シンガポールの子供の 25% は、トイレを使用した後に手を洗いません。

シンガポールの誰もが、パンデミックの初期から大規模な公衆衛生メッセージの取り組みを覚えています。病気の蔓延を防ぐための徹底した手洗いの重要性。

2022 年に発表されたシンガポールの保護者に対する調査結果によると、25% の子どもがトイレの後や食事の前に手を洗わなかったと報告しており、半数以上 (56%) が毎回石けんを使わないと答えています。彼らが手を洗う時間。

オンライン パネル調査の結果は、シンガポールの 6 歳から 12 歳までの子供の 500 人の保護者から収集したデータに基づいています。

回答者のほとんどは、子供と一緒にいるときの子供の衛生習慣に関する調査に回答しました。この調査は、ファーストパーティのデータ プラットフォームである Dynata によって実施され、石鹸会社のブランドである Lifebuoy によって委託されました。

子供は可愛いけど気持ち悪い。これは、すべての親がすでによく知っていることですが、調査データによって定量化されることは依然として不安です.

調査によると、パンデミック中に手を洗うようにというメッセージは親に定着しており、81% が子供が 1 日にどれくらいの頻度で手を洗う必要があるかについての期待が高まったと述べており、73% が子供に手を洗う時間を増やしたと述べています。彼らの手を洗うために。

しかし、調査対象となった親または保護者の 4 分の 1 だけが、子供たちに 20 ~ 30 秒間完全に手を洗うように教えたと述べています (WHO のガイドラインで推奨されているように)。

2021 年の調査では、シンガポールの成人はパンデミックにより頻繁に手を洗うようになった一方で、80% が推奨される 20 秒よりも短い時間しか手を洗っていないと答えていることがわかりました。パンデミックへの不安が沈静化するにつれて、この数か月間、この割合は低下し続けていると推測しています (粘り強い Covid-19 XBB 亜種がシンガポールでの症例数を再び増加させたとしても)。

そして、シンガポールの子供たちに公平を期すために、彼らは白人の仲間よりも衛生的な習慣を持っているようです. 2020年に英国で行われた同様の調査では、親の10人に4人が、トイレを使用した後に子供に手を洗わせるのは難しいと答え、3分の1は、子供が咳をした後に手を洗うことを覚えていないと答えた.


ソース;

coconuts.co/singapore/news/25-of-singaporean-kids-dont-wash-their-hands-after-using-the-bathroom-survey/

%d bloggers like this: