Tag Archives: なぜそんなに多くのシンガポール人が離婚したのですか?

なぜそんなに多くのシンガポール人が離婚したのですか?

2019年の婚姻登録数は前年より5.8%減少しましたが、2019年の離婚件数は2018年と比較して増加しました。 結婚の減少 シンガポール統計局(SingStat)によると、2019年の結婚数は25,434人で、2018年の27,007人から減少しています。 15〜49歳の結婚率も、過去10年間で低下しました。 2019年の未婚男性1000人あたりの結婚数は40.7人で、2009年の43.4人から減少しました。SingStatによると、一般結婚率とは、同じ年齢層。 同様に女性の場合、2019年の割合は未婚女性1000人あたり37.9結婚で、2009年の38.9から減少しました。 減少している数にもかかわらず、SingStatは、過去5年間に登録された結婚の年間平均数が2010〜2014年の26,844人から27,389人に増加したことを指摘しました。 後で結婚する カップルも後に結婚しました。 2009年から2019年の間に、新郎新婦の初婚年齢の中央値は、それぞれ29.8歳から30.4歳、27.5歳から28.8歳に上昇しました。 初婚の新郎の大部分は引き続き花嫁よりも年長ですが、新郎より年長の花嫁との初婚の数は2009年の16%から2019年の18.3%に増加しました。 さらに離婚 統計はまた、離婚するカップルの数が2019年に上がったことを示しました。 昨年、合計7,623の結婚が離婚または無効になりました。これは、2018年の夫婦解散7,344件から3.8%の増加でした。 これは、2019年の結婚10件ごとに約3つの離婚があったことを意味します。 さらに、2015年と2019年の夫婦の解散の年間平均数は7,536で、前の5年間の7,402と比較して多かった。 しかし、一般的な離婚率は過去10年間で男性と女性の両方で低下しました。 2019年には、20歳以上の既婚男性1000人ごとに6.9人の離婚があり、2009年には7.5人でした。 女性の場合、その割合は、20歳以上の既婚女性1,000人ごとの離婚が6.5年であり、2009年の7.1から減少しました。 後で離婚する しかし、カップルも後に離婚していた。 離婚した男性の年齢の中央値は、2009年の40.5歳から昨年の43.4歳に上昇しました。女性の場合、離婚年齢は36.9歳から39.3歳に増加しました。 カップルも一緒に少し長く滞在したことがわかりました。 2019年の離婚の結婚期間の中央値は、2009年の10.1年と比較して10.4年でした。 5年から9年の間に結婚したカップルは、2019年のすべての離婚の最大のシェアを占めました。 source:mothership