Tag Archives: 500年前」の木

マレーシア政府は、パハン州で巨大な「500年前」の木の幹を販売しています

マレーシア政府は、パハン州で巨大な「500年前」の木の幹を販売しています=asiaji.com

環境保護論者のKhaidirAhmadが共有した写真に基づいて、木の幹は両側に7つの車輪が付いたトレーラーで運ばれました。 巨大な丸太は半分にカットされ、いくつかの金属チェーンでトレーラーに固定されました。写真は昨日5月23日、テメルローのイーストコーストエクスプレスウェイ(西行き)の休憩所で撮影されたと言われています。 投稿の中で、カイディール氏は、ログは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストによって絶滅危惧種に指定されているチェンガル種のものであると信じていると述べた。丸太の輸出は禁止されており、この種はマレーシアの保護地域でよく見られます。 彼はMalaysakiniにその木は樹齢500年以上と推定されていると語った。 元ジャーナリストであるカイディール氏は、「それは削減されるべきではなく、代わりに将来の世代のために国の遺産として保護されるべきだった」と語った。 1日足らずで、Khaidirの投稿は5,200株以上を獲得しました。多くのネチズンは、半千年前の樹木とされる伐採につながる隠れた手の可能性について懸念を表明しました。 写真がバイラルになった後、パハン林業局(JPNP)は、ログがパハンのどの森林サイトからも取得されなかったことを明らかにしました 「トレンガヌ林業局が発行した輸送許可証に記載されている内容と集計された大型トラックと木材に関する情報」とJPNPは述べた。 「木材はセランゴール州のエバーグロース木材工場に送られると理解されています。」 Sinar Harianは、JPNPは、この問題に関する苦情を部門が評価していると述べたが、より迅速に行動できるように、一般の人々が直接問題を報告することを望んでいると報告した。 「この部門は常に敏感であり、報告されたすべての苦情に対して責任を負い、州の森林の宝物を保護および保護するためにしっかりとした即時の行動を取ることができるようにします」と付け加えました。 JPNPの声明に続いて、Khaidirは、トレンガヌ政府が企業が「古代の」樹木を伐採してRM2,242.80の税金を徴収することのみを許可している理由を疑問視しました。 彼によると、トレンガヌは石油が豊富な州であり、チェンガルの木を保護することは明らかに税収のRM2,000コレクションを上回っています。 「なぜトレンガヌ林業局は貴重な自然の宝物を削減させたのですか?なぜトレンガヌ政府は関連地域の伐採許可を承認したのですか?」 Khaidirは、PAS主導の州政府に回答を求めた。 一方、活動家は、マラッカ政府が彼らの「最後の」公共のビーチを奪われる可能性のあるメガプロジェクトを進めるのを止めるよう連邦政府に求めています