マーケット、モール、「ニューノーマル」でマスク、フェイスシールド、手袋を着用する必要がある販売者

商務省は、次の「新しい通常」で活動を行う間、伝統的な市場、小売店、ショッピングモールの販売者がマスク、フェイスシールド、手袋を着用することを要求する回覧を発行しました。

5月28日に発行された回覧でも、バイヤーはマスクを着用する必要があります。

通達ではさらに、公共エリアへの立ち入りを許可される前に、売り手と買い手の両方がCOVID-19についてスクリーニングを受ける必要があると規定しています。

体温が摂氏37.3度を超えていて、息切れや咳などのCOVID-19症状を示す人は、COVID-19の感染を防ぐため、その場所を離れるように求められます。

さらに、売り手と買い手は、少なくとも1.5メートルの物理的な距離を維持する必要があります。

通達はまた、新しい規制は「地域の行政官と協会のメンバーで構成される合同チーム」によって施行されると述べています。

「(新しい規則の)すべての違反はしっかりと対処され、一般的な法律に従って制裁されるかもしれない」と通達は詳述しなかった。

通達のプロトコルは、レストランや、動物園、美術館、アートギャラリーなどのその他のレクリエーション施設にも適用されます。

商務省の通達は、新しい通常の事態に備えて政府が発行した一連のガイドラインの最新版です。先週、宗教省は、礼拝所の再開についてのガイドラインを含む同様の回覧を発行しました。 5月の初めに、テラワン保健相は、職場の再開に向けた新しい医療プロトコルを含む大臣令も発表しました。

%d bloggers like this: