パンデミックコロナの真ん中にあるイードアルフィトル、ブカシのサラトイエド会衆

何百人もの住民が日曜日(2020年5月24日)の朝、西ジャワ州イーストブカシのアレンジャヤビレッジにあるジャミアルヒダヤモスクでイードアルフィトル1441ヒジャーヤの祈りを行っています。

彼らは内部の部屋とモスクの中庭をターポリンで覆い、祈りの敷物で覆った。

イードの祈りは07.00 WIBに行われますが、住民は06.00 WIB以来このモスクに来ています。

モスクの中庭の内部で祈りが行われているにもかかわらず、居住者は入浴、マスクの着用、距離の確保、モスクエリアに入るときに手を洗うことなど、さまざまな健康に関するプロトコルを守っています。

モスクの管理者は床に距離を示すために黒いテープを貼ったので、住民は近くにいないが、礼拝中には距離を保っていた。それだけでなく、モスクの中庭のどこかに石鹸で手を洗う場所もあります。

ブカシ市政府は、2020年5月20日に地域でのCOVID-19パンデミックの真っ只中におけるEid Al-Fitrの祈りの実施に関する合同政令番号451.1 / Kep.316-Kessos / V / 2020番号B / 200 / V / 2020を発行しました。

この書簡は、地域のリーダーであるインドネシアのウレマ評議会(MUI)とインドネシアのモスク評議会(DMI)によって署名されました。

ブカシ市政府は、モスクで市民がイードアル=フィトル祈りを行うことを許可しています。条件は、居住者の住む村が緑地帯にあること、つまりコロナウイルスに曝されていないことです。

(COVID-19(新型コロナウイルス感染症)(#文字数制限がない場合、初出時にかっこ書きを追加)。

ブカシ市には、モスクでイードの祈りを催すことができる41の都市緑地帯があります。それらの1つは東ブカシのアレンジャヤ村のジャミアルヒダヤモスクにあります

%d bloggers like this: