オーストラリアは東ティモールでの500億ドルのガス取引が中国を遠ざけることを期待している!

東ティモールは中国とより緊密な関係を築いており、グスマン外相は2023年9月に習近平国家主席と戦略的パートナーシップを締結した。

しかし、オーストラリアは東ティモールに自国を国際的な「信頼できるパートナー」とみなしてもらいたいと考えていた。

オーストラリアの上級外交官および政府筋によると、ダーウィンの北西450キロ、東ティモールの南150キロに位置する、長らく停滞しているグレーター・サンライズ油田の開発を確実にすることは、オーストラリア政府の最重要戦略課題の1つだという。

「我々は東ティモールがもう1つのソロモンになることを望んでいない」と、ある高官政治筋は本紙に語った。

提案には、オーストラリアのガス収入の分け前で賄われる専用インフラ基金や、より多くの東ティモール人が仕事や研修のためにオーストラリアに来ることになる太平洋オーストラリア労働移動(PALM)プログラムの加速が含まれている。

「我々は、彼らが中国に行くことを考えるほど追い詰めたくはない。」

しかし、グレーター・サンライズ鉱区のガスがどこにパイプラインで運ばれ、処理されるかという問題が未解決だ。

ニューヨークで両国が2018年に締結した条約によれば、ガス田が東ティモールで処理される場合、オーストラリアは収益の30%、東ティモールは70%を受け取ることになる。

​​しかし、ガスがオーストラリアにパイプラインで運ばれ、ダーウィンの既存のLNG処理プラントで処理される場合、東ティモールの取り分は80%に増加し、オーストラリアは20%を受け取ることになる。

​​この条約は、20年前にオーストラリアのスパイが交渉で優位に立つために東ティモール議会に盗聴器を仕掛けていたことが明らかになり、東ティモールが以前の合意を破棄した後に締結された。

グレーター・サンライズ鉱区には最大500億ドル相当のガスがある。

オーストラリアの提案はどのように機能するのだろうか?
ティモールのグスマン大統領は、ダーウィン案による追加収入よりも産業と雇用機会のほうが大きいと考え、ティモール南部の海岸でガスを精製することを希望している。

「パイプラインのためのパイプラインは望んでいない」と、ティモールのジョゼ・ラモス=ホルタ大統領は本紙に語った。

「パイプラインが東ティモールに来れば、経済の多様化、産業化、近代化が促進されるだろう」

しかし、多くのアナリストや石油・ガス専門家は、ティモール案は商業的に実行不可能であり、ガスがダーウィンで精製されない限り、プロジェクトは未完のままになると考えている。

潜在的な好条件として、東ティモールは北部準州のガス施設の株式を提供される可能性がある。

ラモス=ホルタ大統領は、オーストラリアの労働力と税金の「天文学的な」コストと比較すると、ティモール案はそれほど高くないと考えていると述べた。

「私は個人的にこの論文を読む用意がある。もしそれが十分に説得力があり、十分に魅力的で、これが東ティモールにとって最善の選択肢であることが本当に疑いなく証明されるなら、政府はそれを検討するだろう」と彼は語った。

なぜ東ティモールの中国に対するアプローチがオーストラリアを不安にさせるのか?

東ティモールでは、30年の寿命を持つこのプロジェクトを確立する緊急性が高まっている。東ティモールで最も価値の高い油田とガス田であるバユ・ウダンは枯渇し、石油収入はゼロになっている。

オーストラリアは、北京を寄せ付けず、新興国に世代を超えた富をもたらすグレーター・サンライズ沖合ガスプロジェクトを迅速に進めるために、東ティモールに数十億ドルのライフラインを提供している。

オーストラリアは、シャナナ・グスマオ首相の政府に、実質的にこのプロジェクトからの収入の90%を東ティモールに与えることになる、かなりの規模のインセンティブパッケージを提供している。

オーストラリアは、さらなるインセンティブとして、ダーウィン処理から排出される温室効果ガスの炭素回収・貯留にバユ・ウンダンの利用を検討することを約束した。これは東ティモールにとって新たな資金源となるだろう。


smh.com.au/politics/federal/the-50-billion-gas-deal-australia-hopes-will-keep-china-quiet-20240531-p5jidz.html

こちらも読む  なぜ日本人観光客はタイのホテルに財布を置き忘れてはいけないのでしょうか?

Leave a Reply