ハルマヘラの森の奥に住むインドネシア人、トグティル族の生活

インドネシア人、トグティル族の生活-asiaji

トグティル族の森林への依存度は非常に高く、宇宙論の森林でさえ家であるため、伐採を禁じています。

彼らは森で利用できる天然資源を利用して、サゴを集めたり、さまざまな種類の動物を狩ったりして生き残ります。

この自給自足活動は今も続いています。

ハルマヘラの森には、トグティルの人々のニーズに十分な天然資源が長期間蓄えられています。

しかし、時間の経過とともに、木材会社、鉱業、および彼らの領土に浸透した沿岸コミュニティ活動の利益のために土地と森林を開墾しました。

これにより、このグループはますます圧迫され、生活空間から排除されています。

彼らの食料源はますます入手が困難になっています。

トグティル族の名前の1つであるアケジラグループが経験したいくつかの事件は、この事実が実際に起こったことを示しています。

アケジラグループの合計11人のメンバーは、生き残るための食料源が不足していたため、森を離れることを余儀なくされました。

ハルマヘラの森の奥に住むインドネシア人-asiaji
ハルマヘラの森の奥に住むインドネシア人-asiaji

「アケジラ自身は現在、この部族の居住地域を管理しているニッケル鉱山会社の活動分野にいます。」

「その間、2年前にWoesopenグループ(トグティル民族グループの名前)は同じ理由で木材会社に米の援助を求めて去ることを余儀なくされました。」

「国立公園が厳格な法的規則を施行したとしても、このグループがその地域の生活空間と天然資源にアクセスできなくなることは確実です」と、トグティル攻撃が発生した2019年にAMAN北マルクのムナディキルコダは言いました。

ムナディ氏によると、この食糧危機はトグティル族の生活を悩ませることになるでしょう。

彼らは彼らの生命の源を守るために外力に直面しなければなりません。

さらに、彼らは森を離れて村のコミュニティと交流することを余儀なくされていますが、一方で、政府が採用しているアプローチは、彼らの性格、文化、伝統からはほど遠いものです。

ムナディは、社会福祉機関が家を提供したにもかかわらず、森に住むことを選択することを余儀なくされたワレイノグループの事例を挙げました。

「政府はこれらのグループを支援することに真剣に取り組んでいません。教育や医療サービスへのアクセス、およびその他のニーズが、帰国時に満たされるとは限らない」と述べた。

無視されているもう一つのことは、天然資源を利用し続けることができ、その伝統と文化を憲法上有効なアイデンティティとして維持するための生存権の保証です。

%d bloggers like this: