タイは引退生活を楽しむのに最適な場所です。

タイはアジアで引退するのに最適な国ですか?一部の白人男性はそう思います。タイは、International Living誌によって、2022年にアジアで引退するのに最適な国としてランク付けされました。そして、25か国のリストのうち、同誌はタイを11位に挙げ、パナマ、コスタリカ、メキシコがリストのトップになりました。

International Living誌の年間グローバル退職指数は、住宅、給付金、ビザと居住地、娯楽、気候など、いくつかのカテゴリーで採点されています。

タイは、そのビーチ、熱帯気候、手頃な価格の生活オプションの多様性、リーズナブルな医療費、および退職者のための便利なビザプロセスのために、今年退職するアジアでナンバーワンの国としてランク付けされました。 (その最後の点についてあなたがどう思うか教えてください。)

雑誌によると、バンコク市、チェンマイ市、プーケット市、ホアヒンビーチフロントエリアが滞在するトップの都市です。平均して、タイだけで引退生活を送るのにかかる費用は約1,000ドルまたは33,500バーツと言われ、アパートの費用は約400ドルから500ドルで、約13,400バーツから16,750バーツです。

雑誌は、検索特典に基づくシステムでタイに72.9のスコアを与えました。アジアでは、カンボジアが72.3点、マレーシアが72点、インドネシアのバリ島が69点、ベトナムが68.3点で続いています。これはまた、シンガポールとフィリピンを除くほとんどすべての東南アジアの国々が、引退生活を楽しむのに最適な場所であることを意味します。

パナマの国は、熱帯気候、リーズナブルな生活費、そしてフレンドリーな居住者のために86.1のスコアで、世界最高の引退場所として雑誌のインデックスにランクされています。


internationalliving.com/the-best-places-to-retire/

%d bloggers like this: