東南アジア諸国を旅行する際に何を期待しますか?

今日、東南アジアは主に独立国家によって統治されています。 東南アジアのほとんどの国は民主主義です。 タイとマレーシアは依然として王によって統治されていますが、ベトナムとラオスは、共産主義モデルに従い続けている世界で唯一の国の一部です.

快適な夜の睡眠のための「理想的な」条件は摂氏約 20 度ですが、全国のほとんどの地域の気温はこのレベルを超えています。 湿度の高い熱帯の乾季では、熱波により体が自然なリズムを失いやすいため、夜の休息が難しくなります。

睡眠不足は健康に悪影響を及ぼします。免疫システムを妨げ、人々をさまざまな病気にかかりやすくするからです。 また、日中の疲労感を引き起こし、集中力が低下し、消化不良につながることさえあります.

ベッドにいるときは無理に寝ないようにしましょう。 代わりに、本を読んだり、軽くストレッチしたりして、眠くなるまで待ちます。

以下は、眠れない暑い夏の夜に対処する方法に関する医師からの健康上のヒントです。

1. 寝室の温度を確認する
寝室の温度は、睡眠の質と質に大きな影響を与える可能性があります。 特に夏の暑い夜、ぐっすり眠るためには準備が必要です。

正確な温度は人によって異なりますが、医師と科学者は、少し涼しい部屋が良い睡眠に寄与することに同意しています.

一般的に、最適な睡眠のために推奨される寝室の温度は摂氏 18 ~ 20 度、湿度レベルは 50 ~ 60% です。

就寝の 2 ~ 3 時間前に寝室のエアコンのスイッチを入れ、ホワイトノイズも発生する扇風機を使用して、他の邪魔な音を遮断します。

暑い夏の夜に寝室を涼しく保つためのその他の推奨事項には、日中はブラインドを閉めて熱を遮断することが含まれます.

2. 熱いシャワーを浴びる
奇妙に聞こえるかもしれませんが、就寝前に氷水でシャワーを浴びると、体の中枢神経系が刺激されるため、不眠症が悪化するだけです。

また、冷たいシャワーを浴びると皮膚の血管が一時的に収縮しますが、血管が再び拡張すると体温はさらに上昇します。

就寝の1~2時間前にぬるめのシャワーやお風呂に入り、お湯で肩や首を刺激することも疲労回復に効果的です。

3. アルコールやカフェインを避ける
室温が高いときに冷たいビールを飲むのは魅力的ですが、アルコールが最初の眠りに役立つ可能性があるとしても、医師はお勧めしません. 最初は眠気を感じますが、深い睡眠を妨げるため長くは続きません。 アルコールが神経系を刺激するため、夜中に何度も目が覚めるようになります。

また、アルコールの利尿作用により、目が覚めやすくなります。 また、就寝前にスイカや飲み物を食べすぎないようにとのアドバイスもありました。

コーヒー、紅茶、チョコレートなどの高レベルのカフェインを含む食品は、就寝前に避ける必要があります.

睡眠時間だけでなく、睡眠の質も重要です。 食事だけでなく、睡眠前の食事もコントロールする必要があります。

4. エクササイズ
深夜に過度な運動をすると、体が緊張して交感神経が刺激されるため、不眠が助長されます。 就寝の 2、3 時間前に運動し、散歩や軽いストレッチを行うとぐっすり眠れます。

体内時計を維持することも重要であり、毎日少なくとも 30 分間運動することも、規則的な睡眠時間を維持するのに役立ちます。

5.必需品の基本的な薬を準備します。
雨季や乾季など、南国の気候は、訪れる土地の標高によっても異なります。 熱帯の国の紫外線は、肌をやけどさせたり、目に刺激を与えたりすることがあります。 目を保護するために、地元で購入する方が安いサングラスを購入できます。

多くの場合、熱帯の国では特定の種類の日焼け止めクリームが必要です。 通常、多くの東南アジア諸国では、コンビニエンス ストアでは、UVB の 97% に耐えることができる spf レベル SPF 30 のみが販売されています。 500分耐えられるSPF50は現地ではなかなか見つかりません。

6. 東南アジアの人々の歴史的背景。
東南アジアは、モンゴル帝国に包囲されなかったユーラシアの数少ない地域の 1 つでした。 ただし、現代の東南アジア諸国のほとんどは、以前はヨーロッパの植民地国家でもありましたが、唯一の例外はシャム (現在のタイ) です。

ヨーロッパの植民地化は、征服した土地から天然資源と搾取された労働力を盗み、東南アジア地域にヨーロッパの宗教を強制することを提案しました. 東南アジア諸国では、今も地方官庁として使われているヨーロピアンデザインの建物をよく見かけます。

東南アジアのいくつかの国も大日本帝国の支配下に置かれ、1937 年から 1945 年にかけて、日本軍は 300 万人から 1000 万人近く、おそらく 600 万人の中国人、インド人、韓国人、 マレーシア人、インドネシア人、フィリピン人、インドシナ人など。

アレルギーがある場合は、小さな町に行く前に、主要な薬局で抗アレルギー薬を持参するか購入してください。 現地で購入できる虫除けや虫よけローションも忘れずに持っていきましょう。シンガポールの高層マンションからバリ島の自然の静けさまで、東南アジア諸国は、非常に暑い乾季と雨と蚊が多いモンスーンの 2 つの季節で知られています。

%d bloggers like this: