インドネシア共和国

インドネシア共和国は、東南アジアとオセアニアのインド洋と太平洋の間にある国です。スマトラ島、ジャワ島、スラウェシ島、ボルネオ島とニューギニアの一部を含む 17,000 以上の島々で構成されています。

インドネシアは世界最大の群島国家であり、面積では 1,904,569 平方キロメートル (735,358 平方マイル) で 14 番目に大きい国です。 インドネシアは世界で 4 番目に人口の多い国でもあります。 インドネシアは人口 2 億 7,900 万人を超え、世界で 4 番目に人口の多い国です。 ジャワ島には1億5,160万人以上のインドネシア人が住んでいます。

インドネシアは赤道沿いに位置し、気候は年間を通じて比較的均一です。 インドネシアには雨季と乾季の 2 つの季節があり、夏も冬も極端ではありません。ヌサンタラ、今日の東南アジアの群島、または今日のインドネシアである地域は、ほぼ 4 年間日本帝国によって植民地化されました。

インドネシアは大統領制を採用した共和制です。 インドネシアは世界で 3 番目に大きな民主主義国家です。

インドネシアの国章

国章

ガルーダ・パンチャシラ

赤と白の国旗

インドネシアの国旗の色は赤と白です。

インドネシアに関する記事

インドネシア 🇮🇩 東南アジア🌏

バリ島でインドネシア国籍申請が2024年に3倍になったのはなぜか?

インドネシア 🇮🇩 タイ国 🇹🇭 ベトナム 🇻🇳 東南アジア🌏

東南アジアでバイクの所有者が多い国はどこですか?

インドネシア 🇮🇩 シンガポール🇸🇬 東南アジア🌏 食べ物 🥣

インドネシア沖で捕獲された100kgのハタがシンガポールで販売されるために切り分けられました!

インドネシア 🇮🇩 シンガポール🇸🇬 ブルネイ🇧🇳 宗教🌞 東南アジア🌏

なぜ東南アジアのイスラム教信者は公衆の面前で牛を屠殺しなければならないのか?

インドネシア 🇮🇩 東南アジア🌏

教育におけるインドネシア政府の決定は、富裕層のみを支持する

インドネシアの先史時代

この地域での人類の活動は、スンダランドが陸化する以前の更新世の時代にまでさかのぼる。スンダランドとは、氷期に陸化していたスンダ陸棚のことである1890年11月末、ジャワ島中部のソロ川上流にあるトリニル洪積層で、オランダ人軍医ウジェーヌ・デュボアが、下の骨を発見し、翌年の秋ごろに同じ場所で頭蓋骨を発掘した。さらに翌年、その頭蓋骨の発掘場所から15mほど上流で、大腿骨を発見した。これらが現在ジャワ原人として知られる直立猿人の発見だった。デュボアの発見後も、ジャワ島の中部・東部地方を中心に、石器とともに原人旧人の化石人骨が発見され、旧石器時代にこの地域で人類が活動していたことが確実となった 。他にも、旧石器時代に生存した人類として、メガントロプス・パレオジャパニクス、ピテカントロプス・エレクトス、ピテカントロプス・ソロエンシスなどの原人の化石がブンガワン・ソロ川の河川敷一帯で発見されていません。 

紀元前70000年頃から紀元前14000年頃にかけての氷期にはスンダランドは陸地であった。インドネシアが現在のような多島海に姿をあらわすのは、約1万年前におこった海水面の上昇によって、それまでジャワスマトラカリマンタンなどをアジア大陸につないでいたスンダランドが水没してからのことである。紀元前12000年頃から紀元前4000年にかけて約8000年間にわたる海面上昇によりスンダランドは海底に没した。

紀元前2500年から紀元前1500年頃にかけて、中国西南地方から移住した民族があり、水稲耕作を行っていた。

後にインドネシアとなる東南アジア島嶼部には、紀元前2千年紀からオーストロネシア語族に属する言葉を話すマレー系の民族が渡り、各島に定着していった。

東南アジアにおけるヒンドゥー教化と仏教時代の導入

紀元前1世紀の頃からはインド洋を渡ってインドの商人たちが訪れるようになり、ヒンドゥー教の影響を受けた独自の文化が発展し始め、5世紀頃から、ボルネオ島東部にクタイ王国、西部ジャワタルマヌガラ王国が繁栄し始める。クタイ王国は、インドからマカッサル海峡、フィリピン、中国に抜ける交易ルートに位置していたためにインドからの船が寄航し中継貿易の利で繁栄したと思われる。

535年クラカタウが噴火。535年から536年の異常気象現象英語版の原因となった。

7世紀ジャワ島西部にスンダ族スンダ王国英語版669年1579年)を建国。 7世紀から11世紀にかけてスマトラ島南部パレンバンを本拠とするシュリーヴィジャヤ王国7世紀13世紀)がマラッカ海峡を制圧し、南海貿易をコントロールし仏教文化が栄え繁栄を極めた。

ジャワでは、8世紀前葉に古マタラム王国シャイレーンドラ朝8世紀9世紀)が建国された。シャイレーンドラにより8世紀末から9世紀初めにジャワ島の中部に建設されたボロブドゥール寺院は、底部の一辺が120m、高さ約42mという巨大な大乗仏教の石造ストゥーパである。カンボジアベトナム南部のチャンパ王国まで遠征したという説があるが、もともとインドネシア半島にいたオーストロネシア系の人々を指すとする見解が近年は有力である。

古マタラム王国は、10世紀初め頃まで続き、壮大なヒンドゥー寺院であるプランバナン寺院群を建設した。

929年には、東部ジャワにクディリ王国が建国され、交易の利権をめぐって、ダルマヴァンシャ王がシュリーヴィジャヤの覇権に挑んだが、結局1016年にダルマヴァンシャが殺害されて、シュリーヴィジャヤの勝利に終った。しかし、1025年に南インドを支配していたチョーラ朝ラージェンドラ1世の軍勢の遠征でシュリーヴィジャヤは打撃を受けたことで衰退することになる。

その後、ジャワでは、1222年ケン・アロク英語版によって、シンガサリ朝が建国された。最後の王クルタナガラのとき、モンゴル帝国元朝の使者が来たが、その顔に刺青を入れて送り返したので、元の大ハーン皇帝クビライは報復として大軍を派遣した。ジャワ島は元の遠征(モンゴルのジャワ侵攻)で被害を受けたが、やがて元軍を撃退したラデン・ウィジャヤ英語版1292年マジャパヒト王国を建国した。

マジャパヒトは、名宰相ガジャ・マダのもと、14世紀から15世紀にかけて繁栄した。1365年に完成させた古ジャワ語の韻文叙事詩英語版デーシャワルナナ Desawarnana(地方の描写)』(通称『ナーガラクルターガマ英語版 Nāgarakertāgama(聖なる教えによって完成された王国))』は、ジャワ島東部を本拠として今日のほぼインドネシア全域、フィリピンの一部やマレーシアを含めた広大な版図を支配したとする。これは史書の筆法に過ぎず、それぞれの地域に一時的に影響力を行使した可能性は残るものの、これらの領域を同時に支配したわけではない

東南アジアにおけるキリスト教の導入

東南アジアのキリスト教は、仏教、ヒンズー教、イスラム教を含む世界的な宗教伝統の豊かなタペストリーの一部です。 東南アジア本土では、キリスト教は仏教と競合しています。仏教はミャンマーとカンボジアで国教として祀られており、ベトナム、ラオス、タイで広く信仰されています。 キリスト教は、ベトナムのフランス人を通じて初めて東南アジア本土に伝わりました。

キリスト教は 1300 年代にベトナムに伝わり始めましたが、ローマ カトリック宣教師による改宗は 1500 年代に本格的に始まりました。 同様に、中国は西側の宣教師がインドシナとスマトラ島北部のマレー諸島で伝道するための最初の拠点となった。 ベトナムは、ラオス、ミャンマー、カンボジアで改宗する宣教師たちに同様の役割を果たした。

このように、ナショナリストのラオス、ミャンマー、カンボジアのキリスト教は、ヨーロッパの植民者と宣教師、そしてそれをさらにインドシナに広めたベトナム人という2つの部外者から来たものであるため、異質なものとみなされていた。

ポルトガルとスペインがオランダの商社VOCに敗れたため、キリスト教会はティモール島とトラジャ島でしか成長していない。 VOCはまた、先住民部族に同等の権限を与え、地元住民を奴隷化できなくなるとしてキリスト教を禁止している。

イスラム勢力が東南アジアに進出

東南アジアの諸王朝でイスラームの受容がはじまるのは、13世紀末頃のスマトラ島北部においてであり、その中心地はパサイ王国だった。これに先だって、すでに11世紀頃にはムスリム商人の往来がはじまっており、彼らは現地の支配者層と密接な関係を築いていた

ヒンドゥー教国だったマジャパヒト王国では、その末期に王クルタウィジャヤインドネシア語版が、チャンパからムスリムの公主を息子のブラウィジャヤインドネシア語版の妃に迎え、また、国内ではイスラームへの改宗を容認した。15世紀にマジャパヒト王国を訪れた鄭和雲南出身のムスリム中国人であった。クルタウィジャヤはムスリムの経済力に太刀打ちできず、王朝の権威は低下したがイスラーム化はしなかった。

ジャワ島におけるイスラーム国家成立の歴史は、15世紀末に建国されたドゥマク王国にはじまる。ドゥマク王国は、1478年にマジャパヒト王国のブラウィジャヤ王に宗主権を認めさせた。また、ジャワ北岸のイスラム化した港市国家もマジャパヒトから離反し、内陸部に勢力をもつマジャパヒト王国は、海岸に面した良港をもつ北岸の諸国への影響力を失った。ドゥマク王国は16世紀前半にマジャパヒト王国を倒して、ジャワ島で最初のイスラーム国家になった。ジャワ島西部でも、ドゥマク王国の支援を受けたバンテン王国がイスラームを受容し、ジャワ島全域でイスラームが浸透していった。

ジャワ島で活発な布教活動をおこなったのはワリ・サンガ(九聖人)といわれるスーフィー聖者たちであり、彼らはジャワ島の各地にプサントレンを作って、そこを拠点にジャワ人子弟を教育し、民衆レベルでのイスラーム浸透に積極的な役割を果たした

スマトラ島では、15世紀末にはすでに独立していたアチェ王国がイスラーム化しており、この海域での交易の中心地として発展を遂げた。また、16世紀前半には、マラッカ海峡に面するスマトラ東岸のほとんどの港市がイスラームに改宗していた

ポルトガルが東南アジアに与えた影響。

航海、造船、兵器に関するポルトガル人の専門知識により、探検と拡張という大胆な遠征を行うことができました。 1512年に新たに征服したマラッカから派遣された最初の探検隊を皮切りに、ポルトガル人はインドネシアに到着した最初のヨーロッパ人となり、貴重な香辛料の供給源を独占し、カトリック教会の宣教活動を拡大しようとした。

ポルトガル人は東のマルクへ向かい、軍事征服と地元支配者との同盟の両方を通じて、テルナテ島、アンボン島、ソロル島などに交易所、砦、伝道所を設立しました。 しかし、ポルトガルの宣教活動が最高潮に達したのは16世紀後半でした。 最終的に、インドネシアにおけるポルトガルの存在は、マルクにおける先住民テルナテ人とオランダ人の手による敗北と、この地域における貿易の支配維持の全般的失敗を受けて、現在のヌサトゥンガラにあるソロル、フローレス、ティモールに縮小された。

アジア貿易を支配するという元々のポルトガル人の野心と比較すると、インドネシア文化への影響は小さかった。ロマンチックなケロンコンのギターバラード。 マレー語と並んで列島の共通語としてのポルトガル語の役割を反映するインドネシア語の数々。 インドネシア東部にはダ・コスタ、ディアス、デ・フレテス、ゴンサルベスなどの多くの姓があります。

ポルトガル人の到着の最も重大な影響は、主にマラッカの征服の結果として生じた貿易ネットワークの混乱と混乱、そしてインドネシアにおける最初の重要なキリスト教の植林でした。 インドネシア東部には現在に至るまでキリスト教徒のコミュニティが存在し続けており、それがヨーロッパ人、特にアンボネ人の間で共通の関心を抱いているという感覚に貢献している。

オランダ東インド会社または Vereenigde Oostindische Compagnie (VOC) が東南アジアに参入。

1602年、オランダ議会はVOCがジャワ島の領土を支配する前に、この地域における貿易と植民地活動の独占権をVOCに与えた。当初、VOCはマレー半島やスマトラ島など、すでにポルトガルとスペインが所有していた地域を避ける必要がある。

1619年、VOCは西ジャワの都市ジャヤカルタを征服し、バタビア市(現在のジャカルタ)を設立しました。 この時期、VOCはジャワの内政に深く関与するようになり、マタラムとバンテンの指導者が関与した多くの戦争に参加した。

オランダはポルトガルの野望、勇気、残忍さ、戦略に従いましたが、より良い組織、武器、船舶、優れた財政的支援をもたらしました。 彼らはインドネシアの香辛料貿易を完全に掌握することはできなかったが、以前のポルトガルの努力よりもはるかに大きな成功を収めた。 彼らはマジャパヒトに代わったジャワの小王国の派閥化を利用してジャワに恒久的な足場を築き、そこから陸上植民地帝国を成長させ、地球上で最も裕福な植民地の一つとなった。

17 世紀半ばまでに、アジアの VOC の本部であるバタビアは、この地域の重要な貿易の中心地となりました。 ジャワのマタラム王国からの攻撃を撃退した。 1641年、オランダはポルトガルからマラッカを占領し、アジアにおけるポルトガルの立場は弱まりました。 オランダは 1667 年にスラウェシ島の都市マカッサルを破り、その貿易を VOC の管理下に置きました。

スマトラ島の港もVOCの管理下に置かれ、最後のポルトガル人は1660年に追放された。胡椒貿易の独占管理とイギリス人の追放と引き換えに、オランダ人は1680年にバンテンの支配者の息子が父親を打倒するのを支援した。 。

18 世紀までに、VOC はインドネシア諸島に確固たる地位を確立し、インド、セイロン、フォルモサ、日本を含むアジア事業の一環として諸島間の貿易を管理しました。 VOCはジャワ島、マルク島、スラウェシ島、スマトラ島、マレー半島の一部の港に重要な拠点を置いています。

フランス帝国がジャワ島を支配していた頃。

オランダがフランス第一帝政に陥落し、1800 年にオランダ東インド会社が解散した後、東インド諸島のヨーロッパ植民地管理に重大な変化が起こりました。 東インド諸島における同社の資産は、オランダの植民地であるオランダ東インド諸島として国有化されました。 一方、ヨーロッパはナポレオン戦争によって荒廃しました。

オランダでは、1806年にナポレオン・ボナパルトがバタヴィア共和国の解体を監督し、バタヴィア共和国はナポレオンの三男ルイ・ボナパルト(ロデウェイク・ナポレオン)が統治するフランスの傀儡王国であるオランダ王国に取って代わられた。 東インド諸島はフランスの代理植民地として扱われ、オランダの仲介者を通じて管理された。

1806年、オランダのロデウェイク王は、配下の将軍の一人、ヘルマン・ウィレム・ダーンデルスをジャワに拠点を置く東インド総督として派遣した。 デエンデルスは、予想されるイギリスの侵攻に対するジャワの防衛を強化するために派遣された。

大英帝国がジャワ島を支配していた頃。

1806年、オランダのロデウェイク王は、配下の将軍の一人、ヘルマン・ウィレム・ダーンデルスをジャワに拠点を置く東インド総督として派遣した。 デエンデルスは、予想されるイギリスの侵攻に対するジャワの防衛を強化するために派遣された。

1685年以来、イギリス軍はスマトラ島西海岸のベンクーレンとマラッカ海峡北のいくつかの駐屯地に駐留していた。 デエンデルスは、ジャワ島北部を沿岸都市アンジェルからパナロエカ都市まで横断するグレート・ポスト・ロード(インドネシア語: Jalan Raya Pos)の建設を担当しました。 千キロメートルの道路はジャワ島全体の物流を容易にすることを目的としており、わずか1年で完成したが、その間に数千人のジャワ人強制労働者が死亡した。

1811年、ジャワ島はイギリス軍に占領され、大英帝国の所有となり、トーマス・スタンフォード・ラッフルズが島の総督に任命された。 ラッフルズは地元のジャワの王子に対していくつかの軍事遠征を開始した。 1812年6月21日のジョグジャカルタのクラトンへの攻撃や、近くのバンカ島を占領する命令を出したほか、パレンバンのスルタン・マフムード・バダルディン2世に対する軍事遠征などである。

彼の政権中に、ジャワの多くの古代遺跡が再発見、発掘され、初めて体系的に目録化されました。最も重要なものは、中部ジャワのボロブドゥール仏教寺院の再発見でした。

ラッフルズは島の歴史の愛好家で、1817 年後半に出版された『ジャワの歴史』という本を執筆しました。 1816 年、イギリス総督ジョン・フェンドールの統治下で、ジャワ島は英国の条件に従ってオランダの統治下に戻りました。 1814年のオランダ条約。

オランダ帝国が列島を統治したとき。

VOC は 1800 年に破産により解散し、ラッフルズ総督の下でイギリス統治が終了した後、1816 年にオランダ国家が VOC の所有地を引き継ぎました。ジャワ人の反乱は 1825 年から 1830 年のジャワ戦争で鎮圧されました。

1830 年以降、ジャワ島に強制栽培と年季奉公のシステムである栽培システム (オランダ語: cultuurstelsel) が導入されました。 この制度はオランダとその同盟国であるインドネシアに巨万の富をもたらした。 この耕作制度は農民を土地に縛り付け、年間60日間政府所有のプランテーションで働くことを強制した。 この制度は 1870 年以降のより自由な時代に廃止されました。1901 年にオランダは、先住民教育への投資の若干の増加と控えめな政治改革を含む倫理政策と呼ばれるものを採用しました。