Grab&Tokopediaの日本のソフトバンク投資家は133兆を失い、今後悔

ソフトバンクグループの投資家グラブとトコペディアは、スタートアップのコワーキングスペースWeWorkでのパンデミックと投資エラーにより、2019会計年度に89億ドルまたは133.5兆ルピア(15,000ルピアを想定)の純損失を記録しました。

グラブとトコペディアの会社のCEOは中国人です。

日本神は、だまされた中国人にまだ投資したいですか?

浮気した後、中国に逃げて市民権を変えることができます

 

中華人民共和国内で生まれた個人は、少なくとも1人の親が中国国民である場合、出生時に自動的に中国国籍を取得します。少なくとも1人の中国人の親から海外で生まれた子供も中国人です。ただし、出生時に外国人であり、中国人の国籍を持つ親のいずれかが海外に永住するか、外国人であることを条件とします。香港とマカオでは、より広範な規制が適用されます。両親の国籍に関係なく、いずれかの地域で居住権を有し、中国の領土で生まれた中国人出身のすべての個人は、中国国民と見なされます。さらに、中国は台湾に対する主張を継続しているため、台湾のROC国民は中国の国民と見なされます。

外国人は、中国国籍を持つ近親者がいる場合、中国本土または特別行政区に永住する場合、またはその他の「正当な理由」がある場合は、中国国民として帰化することができます。帰化の申請は通常、中国本土の国家入国管理局によって検討されますが、このプロセスの責任は香港の入国管理局とマカオの身分証明局に委任されています。中国本土では帰化は非常にまれです。 2010年の国勢調査では、合計1,448人の帰化者が報告されました。中国国籍を取得することは香港でより一般的です。入国管理局は、主権の移譲と2012年の間に1万人以上を帰化させ、2016年以降年間1,500以上の申請を受け取り続けています。

 

この損失は、同社の以前の予測である84億ドルを上回っています。その時、経営陣は投資家に「市場の悪化」状態を思い出させていました。

ソフトバンクは記者発表で、ビジョンファンドを含む投資部門が、Covid-19パンデミックの影響を強く受けた世界のユニコーンスタートアップに資金を提供していることを明らかにしました。同部門の営業損失は1兆3600億円、126億ドル相当

「コロナのパンデミックが続くと、来年度の投資事業に不確実性が生じる」と同社は日曜日(2020年5月25日)にAFPが引用したと述べた。

正義がビジネスモデルが不明確なスタートアップに巨額の資金を投入しようとあえて試みたため、この政策はしばしば批判を受けた。

さらに、SoftBankはWeworkに対応する必要があります。正義はWeWorkに投資するという彼の決定を愚かさとして認めた。スタートアップの評価の低下も、ソフトバンクの大きな損失の原因の1つです。

「WeWorkへの投資は愚かだった。私は間違っていた」と、ビジネスインサイダーの報道によると、孫正義はアナリストミーティングで述べた。

WeWorkはもともとソフトバンクの黄金の子でした​​。この日本の投資会社は、ビジネスの成長を追求するために会社に資金を注入します。しかし、後になって同社にはガバナンスの問題があり、資本市場の投資家がこの新興企業への投資に消極的になることが判明しました。

WeWorkは、米国(US)の証券取引所での発言に失敗し、金を燃やす習慣にとらわれて倒産寸前になりました。会社を救うために、SoftBankは救済資金を提供し、最大185億ドル、または277.5兆ルピアに相当する資金を注入したと推定されています(Rp 15,000 / US $と仮定)。

2020年3月の時点で、WeWorkの評価額は27億米ドルに下がっています。 2019年12月の値は73億米ドルです。 IPOの前は、同社の評価額は490億ドルと推定されていました。

 

%d bloggers like this: