Homeバタム撮影バタム島病院でコロナウイルス陽性の患者3人が全員死亡

バタム島病院でコロナウイルス陽性の患者3人が全員死亡

リアウ諸島のバタム島でのコロナ陽性患者の死亡率は75%に達しました。 Covid-194人の陽性患者のうち、3人が死亡しました。さらに、コロナウイルスにまだ関連している患者。死亡したモニタリング中の患者(PDP)は4人です。

死亡した3人の陽性患者はすべて、バタムのエンブンファティマ病院のケアで死亡しました。これらの患者が病院の医療チームから最大限のサービスを受けられなかったことが疑われています。

これは、医療チームに見捨てられたと感じたバタムの会社の上司であるジュディ・リスディアントの不満から明らかになった。 「私は無視され、誰も仕えなかった」とジュディは親類への声明で言った。ジュディでさえ、誰かにバタム市長に連絡してこれを伝えるように頼んだ。ジュディはその状態に絶望的なようでした。また、断熱室はとても暑いです。 「誰が(誰が助けることができる)」とジュディは言った。

伝えられるところによると、バタム病院の医療関係者は、コロナ患者と契約することを恐れて、コロナ患者に対処することに消極的です。これは、タンジュンピナン病院やカリムン病院とは対照的です。各病院の1人の患者が回復し、COVID-19は陰性でした。

バタム病院の院長であるアニデウィヤナ博士は、地域病院の施設が不十分であることを認めた。ホットルーム。 ACに代わるものはありません。バタム市立病院は、施設が非常に最小限であることを認めた。そして他の多くの理由。死亡した3人の患者は数日間治療された。最初に死亡した患者は患者01、牧師シンティチェでした。

彼は隔離室で治療された数日後に死亡した。彼は2020322日に19.30 WIBで亡くなりました。

soure:tribun

ASIAJI
ASIAJI
今日のインドネシアと日本の関係は非常に緊密に結びついています。 実際、1974年1月16日に最後のインドネシアに対する日本に対するデモが行われましたが、それはなぜですか? 学生は、インドネシアの大統領の提案を拒否し、訪問した日本の首相に、地元のインドネシア人との公開入札と直接投資の代わりに、任命された中国のインドネシア人と協力するよう頼むからです。 インドネシアの最初の大統領の妻の一人が日本人であるため、インドネシア人もとても寛容です。

Must Read

%d bloggers like this: