HomeASEANインドネシア人生活日本の女の子のジゴロの楽園としてのインドネシアのバリ島

日本の女の子のジゴロの楽園としてのインドネシアのバリ島

信じられない!インドネシアのバリ島に住んでいるインドネシア人がビーチボーイとして働いていることに関する、日本からの驚くべきニュースがあります。週刊誌「日刊現代」にいくつかの作品が掲載されている日本のフリーランスライターは、これらのビーチボーイは1回限りのセックスで5,000円、または約584kルピア(為替レートRp 116 = 1円)で日本の女性の欲望を満たしていると書いています。

 

日本の女の子のバリ島ジゴローasiaji.com
日本の女の子のバリ島ジゴローasiaji.com

「バリは、1990年代のバブル経済の初期から非常に人気のある観光地です。 「多くの日本人女性がマッサージのためにバリに行った」と日刊現代雑誌に引用され、印刷されているフリーランスの作家、村上幸雄氏は語った。

これらの日本人女性の多くは、「ビーチボーイズ」が胸部から下半身までエロマッサージを行うことも求められている、と彼女は付け加えた。

インドネシア語-asiaji
インドネシア語-asiaji

「特定の瞬間に、これらの女性は、性的サービスを実行するのにどれくらいの費用がかかるか尋ねます。バリ島には約200のギゴロがあり、その多くはこれらの女性を満足させるために特別に訓練されています。 [これらのギゴロ]は、性交そのものではなく、より高い覚醒をクライアントが享受できるように、女性の体を女性​​の性器まで舐めるように訓練されています。 1回の性的サービスの平均料金は5,000円ですが、多くの場合、わずか2,000円(233kルピア)の安い料金です。 1日の1回のサービスに対して、10,000円(110万ルピア)を請求します」と村上は説明しました。

日本の女性労働者の間でのバリ島のビーチボーイの人気は、10年前、または2000年頃から上昇しています。最近では、さらに多くの日本人労働者がバリ島で休暇を取っています。

特に2005年、日本の店でストレスの多い仕事をしていて、ほとんどセックスをしていない女性の多くは、バリに行ってこれらの男の子を雇うことでストレスを和らげます、と村上は再び付け加えました。日刊現代雑誌に掲載された記事の最後に書かれた「全国で最も恥ずべき事実の1つ」。

ASIAJI
ASIAJI
今日のインドネシアと日本の関係は非常に緊密に結びついています。 実際、1974年1月16日に最後のインドネシアに対する日本に対するデモが行われましたが、それはなぜですか? 学生は、インドネシアの大統領の提案を拒否し、訪問した日本の首相に、地元のインドネシア人との公開入札と直接投資の代わりに、任命された中国のインドネシア人と協力するよう頼むからです。 インドネシアの最初の大統領の妻の一人が日本人であるため、インドネシア人もとても寛容です。

Must Read

spot_img
%d bloggers like this: