昔のインドネシア人のスマトラ島というバタク族は共食いでした

0
885
batamax.com tomogui

バタク族は何世紀にもわたって最も好戦的で敵対的な部族として知られています。

彼らはかつて、山が敵からの障壁であった鳥羽湖周辺で最初の集落を作った。好戦的で、人間の肉を食べる共食いも実践しています。

この慣行は通常、殺された敵、捕虜、姦通者、泥棒、および従来の法律違反者に適用されます。

共食いは1816年まで行われることが知られています。

asiaji.com batak cannibalisme
batamax.com batak cannibalisme

この実践は、精神の傾向または癒しを強化することを目的として実施されます。

具体的には、血液、心臓、手のひら、足の裏がテンディに富んでいると考えられています。

バタクの共食いの物語は、1292年4月から9月までスマトラ島の東海岸に住んでいたマルコポーロの記録から初めて知られています。

asiaji.com batak man
batamax.com batak man

彼は、人間を食べる人と呼ばれる丘の人々との出会いに言及しました。

二次情報源から、マルコ・ポーロは「バッタ」によって行われた儀式の共食いの物語を記録します。

当時、マルコポーロは沿岸地域に住んでおり、彼の主張を確認するために内陸を旅したことはありませんでした。

asiaji.com batak people
batamax.com batak people

彼はそれを直接見なかったが、海岸から話を聞いた。

彼らが絞め殺された男に言及したところ。

マルコはその人がどのように食べられたかを詳細に語った。

バタクの共食いの別のリマインダーは、1820年代にトーマス・スタンフォード・ラッフルズbyによって発行され、バタク、その儀式、および人間の肉の消費に関する法律を研究しました。

彼は正当化された違反と虐殺の方法について詳細に書いた。

asiaji.com batak tomogui
batamax.com batak tomogui

ラッフルズは、バタクが年を取りすぎて働けないときに両親を食べることはよくあると言った。共食いは、特定の犯罪を犯した犯罪者にも適用されます。彼らの体は生で食べるか、ライム、塩、少量のご飯を使ってローストします。ドイツの医師で地理学者のフランツ・ヴィルヘルム・ユングフンは、1840年から1841年にバタク地方を訪れました。

ユングフンは、バタク族の共食い(彼は「バター」と呼んでいます)について次のように語っています。「彼らは市場で人間の肉を売っています。彼らが怒っているとき、そして特定の法的事件では、「Junghuhnに注意してください。

asiaji.com batak people
batamax.com batak people

ユングフンは、危険な飛行と飢の後、友好的な村に到着し、村人から提供された食べ物は前日虐殺された2人の囚人の肉であると語った。

オスカー・フォン・ケッセルは1844年まで1840年にシリンドゥンを訪れました。

asiaji.com batak people life
batamax.com batak people life
asiaji.com batak history
batamax.com batak history

彼は、姦通者が処罰され生きて食べられるバタク人食いの儀式を観察した最初のヨーロッパ人かもしれません。 Von Kesselは、共食いがバタクの人々によって正義の行為と見なされ、その適用が盗難、姦通、スパイまたは裏切りを含む法律の違反に制限される場合、と述べました。塩、赤唐辛子、レモンは、被害者の家族から、コミュニティの評決を受け入れ、復ofを考えないという印として与えられなければなりません。残酷と分類されたが、宗教の教えがバタク族に入ったため、この慣行は止まった。オランダの植民地時代は、彼らの植民地での共食いの実践も禁止していました。

怖いですよね?歴史を忘れないでください。

出典:National Geo