Tag Archives: トヨタ自動車、いじめられたエンジニアの自殺で和解

トヨタ自動車、いじめられたエンジニアの自殺で和解

トヨタ自動車、いじめられたエンジニアの自殺で和解=asiaji.com

東京: 日本の自動車メーカー、トヨタは、上司からの嫌がらせにより、自殺したエンジニアの家族と和解した。 トヨタ自動車は、従業員の安全を確保するため、職場でのハラスメントを取り締まると誓い、「尊い人命が失われたという事実に真摯に向き合った」と深い反省を表明した。 当時 28 歳だったこのエンジニアは、上司に繰り返しrid笑され、休暇を取ることを禁じられ、死ぬように言われました。 2017 年の彼の自殺は、2019 年の仕事関連の死亡として地域の労働局によって裁定され、彼の家族は補償を受ける権利を与えられました。 プライバシー上の理由から、名前は伏せられています。日本では標準です。 将来のハラスメントを防ぐために、トヨタは従業員の健康管理を改善し、経営陣の評価を改善し、従業員を教育し、従業員が発言できる職場文化を奨励する、と同社は月曜日(6月7日)の声明で述べた. トヨタは「パワハラは絶対に許さない」という姿勢のもと、一人ひとりが周囲に関心を持って接することができる人材の育成に取り組んでいくことを約束します。 被害者とその家族の弁護士である立野義秀氏は、ハラスメントを継続させたのはトヨタの不手際であると述べた。家族が受け取る補償額は明らかにされていない。 彼は、和解にはトヨタが約束した予防措置と、死亡の徹底的な調査が含まれていることを強調した。豊田章男社長は故人の家族と面会し、変化をもたらすことを約束したが、職場の文化を変えるためには会社を監視する必要があると立野氏は語った. 読む: カナダ人の父親が父親の育児休暇に対する嫌がらせで日本の会社を訴える 「私たちは、パワーハラスメントを削減するための努力の遺産が、28歳という早すぎる彼の悲劇的な死に敬意を表していると信じています. この事件は、ワーカホリックな日本に共通の問題を浮き彫りにするものとして注目されている. 日本では、セクハラや育児休暇の問題など、職場でのさまざまな虐待に関する苦情が年間約88,000件に上っており、過去15年間で3倍以上になった. それらは、警察、学校、柔道選手、さらにはさまざまな企業を巻き込んで広まっています。 トヨタの場合、若いエンジニアの上司は、彼の学歴に言及するなど、常に彼をいじめました。事件の調査によると、彼は名門東京大学の大学院の学位を取得していましたが、学士号はそれほどエリートではない学校の出身でした。このような背景の詳細​​は、順応性のある日本では痛ましいほど重要になる可能性がある. 2015年にトヨタに入社したエンジニアは、苦しみに耐えるよりは死にたいと周囲に語った。彼は精神的ストレスを理由に2016年にしばらく休暇を取った.彼が仕事に戻ったとき、豊田は彼を別のセクションに割り当てましたが、彼はまだ元上司と同じフロアで働いていました。 遺族は声明の中で、補償にもかかわらず、息子は戻らないと述べた。 「私の愛する息子に何が起こったのか、私の心は今でも胸が痛いです。そして、彼のことを考えると、彼を取り戻したいと思っています」と声明は述べている. ヘルプの入手先: シンガポールのサマリア人ホットライン: 1800 221 4444 メンタルヘルス研究所のヘルプライン: 6389 2222 シンガポール精神保健協会ヘルプライン: 1800 283 7019 ここで国際ヘルプラインのリストを見つけることもできます。知人が差し迫った危険にさらされている場合は、24 時間対応の救急医療サービスに電話してください。