Tag Archives: ビーバー

日本人の幸せのために、東南アジアとインドネシアのカワウソは絶滅の危機に瀕しています

日本人の幸せのために、東南アジアとインドネシアのカワウソは絶滅の危機に瀕-asiaji

ビーバーは東南アジア、特にインドネシアを起源とする動物です。 日本では、ビーバー(カワウソ)として、ビーバーはユニークでかわいいペットですが、インドネシアや他の東南アジア諸国の野生のカワウソの個体数を脅かす可能性があります。 日本でのビーバーの人気は、日本で出現したビーバーカフェのトレンドによるものでもあります。 カワウソは、毛むくじゃらの体、ずんぐりした姿勢、ずんぐりした脚がかわいいので、多くの日本人に愛されています。 日本でのカワウソの人気の高まりは、東南アジア、特にインドネシアで野生のカワウソの個体数を破壊する恐れもあります。 日本のビーバーカフェは、動物園や野生動物保護区などの野生の動物を遠くから見るのではなく、近くで生き物と交流したいという外国人と地元の人を問わず、多くの観光客を魅了しています。 これらのカフェやソーシャルメディア上のペットのカワウソの画像のために、野生のカワウソは、増大する国際的な需要を満たすために、狩猟され、人身売買されています。 www.worldanimalprotection.usの覆面捜査により、日本、タイ、インドネシアでの違法な狩猟、人身売買、捕獲されたカワウソの試みの増加の背後にある残酷さが明らかになりました。 -カワウソは野生の両親から奪われています。 -厳重に保護されている親は、撃たれたり、感電死したり、巣を燻製したりするので、密猟者はカブを連れて行くことができます -4つの東南アジアのカワウソ種のうち3つは、野生で絶滅の危機に瀕しています -法執行機関と政府当局者の提案された関与は残酷な貿易を促進しています -ペットとして飼われているカワウソの歯を切る、あるいは取り除くことはかなり一般的な習慣であり、より安全に取り扱うことができます。 -訪問したレスキューセンターwww.worldanimalprotection.usで、これは貿易で多く見られると報告されました。 –多くのカワウソは悲しい状態で到着し、虫歯が一般的であり、歯がない状態で到着したり、犬歯を切ったりしたカワウソもいます。 -カワウソが日本に密輸された可能性があります。 野生生物の違法取引を監視している非営利団体であるTrafficJapanは、ほとんどのカフェ所有者がカワウソは日本から来たと主張していると述べた。 しかし、グループの研究者は、国に捕われの身の証拠を発見しませんでした。 また、日本では野生のカワウソを捕まえることはできません。ニホンカワウソは1979年から絶滅しています。 自然保護論者は、ペットとして販売されているほとんどのカワウソが東南アジア諸国から密輸されている可能性が高いと考えています。 トラフィックはまた、日本の空港やタイ、インドネシア、ベトナム、マレーシアなどの東南アジアのいくつかの国でビーバーの密輸が増加していることを報告しています。 2015年から2017年の間に、合計59匹のビーバーが押収され、32匹が日本に向かった。 2017年には、タイで10人のカワウソを密輸しようとしたとして日本人学生も逮捕されました。学生はバンコクの市場で1人あたり1,000バーツまたは600,000ルピア(約55000円)で購入したと述べた。 コツメカワウソは保護種ですが。違法なオンライン取引も根絶するのは非常に困難です。 日本人はビーバーがかわいいと言いますが、それは悪い考えです 私たちは皆、カワウソが大きな目と鋭い小さな歯で、一体としてかわいいことを知っています。しかし、動物がかわいいからといって、家に持ち帰る必要があるわけではありません。 残念ながら、この事実は、アジアでの違法なカワウソの密輸という繁栄している国際市場に燃料を供給している人々のグループでは失われているようです。この市場は、日本の顧客からの需要を圧倒的に供給しているようです。 野生生物の違法取引による東南アジアのカワウソへの主な脅威は、ペット産業への搾取であるように思われます。これは、押収とオンラインデータ分析から明らかなように、生きているカワウソの比較的高い需要を明らかにしました。カワウソは東南アジア原産です。 ユーラシアカワウソ(Lutra lutra)、毛むくじゃらのカワウソ(L. sumatrana)、コツメカワウソ(Aonyx cinereus)、ビロードカワウソ(Lutrogale perspicillata)です。 カワウソの個体数は十分に記録されていませんが、人間の活動(漁業、農業、狩猟など)の結果としての個体数の減少が少なからずあるため、一般的に減少しています。 カワウソは野生から連れ去られ、ペットとして生きるために海外に送られるため、ペットの取引はこの生態学的状況を悪化させるだけです。 国際自然保護連合のレッドリストでは、ユーラシアカワウソを絶滅危惧種、スマトラカワウソを絶滅危惧種、コツメカワウソとビロードカワウソを絶滅危惧種に指定しています。 これらの4種のカワウソは、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)の付録Iおよび付録IIの2つの最も制限の厳しいカテゴリーにも記載されています。つまり、国際協定ではペットの取引は許可されていません。 野生のカワウソをペットとして捕獲することの生態学的コストに加えて、ペットのカワウソを所有する人々は予期しない困難に直面する可能性があります。 トコペディアの投資家は日本で超金持ちになり、偶然にカワウソの販売をサポートします フォーブスによれば、ソフトバンクの創設者兼最高経営責任者である孫正義は、再び日本で最も裕福な人物です。 ユニクロの創業者兼社長である柳井正からこの名誉ある称号を獲得しました。 孫正義はこの地位を占めており、総資産は444億米ドル、つまり645.6兆ルピアに相当します。 グラブやトコペディアなどのスタートアップを支援するソフトバンクのボスは、日本で最も裕福な人物です。 孫正義の記録された富は444億米ドルまたは645.6兆ルピアです。 Sotbankの前向きな成果は、多くのスタートアップがIPOを行い、順調に進んだ後に得られました。 そのうちの1つは、DoorDashの食品配送会社です。 これらの結果を得る前に、ソフトバンクは、コワーキングスペースのスタートアップであるWeWorkのIPOが2019年に失敗した後も苦い経験を​​しました。 彼はユニコーンTOKOPEDIAの大きな投資家の一人です. トコペディア自体では、多くのインドネシア人や売り手がビーバーを違法かつ公然と販売しています … source: 1.https://www.worldanimalprotection.us/news/cruel-pet-otter-craze-fuelled-japanese-otter-cafes-and-social-media 2.trafficjapan 3.aljazeera 4.https://www.inverse.com/article/47105-do-otters-make-good-pets-and-are-they-illegal […]