Tag Archives: マナド族

インドネシアのマナド族は、キリスト教徒であるため、酔っぱらって酒を飲む文化が有名です!

インドネシアのマナド族は、キリスト教徒であるため、酔っぱらって酒を飲む文化があることで有名です-asiaji

マナド市またはマナド市は、インドネシアの北スラウェシ州の州都です。マナド市には11のサブディストリクトと87のサブディストリクトと村があります。マナドはマナド湾に位置し、山岳地帯に囲まれ、海岸はショッピングエリアとして使用される埋め立て地であり、2010年の国勢調査では408,354人の住民が住んでおり、マカッサルに次ぐスラウェシ島で2番目に大きな都市となっています。市。マナドの総人口は(2014年1月に基づいて)430,790人と推定され[6]、2020年の内務省のデータに基づくと2020年には475,557人に増加し、密度は2,926人/ kmです。 マナドという言葉自体はさまざまな名前で呼ばれています。マナドの命名は、「マナドゥ」などの名前の類似性、および同じ場所や場所、または同じ意味の異なる文章や単語を指します。場所としてのマナド市の初期情報としての「マナドゥ」という名前は、1541年にニコラウスデスリエンスによって作成された海の地図と1590年にラコによって作成された海の地図に関するValentijn(1724)の著作に見られます。マナド市の前の沖合に珊瑚の島がある場所としての「マナドゥ」という言葉。 1862年以来、問題のサンゴ島はマナドトゥア島と呼ばれています。 「マナドゥ」という用語は、トンブル語に関連するサンゴ島のヨーロッパの発音と呼称、つまり「マナウンドゥ」に由来します。この言葉は、遠くから来た人、遠くから来た人、遠くから来た人を意味します 一般的に、マナドでは、社会生活は平等主義です。宗教、人種、社会的地位に基づくグループ分けはありません。マナド市の特徴は、マナドの人口の大部分がキリスト教徒であるため、インドネシアの他の地域と比較して教会の数が多いことです。 インドネシアのマナド族は酔っ払う文化で有名で、お酒を飲むのが好きです 北スラウェシの人々、特にミナハサ(マナド)の人々は、酔った文化を知らなかった。存在するのは、ラットスタンプとして知られている伝統的な飲酒文化です。たとえば、村のパーティーでは、ネズミのスタンプが必要です。仕立て屋はネズミのスタンプを飲み、庭で働く田舎の人々はネズミのスタンプを飲む必要があります。 キャップティクスは、ヤシの木(ピナタ)からのニラ水の発酵と蒸留から得られる伝統的なミナハサ(マナド)のアルコール飲料です。この飲み物はミナハサ族のコミュニティで古くから知られており、一般的に貴族や一般の人々が伝統的な行事で飲んでいます。 歴史 新しい家を登る式典では、メンケットの踊り手が、ティンクレンデンの祖先である家を作った神に敬意を表して、マランバックの歌を歌います。主催者は、伝統的な儀式のリーダーであるトナースにキャップティクスの飲み物を提供し、ダンサーが「トゥアサンエソピエマカウェール」を歌う間、新しい家に上がる必要があります。 この酒はテルナテ諸島でも有名です。 TernateのCapTikusの説明は、AntonioPigafettaという名前のスペインからコロンバスの世界を旅した筆記者によって書かれました。彼らの船がサンギル島とタラウド諸島の2つの島を通過した後、1521年12月15日にテルナテ島の港に到着し、テルナテ島の王によって、ゆでたヤシ酒から作られたアラクで扱われました。 1972年に出版された「世界一周アントニオ・ピガフェッタ」という本の127〜128ページには、テルナテ王がキャップティクスの飲み物をどこで飲んだかは説明されていませんが、テルナテの人々は「バティファー」文化を持っていないので調査する必要があります。キャップティクスの飲み物は、ミナハサからテルナテへの輸入米と同じである可能性があります。 Cap Tikusのアルコール含有量は、蒸留技術によって異なります。これまでのところ、農民は今でも伝統的な技術を使用しています。この技術では、サガーが調理され、蒸気が竹のパイプを通って避難所に送られます。キャップティクスドリンクとして知られるようになったのは液滴でした。 この伝統的なミナハサの酒は、もともとソピと呼ばれていました。しかし、1829年以前にジャワ戦争に立ち向かうための軍事訓練に参加したミナハサ族が、ネズミの尻尾をイメージした青い瓶に入ったソピを見つけたとき、ソピの名前はキャップティクスに変わりました。 Sopiは、マナドのアムステルダムフォートで中国のトレーダーによって販売されています。 確かに、Cap Tikusの飲み物は、ミナハサ族の農家の間で常に非常に親しみやすく人気があります。一般的に、ミナハサ族の農民は、庭に行く前や仕事を始める前に、キャップティクスのショットを飲んで体を温め、仕事を奨励します。 伝統的な生産 CapTikusの作成には数日かかります。夜でも朝から晩まで働きます。時間と労力がかかります。椰子の木(セホの木)のほとんどは高さが10メートル以上あるからです。ミナハサ族のヤシの木に登るのも伝統的に行われています。木の幹に立てかけられた指のくぼんだ竹だけで。 非常に鋭いリラン(マシェテ)で、セホの木のマヤンを叩いて果汁を刺激します。 タッピングプロセスは3〜4日で、ジュースはたっぷりでおいしいです。 キャップティクスの製造に使用される樹液は酸性でなければなりません。甘い樹液はしばしば1日放置されて酸っぱくなり、その後蒸留されます。 蒸留プロセスはポルノと呼ばれる炉で行われます。薪で焼いた。 椰子の樹液を蒸留するための容器は大きなドラム缶です。蒸留工程は約1〜2時間かかります。 6ガロンの樹液またはしばしばsaguerと呼ばれるものは、1ガロンのCapTikusしか生成しません。 蒸留の時点で、蒸留されたキャップティクスの最初の2本のレベルは45%を超えていました。それはディスクと呼ばれます。最も美味しくて最も難しいレベル。数本後、レベルはわずか30〜20パーセントでした。 Cap Tikusを作るためのすべてのプロセスは、ミナハサのCapTikus農家によって実行されます。毎日、朝から夜まで。すべてが伝統的であるため、特に労働災害の多くのリスクに苦労します。その製造の基本的な成分は、ミナハサ族によってアケルツリーまたはセホとして知られているヤシの木から滴り落ちる水道水から来ています。一般的に、この木はヤシの木と呼ばれます。 現代的な方法で生産されたCapTikusブランド「CapTikus1978」のボトルキャップティクスは水道水の樹液から作られているか、現地の言語でsaguerという名前で呼ばれ、蒸留されてラットキャップと呼ばれるアルコールを含む液体が生成されます。 ミナハサの歴史家であるデニー・ピノントアンは、このネズミの切手はオランダの植民地時代から存在していると言いました。 現代の生産 現在、Cap Tikusは、消費に対して安全で合法であり、BPOMおよび税関の基準を満たす最新の方法で製造されています。 工場内では、大きな樽がサプライヤーからのキャップティクスを保持しています。各バレルの容量は数百リットルです。次に、パイプはCapTikusの原材料を異化およびろ過サイトに分配します。次に、パイプは充填装置につながります。そこでは、キャップティクスのシグネチャー320mlボトルが満たされるのを待っています。次に、ボトルのシーリングおよびラベリングツールに進みます。 工場内では、大きな樽がサプライヤーからのキャップティクスを保持しています。各バレルの容量は数百リットルです。「コレクターからの生のキャップティクが到着すると、それらはコンテナに収容されます。それからそれは蒸留プロセスのためにバレルに入ります。その後、蒸留を3回行います。蒸留プロセスでは、鉛と水銀が除去されます。 2つの化学物質が除去された後、CapTikusは成人の消費に対して安全になりました。」 次に、パイプはキャップティクスの原料を蒸留とろ過の場所に分配します。その後、3回蒸留を行った。蒸留工程では、鉛と水銀が除去されます。 2つの化学物質が除去された後、CapTikusは成人の消費に対して安全になりました。ろ過と蒸留のプロセスの後、最も目に見える変化はキャップティクスの透明度でした。クモネズミのスタンプ原料から、蒸留工程を経て透明になり、臭いも強くなりません。しかし、味とレベルはまだ感じられます。 貯蔵機に入ると、既製のキャップティクスはすぐにボトルに入れられ、密封され、ラベルが付けられます。ボトルを閉じ、ツールを使用してラベルを使用するまでのすべてのプロセス。物品税の設置のみが手動で行われます キャップティクスは最終的にもっと価値があります。中型の茶色のボトルにもっと魅力的にパッケージされています。ボトルのキャップは物品税の紙で覆われています。一部のボトルは1978年のキャップティクスを載せた紙で包装されていますが、今ではこの飲み物は地元や外国人観光客のオレオールとして使用できます。 Cap Tikusの合法性により、農民は安堵のため息をつくことができます。20万人以上の人々が生計を立てています。 ミンセルリージェントは現在、CapTikusの特製ドリンクを合法化するための努力をしています。それらの1つは、マウススタンプをミンセルの典型的な飲み物にパッケージ化する準備ができている起業家と協力することです。刻印されたネズミの飲み物が合法になり、海外で販売できるようになれば、ミンセルの切手ネズミ農家にとって新たな希望となるでしょう。 APINDO(インドネシアの業界団体)、BPOM(食品医薬品検査庁)のマナド、および南ミナハサ県政府と協力して、captikusを合法的な特製ドリンクに育てたいと考えています。この特別な飲み物を何世代にもわたって栽培・栽培してきたネズミ切手農家の福祉にもっと気を配り、ネズミ切手の販売価値をより大きく、より価値あるものにすること。 人口の80%が幻想的なキリスト教徒であるため、マナドにある巨大なイエスの像