Category Archives: 東南アジアの幽霊

東南アジアに位置する日本の植民地の1つであり、世界にはめったに知られていない悪魔、幽霊、神秘的、超自然的な物語がたくさんあります。

東南アジア人は宗教を持っていますが、多くの東南アジア人はこの恐ろしいことを信じて生きています

JENGLOT(ジェングロト)というインドネシアのミイラ、逆に お守りとして使われた

JENGLOT(ジェングロト)というインドネシアのミイラ、逆に お守りとして使われた-asiaji

JENGLOT(ジェングロト)はインドネシアの神秘的な物体で、不思議な素材(約10〜20 cm)の小さな人形のような形をしており、肌がざらざらしていて(ミイラのように)、頭蓋骨のような顔と牙が突き出ています。髪と爪が長く、通常は悪臭がします。死骸のように魚のように JENGLOT(ジェングロト)は、ジャワ、カリマンタン、バリでよく見られます なぜ? ジャワ、バリ、カリマンタンでは多くの人がヒンズー教徒と仏教徒だからです JENGLOT(ジェングロト)は、ヒンドゥー教や仏教のように、瞑想を実践して永遠の知識を得て完璧を達成する人間であると言われています。 インドネシアのジャワ社会では、この瞑想はセメディとして知られています セメディとはどういう意味ですか? セメディという用語は、サムとアディという2つの言葉から来ています。サムは大きいことを意味し、アディは良いまたは美しいことを意味します。セメディする人々は、偉大で美しく、聖なる心を達成するという目標を持っています。 セメディは通常静かな場所で行われ、洞窟、森、山、隠れた場所など、人間がめったに訪れることのない騒音はありません。 通常、セメディは一人で行われ、友達はいません インドネシア語では、その場所でセメディをするという用語はBERTAPA(ベルタパ)と呼ばれています セメディをする人はPETAPA(ペタパ)と呼ばれます PETAPAがセメディをしている時間が長ければ長いほど、偉大で美しく聖なる心を達成するという目標は達成されませんが、人体と魂が幽霊と悪魔に食べられるため、JENGLOT(ジェングロト)になります。 人体が腐敗して収縮するまで、数百年、さらには数千年も瞑想をしているPETAPA(ペタパ) JENGLOT(ジェングロト)は無生物で無生物のように見えますが、インドネシアの人々は、JENGLOT(ジェングロト)では人間の魂がまだ生きていると信じていました。 面白いことに、一部のインドネシア人にとって、JENGLOT(ジェングロト)はお守りであると信じられており、ポケモンのように飼われています JENGLOT(ジェングロト)は通常、新鮮な人間の血液や胎児の死体さえも与えられるため、何とかJENGLOT(ジェングロト)は強くなります なぜなら、JENGLOT(ジェングロト)はインドネシアの人々に超自然的な力を持っていると信じられており、人々を素早く金持ちにし、スーパーマンのような超能力を持つことができるからです。 JENGLOT(ジェングロト)を入手するにはどうすればよいですか? 通常、JENGLOT(ジェングロト)は3つの方法で取得または検出できます JENGLOT(ジェングロト)は人間の個性の匂いと魂が好きなので誰かにやって来ますなんか興味になるから感じ、例えば道であなたを追いかける猫やあなたを追いかける猿のようなものである事です シャーマンに行った人、そして特定の条件で黒魔術を学ぶことであるです インドネシアのマーケットプレイス(Shopee、Tokopedia、Facebook)などでオンラインで購入,しかし、手作りの偽のジェンロットを販売する売り手がいるので注意する必要があります。通常、本物のジェンロットは人間が作ることはできず、偽のジェンロットには超自然的な力がありません。 なぜ多くのインドネシア人がJENGLOT(ジェングロト)を欲しがっているのですか? 通常、ハードワークなしですぐに金持ちになり、さまざまなことで力を得る,現象という用語は通常、PESUGIHAN(ペスギハン)と呼ばれます  面白いことのはインドネシアの人々は宗教を持っていますが、多くのペスギハンの開業医がやっています source: http://repositori.kemdikbud.go.id/7042/1/buku%20siswa%20budha.pdf india.com/viral/shocking-200-year-old-mongolian-monk-mummy-still-alive-video-642545/

オラン・ミニャック、マレー半島で女性をレイプする油っぽい男。

マレーの伝説によると、オラン・ミニャック は夜に若い女性を誘拐する生き物です。 おそらく、クリーチャーは滑りやすいコーティングのために捕獲を回避しながら、壁を登って犠牲者をつかむことができます。 オラン・ミニャック は、早くも 1950 年代にレイプの責任があるとしてマレーシアの新聞で報道されました。 迷信的なマレーの女子学生は、「男と一緒にいたばかりのように見せるために」汗をかいた服を着て、生き物を追い払おうとしました。 この民間伝承はまた、オラン・ミニャックが男性の匂いのために彼女の寝室に入らないため、独身女性に早く結婚するよう強制します。 オラン・ミニャックは、処女だけを狙う強姦犯として描写されている。 オラン・ミニャック は、魔法で愛を取り戻そうと呪われた青年でした。 マレーの民間伝承によると、男は王女の心をつかむのを手伝ってくれるシャーマンを探しています。 若い男は、貧しい村人の息子であるため、彼女に近づく機会がないことを知っています。 その若者は、問題の解決策を探すために、多くの村をさまよいました。 ある夜まで、彼は疲れていて、湿地に囲まれた古い墓地の近くで寝ていました。 悪魔は若者に黒魔術の力を与えました。 悪魔は若い男に、1週間以内に21人の処女を叩いて彼を崇拝するように頼みます. 悪魔は若い男に、ドアや木製の壁の隙間から入り込む泥油のような流動の力を与えました。 しかし青年は鬼畜達の狙いを果たせず、オイルマン・オイリーマンの罠にかかってしまう。ある話によると、オイルマンは不当に訴えられ、40人の少女をレイプした後、彼は黒くなり、回復した. レイプされた犠牲者は、発見された後、気絶し、顔に平手打ちの印が付けられます。 スマトラ本土のリアウ マレー人の一部の民俗学者によると、オラン ミニャックは裸であるか、「黒い水泳パンツ」を着ていると交互に説明されています。 伝説の一部のバージョンでは、オラン ミニャックは超自然的な生き物ではなく、邪悪な人間のウォーロックであるとされています。 別のバージョンでは、オラン・ミニャック は邪悪なシャーマンまたはウィッチ ドクターが一定の金額を支払うことで制御できるクリーチャーです。 シャーマン (マレー語で ドゥクンまたは ボモーとして知られている) は、良性または悪の目的で精霊や悪魔を利用できると言われています。 西洋の書物はこれを英国の魔術の使い慣れた精霊と比較することが多いが、実際には日本の犬神や他のタイプの式神とより密接に対応しており、精霊は遺伝性で家族に受け継がれている。 これまで、オラン・ミニャックによる目撃や犯罪が時折発生していましたが、オラン・ミニャックの事件や目撃が突然猛攻撃を受けました。 これにより、オラン ミニャックが多くの強姦犯やストーカー事件の便利な隠蔽工作になったのではないかと多くの人が疑問を抱くようになりました。 生き物は素早く静かに動くことができると言われ、光る目をしているとよく言われます. オラン・ミニャック については、呪われた個人、悪魔、エレメンタル スピリットなど、さまざまな話や説明があります。 オラン・ミニャックは特定の儀式やお守りを使って打ち負かしたり追い払ったりできると信じている人もいれば、単なる伝説や神話だと信じている人もいます. 英国のサイエンス ライターであるベンジャミン ラドフォード (Benjamin Radford) は、この物語を「神話と民間伝承に根ざしている」と説明し、クリーチャーの想定される能力を「信じられない」と特徴付けました。 ラドフォードによれば、「人が実際にそのように身を隠した場合、手足が脂っこいため、ドアノブを回したり走り回ったりするのが難しくなり、建物の側面を這い上がったり、もがいている捕虜をつかんだりすることは言うまでもありません」。 ソース; ms.wikipedia.org/wiki/Orang_Minyak_(filem_1958) malaysiakini.com/columns/429480

バロン、バリ島で人気の神話上の生き物。

一見すると、バリ島の雰囲気と匂いは非常に奇妙でありながら親しみやすいものです。 日本人、韓国人、中国人などの東アジアの観光客が休暇でバリ島に来るとき、彼らは自分たちの文化で見たかもしれないバリの身近な伝統をよく目にします。 それらの身近な文化の 1 つは、おそらく「バロン」おどるの儀式です。 専門家は、バロンの起源はヒンズー教が生まれる何千年も前にさかのぼると示唆しています。中国と日本の伝統では、バロンに似た生き物の外見とデザインは、しばしばオーストロネシアの影響の伝統に触発されています。 「バロン」はオーストロネシア文化として一般的に認識されています。 その起源は、今日のインドネシア群島の村人がまだ動物のような外見を持つスピリチュアリズムの超自然的な保護力を信じていたとき、ヒンズー教が現れる前のアニミズム崇拝からである可能性があります。 バリとジャワの文化では、バロンは混沌と悪意を表す邪悪な魔女ランダとの戦いに従事しているように描かれることがよくあります。 バリ島の通りで男爵踊りの儀式をしている子供たちを見かけたら、怖がらないでください。バロンと 2 匹の猿の友達は、バリの神話で幸運をもたらす子供たちの守護霊です。 彼らにIDR10.000以上を提供すると、男爵はあなたとあなたのビジネスに幸運をもたらします。 バリの神話では、良い精神は「バナス・パティ・ラジャ」として識別されます。 「バナス・パティ・ラジャ」は、キリスト教の守護天使と同様の概念である、生涯を通じて子供に付き添う 4 番目の「兄弟」または霊の子供です。 「バナス・パティ・ラジャ」はバロンを動かす精霊です。 守護霊であり、獅子の姿で表されることが多い。 多くの場合、バロンは 2 匹のサルを伴っているように描かれます。 バロンと一緒に写真やセルフィーを撮ることも、幸運を意味するかもしれません。バロンは通常、慈悲深く保護的な精神として描かれ、悪霊を追い払い、それを崇拝する人々に幸運をもたらすことができる強力な力であると信じられています。 ジャワ人とバリ人は、それぞれの地域には森林と土地を守るための保護精神があると信じています。 地域ごとに、バロンは異なる動物で描かれています。 バリ島では、バロン ケット (バロン シンガ) が、島のほぼすべての地域で見られる最も一般的なタイプのバロンです。 一方、バロン ブントゥットはバロンの一種で、正面だけを強調するタイプで、通常は 1 人のパフォーマーによって演じられます。 バロンの他のタイプは、バロン ランドゥン (巨大な人間のバロン)、バロン セレン (バロン イノシシ)、バロン マカン (虎のような男爵)、バロン ナガ (蛇のような男爵) です。 すべてのタイプの男爵は、独自のストーリーと魔法の力を持っています。 ある伝説によると、バロンはもともと普通の人間の顔をしていたが、後に仲間の人間へのセクハラへの復讐として森のニンフによって動物の頭に変えられた。 バリと東ジャワの人々は、インドネシアの独立記念日、ヒンズー教の新年、国際的な新年、中国の旧正月、ビジネスの立ち上げ式などの幸せな機会に、男爵踊りを公の場で行うことがよくあります。 バロンの動きは非常に活発で、さまざまな珍しい形や挑発があります。 一般的にバロンダンスは、バロンを操る2人の踊り手が踊り、2人が猿役、1人が敵のランダ役で踊ります。 全部で通常 15 人のダンサーがいます。 ランダは、伝統的なバリの神話によると、バリの「レヤク」の悪魔の女王の名前です。 レヤクはバリ神話の人類として知られており、黒魔術を実践し、永遠に生きるために共食いの行動をとっています。 […]

クマントンとグマントンはタイ国のお守りものはなんですか?

クマントンとグマントンはタイのお守りものはなんですか?ーasiaji

クマントンはタイ出身の有名なお守りです。しかし、クマントンは、誤って中絶された、または実際に子宮内で死亡した胎児から作られています。 彼らは、赤ちゃんの霊を召喚して、そこにいる人々が信頼している祝福のための魔法の力を手に入れることができると感じている偉大なシャーマンです。シャーマンは不法な中絶の慣行から胎児を手に入れます。 お守りになる前に、胎児を燃やして乾燥させて耐久性を高め、次に胎児を金のペンキで塗ります。確かに残酷に聞こえますが、クマントンは家庭を脅かす危険に対して警告することができるとすでに信じています。クマントンは恋愛に幸運をもたらすことができるだけではありません。 この伝統はそこにルーツがあり、物語から始まり、昔、王に非常に近い戦士がいました。兵士は強力なシャーマンの注意を引く。シャーマンは兵士をとても愛していたので、彼は彼の義理の息子になりたいと思っていました。 彼の妻が妊娠した後、シャーマンと兵士の間で論争がありました。彼の妻は父親から彼を毒殺するように命じられていたことが判明した。 兵士はこれを知っていたので、妻を殺し、胎児を中絶しました。血で満たされた胎児は燃やされ、布で包まれました。その後、胎児の精神は父親とコミュニケーションを取り、父親の保護者になることができます。 クマントンと大差ありませんが、タイのオリジナルスピリットドールであるグマントンもあります。このタイのスピリットドールは、子の天使を意味するルクテープとも呼ばれます。 グマントンは小さな子供の形をした人形で、不法な中絶から得られた赤ちゃんや胎児の灰で満たされています。そこの人々は、お守りに使われているにもかかわらず、グマントンの力を信じていますが、餌をやったり、おもちゃをあげたり、運ばれたり、幸運を祈ったりするなど、いつも自分の子供のように扱っています。 グマントン自体は3つのタイプに分けられます: 最初のタイプは、精神を含まず、僧侶から力を与えるための祝福を与えられただけのグマントンです。  2番目のタイプは、ベビースピリッツを含むグマントンです。 3. 番目のタイプはGumanthongで、これは赤ちゃんの体全体から作られ、通常は邪悪な力を含み、        LOOKKROKとして知られています。この3番目のタイプは最も強度が高いと考えられています。

アスワングというフィリピン神話の吸血鬼のような生き物である

アスワングというフィリピン神話-asiaji

フィリピンの国の民間伝承「Tiktik」は、吸血鬼と狼男のフィリピン版です。 Tiktikは、フィリピン人が私たちのネイティブの超自然的な存在と呼んでいる「アスワング」のバリエーションです。これらのアスワングの物語は、世代から世代へと語られ、再び語られます。 Aswang(アスワング)は、フィリピン神話の吸血鬼のような生き物です。スペインの植民地時代は、アスワングはフィリピン人が最も恐れている生き物であると述べました。 アスワングの神話は、イロコス地域を除いて、フィリピン全土で知られています。 この神話は、カピス、イロイロ、アンティークなどの西ビサヤ地域で非常に人気があります。アスワングの地域名には、「tik-tik」、「wak-wak」、「soc-soc」などがあります。 アスワングは、吸血鬼と魔女の混合物として描かれることもあり、ほとんどの場合、女性の形で描かれています。彼らは時々大きな羽ばたき翼を持つモンスターとして説明されます。 アスワングは、日中は美しい女性、夜は空飛ぶ幽霊の形をしていると信じられています。アスワングは日中は普通の人のように生きることができますが、夜になるとこれらの生き物は夜の鳥を追いかけて犠牲者の家に行きます。 アスワングは血を飲み、子供の血が一番好きです。人間を捕食した後、彼らの体は腫れます。アスワングが誰かの影をなめると、その人はすぐに死ぬと信じられています . フィリピンの人々は、アスワングが普通の人々として生きていると信じていました。人々として、彼らは日中は静かで、恥ずかしがり屋で、とらえどころのないものです。彼らのほとんどは、肉屋などの肉に関連する職業を取ることを好みます。 通常、アスワングは公の場からも孤立しています。しかし、夜になると、アスワングは生き物に変身し、ブタ、鳥、カート、犬などの動物の形を取りました。多分それは西の狼男のようです アスワングは胎児や小さな子供を食べ、肝臓や心臓を好むのを楽しんでいます。彼らは速くて静かです、そしていくつかは竹の柱の後ろに身を隠すことができる薄い体を持っています。 アスワングに対処するには、皮膚に火傷を負わせる可能性があると人々が信じているため、アスワングに塩やセメントを投げることで対処できます。それらに対処するための別の方法は、生姜とコインでいっぱいの赤いポーチを保つことです。生姜の匂いが裾を遠ざけ、コインは私たちを持ち上げるのを防ぐために使用されます。 フィリピンの人々はまた、アスワングは弾丸、羽、杖を恐れていると信じています。ドアや窓にニンニクを吊るすと、アスワングが打ち負かされます。  

アナクシマは、不貞と姦淫の結果として生まれたインドネシアの赤ちゃんの幽霊です

アナクシマは、不貞と姦淫の結果として生まれたインドネシアの赤ちゃんの幽霊です-asiaji

シマの子供(アナクシマ)は、不法な関係または不貞と姦淫の結果から生まれた赤ちゃんです。 赤ちゃんは、恥ずかしかったので、母親から森に投げ込まれました。カリマンタンの有名な幽霊、タカウに見捨てられ世話をされた赤ちゃんと言われています。 タカウは南カリマンタンの神話の中で最強の幽霊です。 とはいえ、これらの幽霊が人間を捕食することはめったにありません。 しかし、彼はシマの子供の食べ物のために人間を捕食します。 タカウの幽霊に治療されたシマの子供は、その後、人間を捕食するための知識を与えられたと以前に報告されました。 獲物を求めて、シマの子供たちは誰かが見つけるまでボルネオの森で泣きます。 シマの子供がヘルパーに運ばれるとき、彼は犠牲者の体が空洞になるまで背中または胸の肉を食べることによって人間の心臓を食べます。 幽霊の姿は、心臓を食べる赤ちゃんとして知られています。 タカウの幽霊に治療されたシマの子供は、その後、人間を捕食するための知識を与えられたと以前に報告されました。 獲物を求めて、シマの子供たちは誰かが見つけるまでボルネオの森で泣きます。 シマの子供がヘルパーに運ばれるとき、彼は犠牲者の体が空洞になるまで背中または胸の肉を食べることによって人間の心臓を食べます。 幽霊の姿は、心臓を食べる赤ちゃんとして知られています。 タカウの幽霊に治療されたシマの子供は、その後、人間を捕食するための知識を与えられたと以前に報告されました。 獲物を求めて、シマの子供たちは誰かが見つけるまでボルネオの森で泣きます。 シマの子供がヘルパーに運ばれるとき、彼は犠牲者の体が空洞になるまで背中または胸の肉を食べることによって人間の心臓を食べます。 幽霊の姿は、心臓を食べる赤ちゃんとして知られています。

スムプルクヅスのロンティアックヒル 丘,多くの悪魔の場所

スムプルクヅスのロンティアックヒル 丘,多くの悪魔の場所 -asiaji

聖なる油だめを知らない人。内陸部は西スマトラのシジュンジュンリージェンシーにあり、丘に囲まれています。過去には、彼の名前を聞いただけで他の人は恐れていました。 スムプルクヅスでは、人々は内部エネルギーの知識を持ち、魔法の力を持っていると言う人がいます。 かつて、スムプルクヅスは孤立した暗い地域でした。夜は「灯油」ランプ(灯油を詰めたボトルで芯をまとったランプ)の光だけが付いてきます。照明も電子機器も、通信する携帯電話の信号もありません。 スムプルクヅスが電灯や携帯電話の光を感じて通信し、さらには発展途上地域になってからわずか10年になります。国内外に移住する人は少数です。インドネシアのいくつかの地域で勉強し、勉強しています。 スムプルクヅスに入ったばかりの人々は、その地域に入る兆候として、木を貼り付けるか、物を残すことを要求する古い伝統があります。 幽霊が出て怖いように見える丘陵地帯はロンティアックピークです。地域の誰にとっても教訓や習慣となる民話や誰かの経験があるからです。初めてサンプールクドゥスに入った人たちがいたという話です。人々からの聞き取りとアドバイスにより、彼らはロンティアック山頂に木を植えましたが、その中の誰かがこの伝統を信じていませんでした。 “これは何ですか。古風な。このようなことを信じますか?」若い男は皮肉を込めて言った。ほんの数日後、スムプルクヅスで、若い男は突然病気になり、狂ったように激怒しました。グループのパニックの中で、老人が若い男に彼が服用しなければならない薬を告げるために来ました、そしてそれはすぐに消えました。 それがどこから来てどこへ行ったのか誰も知りません。何も考えずに、老人が言った薬を探した人もいました。ほぼある日、彼らは薬を探して手に入れました。 その夜、薬はすぐに若い男に与えられました。驚いたことに、若い男は一瞬のうちに何も起こらなかったかのように気づきました。 彼がスムプルクヅスに来たときの彼の経験を語る別の人がいます。その時までに彼はスムプルクヅスに到着し、数日間滞在していました。旅行の途中で家に帰りたいと思ったとき、風も雨もなく、運転していた車は走れませんでした。車は誰かが持っていて誰かが乗っているように重く感じます。点検・再点検を行い、車に大きなダメージはなく、道路はスムーズで、穴や泥はありません。驚いたことに、彼は村にいてサンプール・クドゥスに入ったときの誰かの言葉を思い出しました。彼は木を貼り付けるか、他の標識を残さなければなりませんでした。罪悪感と後悔に悩まされた彼は、黙って謝罪し、車のボルトを森の中に投げ込みました。それから彼は車を始動させようとし始めました。突然、車は滞りなくスムーズに走ります。 今、伝統は歴史だけです。まるでその話が単なる睡眠薬であり、怖がっているように見えた。しかし、信じられないかもしれませんが、それは本当です。結局のところ、スムプルクヅスはミナンカバウの一部であり、ミナンカバウの習慣や伝統で世代から世代へと受け継がれてきた先祖の文化や伝統が豊富です。宗教に反しているので、この伝統を捨てるべきだと考える人もいます。それは習慣の一部にすぎないので、これらすべてを維持しなければならないと言う人もいます

ジョグジャカルタのパランクスモビーチにあるラトゥキドゥルの幽霊宮殿の門の謎

ジョグジャカルタ宮殿の多くの廷臣が、パランクスモビーチでのラブハンパランクスモ式典で祈っています-asiaji

ジョグジャカルタのバントゥルリージェンシーにあるパランクスモビーチは、無数の謎を抱えるジョグジャカルタの人気の観光地です。このビーチは、南洋の女王の宮殿、または一般にニィロロキヅルと呼ばれる宮殿への玄関口であると考えられています。 ダナンスタウィジャヤの別名であるパネンバハンセノパティが瞑想した場所です。彼が後にサウスコーストの女王に会ったのはそこででした。 タナ・ジャウィの年代記には、ダナン・スタウィジャヤがマタラムの王になりたかったために投獄されたと書かれています。 瞑想の最中に、彼は彼の願いを叶え、何世代にもわたってマタラムの人々の平和を維持するのを助けると約束したラトゥ・キドゥルに会いました。 その後、パネンバハンセノパティは、ラトゥキドゥルを海底にある彼の宮殿に招待しました。その後、カンジェン・ラトゥ・キドゥルとパネンバハン・セノパティの精神的な結婚の物語の始まりとなった二人の間に愛がありました。 タナ・ジャウィの年代記には、ダナン・スタウィジャヤがマタラムの王になりたかったために投獄されたと書かれています。瞑想の最中に、彼は彼の願いを叶え、何世代にもわたってマタラムの人々の平和を維持するのを助けると約束したラトゥ・キドゥルに会いました。 その後、パネンバハンセノパティは、ラトゥキドゥルを海底にある彼の宮殿に招待しました。その後、カンジェン・ラトゥ・キドゥルとパネンバハン・セノパティの精神的な結婚の物語の始まりとなった二人の間に愛がありました。

赤いポチョンと言う白いポチョン幽霊の王

インドネシアの人々は赤いポチョン-asiaji

一般的に、インドネシアの人々は白いポチョンの幽霊を知っていますが、どうやら赤いポコンもあるようです どうして赤いポチョン? 赤いポチョンは、その予測不可能で攻撃的な評判のために、間違いなく赤いポチョン最も恐れられている変種です。 不愉快な死を復讐したいと思った人から生まれたと言われており、多くの民俗学によく見られる復讐心に似ています。  ポチョンの赤い色は、人が死の直前に感じる怒りと恨みの感情に関連しています 一方、もともと白いシュラウドは死体からの血液の浸透にさらされていたため、血液のように赤くなる傾向がありました。 赤いポチョンは、挑発することなく生きている人々を攻撃する可能性が高いと考えられています。 その獰猛で危険な性質のために、多くの人々は赤いポコンが王、または赤いポチョンのリーダーであると信じています。 話? 赤いポチョンは、殺されて切断された黒魔術師の幽霊です。 黒魔術のシャーマンは常に住民を落ち着かせないと言われています。 殺された後、死体は細かく切り刻まれたと言われています。 それから彼の体の断片は白いシュラウドで包まれ、それはシュラウドを血で赤くしました。 ポチョンとは何ですか? https://asiaji.com/ポチョン、インドネシアでこの種の精神について/  

バビンゲペット(黒魔術が豚に変わる)というインドネシアの狼男のようです

バビンゲペット(黒魔術が豚に変わる)というインドネシアの狼男のようです-asiaji

バビンゲペット(黒魔術が豚に変わる)の神話は確かにインドネシアで生き、民間伝承に発展しました。それはどこにでもありますが、バビンゲペット(黒魔術が豚に変わる)の話は、特にジャワの分野で、インドネシアの社会と密接に関連しています。 バビンゲペット(黒魔術が豚に変わる)は、一般的にペスギハン(金持ちになるための黒魔術)と呼ばれる金持ちになるための黒魔術の儀式です 言語文学部(FBS)ジョグジャカルタ州立大学(UNY)のジャワ語教育教授、教授。スワルディ・エンドラスワラは、彼の著書「ドゥニア・ハントゥ・オラン・ジャワ」の中で、ペスギハンの黒魔術を一時的にステルス豚に変えて盗難を容易にする誰かの化身として、バビンゲペットの神話を説明しています。 Asian FolkloreInstituteが発表したAsianFolklore Studiesは、人間を動物に変えるという概念は、西洋の狼男の概念に似ていると説明しています。 バビンゲペット(黒魔術が豚に変わる)の神話によれば、このペスギハンの行為は特定の夜にのみ行われ、通常は夫と妻が主人となり、夫が豚になり、妻がメイドになるという2人の人間によって行われます。この行動の前に、数日前に断食をします。 このアクションには、セタマンの花、香りのよいオイル、苦いコーヒー、市場からのスナック、お香またはセタンギとセマニの鶏の血で構成され、キャンドルまたは小さな石油ランプ(senthir)が入った水で満たされた盆地が装備されています。真ん中に配置されます。 アクションは、マスターが奇跡的にブタに変身するように、黒い布で身を包むことから始まります。 その後、バビンゲペット(黒魔術が豚に変わる)は村を注意深く回り、誰も盗んでいないようにします。家の壁に体をスワイプするだけで、家の所有者のお金と宝石が魔法のように奪われます。 夜明け前に、バビンゲペット(黒魔術が豚に変わる)は家に戻り、盗まれたお金と宝石で満たされた黒い布で人間に戻ります。 メイドが家にいる間、マスターが行動している間、ろうそくの炎やランプを燃やし続けます。 ろうそくの炎やランプが揺れたり暗くなったりする場合は、マスターが危険にさらされていることを示しています。たとえば、人に捕まったり、追いかけられたりしています。 この状態では、マスターがすぐに人間に変身し、安全に家に姿を消すことができるように、メイドはキャンドルまたはランプをオフにする必要があります。 メイドが怠慢である場合、マスターは捕らえられるか、殺されることさえあり、ろうそくやランプは自然に消えます。 神話によれば、このバビンゲペットのステルスは、東ジャワ州マランのグヌンカウィから来ています。 このペスギハンの黒魔術を妻と一緒に習得したい加害者が山にやって来て、クンセンに会う。彼らが供物と持参金を提出し、すべての結果に耐える準備ができていると宣言した後、クンセン(シャーマン)はそれらを豚の悪魔と一緒に連れて行きます。 加害者は、親しい愛する人、通常は自分の子供の人生をあきらめることに同意します。 この約束が果たされない場合、加害者自身の人生は置き換えられます。その後、犯人はステルス豚の土を食べ、クンセン(シャーマン)は見えない黒い布の形で指示と作業道具を与えます。

シュシュクはインドネシアの女性が使用する黒魔術、美しさ 身力的な力魔法!

シュシュクはインドネシアの女性が使用する黒魔術、身力的な力魔法-asiaji

シュシュクは、体に異物を霊的に挿入してアドバンテージを得るための方法です。異物は一般的に小さな針の形をしています。シュシュクの設置は通常、人の美しさや見栄えを良くすることを目的としています。 シュシュクとは、霊的に異物を体に挿入してアドバンテージを得る方法を指します。異物は一般的に小さな針の形をしています。問題の利点は、精神的な保護、異性を引き付けること、魅力を高めること、および体力の形であり、これらはすべてシュシュクを使用した人からの提案の形です。 シュシュクのユーザーは通常、遵守しなければならないタブーを持っています。移植の実践は、後にインドネシアに入ったマレーシアの文化に端を発しています。 イスラム教の教えでは、シュシュクはハラーム(禁止)と見なされます。 医学界の発展に伴い、特に放射線医学の分野では、隠れたシュシュクは通常の放射線検査で「明らかに」なることがよくあります。 異物と見なされることが多いため、誤診を避けるために、意図的に体内に埋め込まれたシュシュクの存在を確認する必要があります ストーリーの例: 30歳でさえ、リヤンティは彼女のキャリアで成功したと言うことができます。彼は現在、輸入品の販売代理店でマーケティングマネージャーの地位を占めています。大学卒業後の彼のキャリアは、何の障害もなく順調に進んでいます。 リヤンティは、彼女がインストールしたシュシュクの結果を信じています。 「人々は、シュシュクは男の子を引き付けるためのものだと言います。私がそうじゃないなら。私はキャリアアップのためにもっとあります。だからすぐにキャリアのはしごを上ってください」とランプンのこの女性は言いました。 リヤンティは、西ジャワのボゴールで開業したシャーマンと知り合いになりました。彼は搭乗している友人の一人からシャーマンを知っていました。ちなみに、この下宿の友人はすでにシャーマンのサービスを利用していました。当時大学を卒業したばかりのリヤンティは、就職が困難だったため、逃げるチャンスがあった。 「私の友人は、就職の面接がスムーズに進むように、シュシュクを使用するだけだと言いました。それほど時間はかかりませんでした、私はすぐに同意しました。結局のところ、私の友人は(移植後)元気です」と彼は言いました。 リヤンティの頬やこめかみに針状のシュシュクを装着する儀式は1時間もかかりませんでした。 「当時、バナナ、サテ、モリンガの葉を食べないように命じられました」と、数年前のシュシュクの経験を説明するリヤンティは言いました。 それがシュシュクの効果であろうと偶然の一致であろうと、すぐにリヤンティは仕事に就きました。彼は「ジャンプバグ」になりましたが、彼の給料は増え続けました。 「現在の場所では、1500万ルピアの範囲で得ることができます。セールがある場合のボーナスと旅行は含まれていません」とリヤンティ氏は述べています。彼女のInstagramアカウントでは、リヤンティは有名人のように見えます。彼のInstagramページは海外旅行の写真でいっぱいです。 シュシュクは、霊的に異物を体に入れてアドバンテージを得るための方法です。異物は一般に、直径0.5〜1 mm、長さ5〜10 mmの金属または金でできた小さな針で、従来のヒーラーによって埋め込まれます。これらの針は通常、顔、胸、腹部、胸、脊椎、脚、額、頬、唇など、体のさまざまな部分に埋め込まれます。 国立バイオテクノロジー情報センターまたはNCBIのジャーナル「Susuk-BlackMagicExposed’White ‘by Dental Radiograph」では、シュシュクの実践は主にマレーシア、ブルネイ、シンガポール、タイなどの東南アジア諸国の女性によって行われていると述べられています。 、およびインドネシア。身体に埋め込まれた針は、魅力を高めるお守りであると考えられています。またはリヤンティの場合、キャリアとビジネスで成功をもたらす方法です。 ジャーナルには、シュシュクは肉眼では見えず、感じるのが難しいと記載されています。ただし、シュシュクは、放射線検査または口の領域でのX線(X線)の使用で数回現れます。発見された症例の1つは、歯の痛みを治療するために歯科外来に来た32歳のマレーシア人女性でした。レントゲン写真によると、歯に重ねられた長さ約10mmと幅2mmの2つの直線状の針の形がありました。その後、患者は6年前にシュシュクの移植を認めました。 さらに、シュシュクは特定の病気を治療したり、事故から身を守ることができると信じられています。アントンは、彼の本名ではなく、最初はシュシュクが彼の体に取り付けられていることに気づいていませんでした。アントンが育った後、彼は母親からこの情報を学んだだけでした。彼が子供の頃、たった5歳のアントンは痩せていて、しばしば病気に見えました。 「ただの病気があります。下痢、発熱、咳、喘息から始まります。とにかく、毎月定期的に医者に行ったり来たりしている」とアントンは言った。 アントンの母親は、寄宿学校に住む気合である兄から紹介されました。その後、アントンは寄宿学校に連れて行かれました。彼がそこに着いたとき、彼はアントンの足と手に7本の針を入れました。 「正直なところ、今まで私はまだ信じられないかもしれません。全く覚えていないから。母に言っただけだ」と語った。 しかし、彼の母親によると、7つのシュシュクはもはやアントンの体にはありませんでした。「私が大人だったので、シュシュクが消えたと彼は言った。ほら、私はタブーをまったく持っていませんでした。モリンガの葉を食べると、シュシュクが自然に剥がれると聞いています。モリンガの葉を食べました。そういうわけで、たぶん私のものもなくなったのです。」 シュシュクタイプ: 1.恋人シュシュク 多くの敵を抱える人々、このシュシュクはそれを身に着けている人々をとても愛され、誰からも愛されるようにすることができると信じられています このシュシュクはまた、カップルをくっつけさせ、俳優や俳優の罠に誘惑されることはありません。 2.シュシュクチャーム 自分の体に何があるのか​​いつも自信がない女性のために、このシュシュクを試すことができます。 たとえば、あなたが薄い体を持っているが本当に素晴らしい体が欲しいなら、あなたはその高価な形成外科医を訪ねることにうんざりする必要はありません。このシュシュク設置シャーマンに来てください。瞬時に希望の体が他の人の目に現実のものになることが保証されています。 3.フェミニンなシュシュク 俳優になり、誰かの夫に彼らを死に至らしめることに興味を持っているシスタは、このシュシュクをインストールしましょう。 このシュシュクは、それを身に着けている女性とセックスするときに男性を中毒にする可能性があるため、彼はそれを忘れることが難しいと感じるほどの喜びがあります。 彼の妻と子供たちを俳優と一緒にとどまらせることさえ喜んで。 また、夫が俳優に頼ることを望まない女性にも使用できます。 4.女性の情熱を植え付ける 長い間結婚していて子供が多い女性は、普段はセックスについてあまり考えていません。彼らはそれについて冷たくなりがちです。 時々これは家庭を常に不調和によって着色させ、夫をより熱い女性の抱擁から逃げさせるものです さて、このシュシュクは、女性が結婚したばかりのように性欲を取り戻すことができます。膣は再び並外れた喜びを感じ、もちろん満足を得るのは簡単です。また、パートナーに素晴らしい感覚を感じさせることができます。 5.美容シュシュク 半世紀以上の年齢の人に会ったことがありますが、彼の顔はまだしわがなく、とても美しく見えますか?完璧な治療のせいではなく、この美容シュシュクをつけていたからかもしれません。 6.シュシュクの健康 免疫力が弱く、病気になることが多いと感じている人のために。大丈夫です、このシュシュクを取り付けてください。 このシュシュクは、私たちの体を強くし、さまざまな病気に免疫を与えると言われています。 7.信頼 このシュシュクは、人生が常に孤立し、取り残されていると感じている人に適しているようです。キャンパス内、オフィス内、または日常生活で。 このシュシュクは、それほど幸運ではなかった運命を90度に変えることができるからです。職場の上司であれ、友人であれ、周りの人々であれ、誰もが私たちにとって非常にクールです。 彼らは常に私たちのすべての言葉を信じて従います。 […]

インドネシアのレストランでは、ポチョン幽霊の黒魔術を使って食べ物をなめたり唾を吐いたりして売っています

ポチョン幽霊の黒魔術を使って食べ物をなめたり唾を吐いたりして売っています-asiaji

インドネシアで黒魔術を使ったポチョン幽霊を使ったレストランのことを聞いたことがありますか? 持っている場合は、インドネシアのポチョン幽霊を使用した黒魔術によって引き起こされる悪影響をもう恐れる必要はありません 通常、この黒魔術は、インドネシアの都市と村の両方のレストランで使用され、ポチョン幽霊を使用して、レストランに人々を売り、催眠術をかけさせます。 彼らが訪れるレストランがポチョン幽霊を使った黒魔術を使っていることを誰もが知っているわけではありません インドネシアで食事をする場所でポチョン幽霊を使って黒魔術の悪影響を防ぐ方法は? だから、レストランで食べ物を買いたい人にはいいので、食べる前に祈ることを忘れないでください 祈ることで幽霊の悪影響を防ぐことができるからです 祈りは、ポチョン幽霊を使用した黒魔術レストランで勤務しているポチョン幽霊による魔法の悪影響を防ぎ、ポチョン幽霊による黒魔術を使ってレストランの罠から身を守ることができます また、ポチョン幽霊を使ったレストランの料理は、お祈りを読めば味が変わります。 インドネシアのポチョン幽霊を使用して黒魔術を使用するレストランのいくつかの一般的な特徴は? 1.インドネシアのポチョン幽霊を使った黒魔術のレストランで楽しむ食べ物は、たいていとてもおいしいでしょう。 家族と一緒に家で楽しむために食べ物を包むかどうかは違います。 包んで家で食べると、普通の味か、良くない味になります 2.インドネシアのポチョン幽霊を使った黒魔術を使うレストランには、誰も立ち入ることができない特別な部屋があります。 なぜなら、その部屋は黒魔術の儀式を行うために使用されるからです 3.最後に、あなたが6番目の感覚能力を持っているか、幽霊を見ることができる人なら、インドネシアのポチョン幽霊を使った黒魔術のあるレストランでひどいシーンを見るでしょう。 通常、そのような能力を持つ人々は、食べ物に唾を吐いたり、食べ物をなめたりするポチョン幽霊を見るでしょう。 その唾は、インドネシアのポチョン幽霊を使った黒魔術のレストランで人々を食べ物に夢中にさせるでしょう 通常、インドネシアの人々は、この黒魔術事件がペスギハンとペングラリスであることを知っています ペングラリス黒魔術という商品が売れる方法 ペスギハン黒魔術という金持ちにする方法 ストーリーもこのYouTubeビデオのようです