シンガポール政府はお金のない外国人を助けたくないのです。

シンガポールでは、シンガポールで働き、勉強し、居住しようとしているすべての外国人にワクチン接種を義務付けています。

シンガポール政府は、「避けられない」オミクロン波に備えるためにいくつかの制限を強化しています。

シンガポール保健省によると、2022年2月1日以降、長期的に働くことを希望する外国人、またはシンガポールに永住することを希望する外国人、および既存の雇用ビザの更新を希望する外国人は、Covid-19に対して接種を受ける必要があります。日曜日の声明で。 12歳未満の子供と医学的にショットの資格がない子供には免税が与えられます。

この最新の動きは、Covid-19ワクチン接種を拒否した人々に圧力をかけるための措置をここ数か月で追加します。彼らはすでにレストラン、アトラクション、モールなどのほとんどの公共スペースから締め出されており、自分で医療費を支払う必要があります。外国人は入国するために追加の医療保険に加入しなければなりません。

シンガポール政府は、デルタよりもオミクロン感染が多く、休日の週には「症例が急速に倍増する」と予想しています。

「オミクロンの伝染性と私たちの社会の開かれた性質を考えると、オミクロンが私たちのコミュニティに広がることは避けられません」と保健省は言いました。

それでも、新しい亜種の重症度が低く、ワクチン接種や追加免疫から保護されているため、同省はデルタよりも重症の症例や死亡が比例して少ないと見ています。

シンガポール保健省のデータによると、2021年12月26日日曜日に104の新しいオミクロンの症例が検出され、そのうち73が輸入され、31が地元で発生しました。

ワクチン未接種の人々がCovid-19検査を受けて事務に戻ることを許可する規制も2022年1月15日から取り消されます。

ただし、シンガポール政府は、ボツワナ、エスワティニ、ガーナ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、ナイジェリア、南アフリカ、ジンバブエなどのアフリカ諸国からの旅行者を許可しています。 日曜日(2021年12月26日)にシンガポール入国管理局が渡航禁止令を解除した後、アフリカ人はシンガポールに入国できるようになりました。

シンガポールへの出発から過去14日以内にこれらの国への旅行歴のある外国人は、シンガポール共和国への入国および通過が許可されています。 ただし、COVID-19感染のリスクが低い近隣のASEAN諸国は依然として厳しく許可されています。


straitstimes.com/singapore/transport/travellers-from-10-african-countries-can-now-enter-transit-through-singapore

%d bloggers like this: