の急増の原因と考えられている。

ボゴールリージェンシーの未亡人の村からのこの話は、2〜3回未亡人になった女性がいるので非常に悲しいです。

この現象は、貧困の問題と市民教育の欠如が原因で発生します。

多くの親は未成年の女の子と結婚することを選択するので、彼女の夫が死んだとき、彼女はまだ若いです。

3.パスルアンのアルベイン住宅

住宅は一般的に、結婚していても独身でも、誰でも自由に住むことができます。

パスルアン県バンギル地区のゲンペン村にあるアルバインの住宅ではありません。

40の長屋で埋め尽くされている住宅はすべて未亡人の地位にある女性で埋め尽くされています。

副インドネシアの報告によると、家に住んでいた未亡人は明らかに賃貸料を請求されていませんでした。

彼らは電気代とそれぞれの家族の必要性を支払うように求められるだけです。

この住宅のいずれかの住宅に住みたい場合は、夫からの離婚証明書または死亡診断書を添付する必要があります。

さらに、未亡人も最初にチェックされました。

要件を満たし、適切に動作し、またそれを買う余裕がない人は、無料で占有を埋めることができます。

再婚を希望する女性居住者は、家を出ることができます。この住宅の規制も厳しいです。

午後10時以降は帰宅できず、同行する隣人がいない限り男性客を受け入れることはできません。また、控えめな服装をするよう求められます。

実際、この未亡人の村は、パスルアン出身の寛大なハニフ・カマルディンという男によって設立されました。

ハニフの未亡人の母親は、いつの日か彼が未亡人のために栄養を確保できるようになるべきだと彼に命じました。

彼はまた、2001年に未亡人のために特別にArbain住宅を建設することによって、この使命を実現しました。それは本当に感動的ですよね?

上記の3つの場所とは別に、未亡人の村は中部カリマンタンの東コタワリンギンでも見つかりました。

この地域はまだかなり若い未亡人でいっぱいだと言われています。

%d bloggers like this: