Tag Archives: 夫が妻を殺し

インドネシア,夫が妻を殺し,毎月3800万ルピアが9年間送られていても経済は変わっていないと疑う

夫が妻を殺し、インドネシアで毎月3800万ルピアが9年間送られていても経済は変わっていないと疑う

夫と妻の事件は金曜日(2020年7月31日)に再びインドネシアで起こった。 今回はジョンバンの夫である東ジャワは、9年間米国に帰国した妻を殺すことができました。 Sは彼の妻SI(48)をなたで殺した。 警察はついに加害者によって保護されるべきだった女性の殺害の背後にある動機を明らかにした。 ジョンバン警察広報部長、AKP Hariyonoが明らかにした、S(49)の加害者はイライラしていると主張し、彼の妻がアメリカを離れる彼の出発の間に浮気をしたと疑った。 「(動機)最初はロマンスのため(嫉妬)そして次は経済的動機のため」とハリヨノ氏は月曜日(2020年3月8日)にジョンバン警察本部でプレスリリースを行ったとき言った。 •盲目的に突き刺した後、殺害の加害者は血まみれの犠牲者を残す •ペリカンASL船悲嘆の殺人被害者の家族、メイフスヌルコティマ 殺人事件は金曜日(2020年7月31日)、ジョンバン県、モジョワルノ地区のRejoslamet村で発生しました。 ハリヨノはSが9年間アメリカに移住したと説明しました。 彼は約4か月前に家に帰っただけです。 アメリカにいる間、犯人は日常的に彼の妻にお金を送ります。 Sが海外から帰国したとき、彼の家で何か変わったことを発見しました。 彼の資産は彼の妻に送られたお金の価値はありません。 ハリヨノによれば、犯人の苛立ちは、アメリカから送金されたお金の使用について尋ねられたときに妻がしばしば逃げていたときに最高潮に達しました。 「加害者は送金でお金を送るので、経済的な動機があります。 しかし、自宅での結果は期待通りではない」とハリヨノは言った。 ハリヨノは加えて、Sはジョンバン警察本部に拘留されました。 彼は容疑者としても指名されました。 Sは彼の訴訟で、インドネシア刑法の240条の子会社である338条の罪で起訴され、懲役15年の刑が科せられた。 長い間疑わしい 一方、Sは妻の態度を疑っていたと主張した。 その疑いはアメリカで放浪の最初の年以来存在しています。 しかし、Sは彼の疑いを証明できなかった。 「それが長い間疑わしいものであった場合、それはすでに最初の年です。 しかし、子供のために私はしつこいので。 あなたが家に帰ったら、あなたは何をするつもりなのか、混乱しているからです。 彼によると、自宅にいる間に悪化と疑惑はピークに達しました。 彼の妻はアメリカから送金されたお金の使い方を説明するように求められると常に複雑になります。 実際、S氏は、自宅での目的で妻に送った金額は約20億ルピアであると述べた。 彼は詳細を説明し、2011年以降、毎月Rp 3500万ほどの金額を毎月送っています。 「私が送ったものとほぼ同じ、20億ルピアがあります。 しかし、私が家にいたときは何もありませんでした。 事件は彼の家の1階にある部屋で起こりました。 犯人は妻を殺した後、2階にいた2人目の子供NFCH(19)を殺そうとした。 犯人の妻は頭と首に傷を負って現場で亡くなりました。 彼の息子が頭に鋭い切り傷を負った間。 その後、子供はモジョワルノSSRで治療された source: tribun