Tag Archives: ロントン

ロントン(インドネシアのお餅)

「ロントン」は、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、フィリピンでよく見られるバナナの葉に包まれた円筒形の蒸し餅で作った炭水化物料理です。白人の場合、それはおにぎりとも呼ばれます。 ご飯はバナナの葉の中で丸めて茹でた後、蒸しご飯の主食として小さなケーキに切り分けます。食感はケツパットと似ていますが、ケツパットの容器は若いココナッツの葉を織り込んで作られているのに対し、ロントンは代わりにバナナの葉を使用しています。うま味 マレーシアでは、実際にはさまざまな製法がありますが、一般的にナシヒムピット(「圧搾米」)と呼ばれています。 アレムアレムは、野菜(にんじん、インゲンマメ、じゃがいも)を詰めた小さなサイズのロントンで、時には肉も詰めて、おやつとして食べられます。 料理は通常、ガドガド、カレドク、ケトプラク、その他の伝統的なサラダ、サテなどのピーナッツソースベースの料理と一緒に冷やしてまたは室温で提供されます。ソト、グライ、カレーなどのココナッツミルクベースのスープと一緒に食べることができます。春雨麺の代替品としても使用されています。 ロントン作りの方法 ロントンは伝統的に怒っています e米が部分的に炊けるまで煮て、丸めたバナナの葉にしっかりと詰めます。ココナッツの葉の中央のリブから作られた棒状の木製の針で葉を固定し、沸騰したお湯で約90分間調理します。圧縮された米が冷めたら、一口大に切ることができます。ロントンの外側の部分は、バナナの葉が葉緑素を残しているため、通常は緑がかった色になっています。 ロントンを調理する別の方法は、未調理の米をモスリンの袋に入れ、水を浸透させて米を固い塊にすることです。もう1つの一般的で簡単な方法は、市販のプラスチックポーチを使用することです。米を入れて針で穴を開け、水をパッケージに浸透させるための小さな穴を作ります。次に、米が炊き上がり、ポーチが完全に満たされるまで沸騰させます。この方法は、バナナの葉の液体透過性を模倣することを目的としていました。それにもかかわらず、より良い健康と生態学的理由から、有機バナナの葉の使用を強くお勧めします。 一方、マレーシアのナシヒムピット(「圧搾米」)は、伝統的に異なる方法で作られています。この方法は、透過性の沸騰技術を適用するよりも機械的な圧力です。炊きたてのご飯は、2つの重い石のスラブまたは2つのトレイの間で数時間圧縮され、上部に重いおもりが付いて、ナシヒムピットが生成されます。しかし、ナシ・ヒンピットは現在、通常、米を詰めて水で煮た透水性のプラスチック小袋で迅速に製造されています。 ロントン料理 ご飯と同じように、ロントンの味は淡白で中性であり、スパイスやソースを通して味を与えるのは他の材料に依存しています。一般的に、ロントンはご飯のコンパクトな代替品として機能します。主食としてほとんどすべての伝統的な料理のレシピで提供できますが、ほとんどの場合、ピーナッツソースまたはココナッツミルクベースのスープがあります。 ロントン野菜、ロントンライスケーキに野菜、豆腐、ゆで卵をココナッツミルクのスープに入れ、クラッカーとチリソースを添えて。ロントンは「サテ」やにも人気があります。 インドネシアでは、特にベタウィの人々の間で、ロントンは通常野菜のロントンとして提供され、ロントンの断片は、細かく刻んだハヤトウリ、テンペ、豆腐、ハードボイルドエッグ、サンバル、クラッカーと一緒にココナッツミルクスープで提供されます。 Lontong Vegetableは、Ketupat Vegetableと関連があり、非常によく似ており、ChickenPorridgeとNasiUdukの隣にあるお気に入りの朝食メニューです。 ロントンのより精巧なレシピは、ロントンキャップゴーメー、伝統的なインドネシア料理のペラナカン中国インドネシアの適応、豊富なオポールチキン、野菜のロデ、サンバルゴレンアティ(サンバルの牛レバー)、ピクルス、卵ピンダン(ハードボイルドティー)を添えたロントンです)卵)、細切り(ビーフフロス)、コヤパウダー(大豆と乾燥シュリンプパウダーの混合物)。 Lontong Cap Go Mehは通常、Cap gomehのお祝いの際に中国のインドネシア人コミュニティによって消費されます。 ロントンデカム Lontong dekemは、中部ジャワのペマランリージェンシーに由来します。このプロセスでは、ロントンを水に沈めるまでスープに浸します。そのため、名前dekemは、ペマランジャワ方言で「没頭」を意味します。 ロントンカレー ロントンカリは、ジャガイモのスープのチキンカレーと蒸しポテトのロントンサーブです。 ロントンクパン もう1つのロントンレシピは、東ジャワのスラバヤとシドアルジョ地域からのロントンクパンとロントンレースです。ロントンクパンは「ロントン」でできており、小さな白いアサリが添えられています。 ロントンレーシング また、スラバヤ産のロントンレースは、ロントン、もやし(もやし)、豆腐の揚げ物、レントー(すりつぶした豆の揚げ物)、エシャロットの揚げ物、サンバルペティス、甘い大豆ソースから作られています。東ジャワのロントンと豆腐のレシピは、たっぷりの「ペティス」(エビベースのペーストの一種)から得られた独特の風味で知られています。 ロントンパキスカレー 西スマトラでは、パダンパリアマンのミナン料理はロントングライパキスと呼ばれ、「ルンダン」ソースが添えられています。 ロントン料理は通常、ガドガド、カレドク、ケトプラク、その他の伝統的なサラダ、サテなどのピーナッツソースベースの料理と一緒に温かいまたは室温で提供されます。 「ロントン」は、ロントンサユル、ソト、グライ、カレーなどのココナッツミルクベースのスープと一緒に食べることができます。 春雨麺の代替品としても使用されています。 非公式に言えば、「ロントン」は、独特の性格を持たない、怠惰な、働いていない、または失業中のニートを持っている人や若い人を指す呪いの言葉でもあります。