JENGLOT(ジェングロト)というインドネシアのミイラ、逆に お守りとして使われた

JENGLOT(ジェングロト)はインドネシアの神秘的な物体で、不思議な素材(約10〜20 cm)の小さな人形のような形をしており、肌がざらざらしていて(ミイラのように)、頭蓋骨のような顔と牙が突き出ています。 ジェンロットは、頭蓋骨のような顔と黒い肌を持つ生き物としてインドネシアの人々に知られています。 その姿は、突き出た牙と長い爪を持つ、干からびたミイラに似ています。 髪と爪が長く、通常は悪臭がします。死骸のように魚のように JENGLOT(ジェングロト)は、ジャワ、カリマンタン、バリでよく見られます なぜ? ジャワ、バリ、カリマンタンでは多くの人がヒンズー教徒と仏教徒だからです JENGLOT(ジェングロト)は、ヒンドゥー教や仏教のように、瞑想を実践して永遠の知識を得て完璧を達成する人間であると言われています。 インドネシアのジャワ社会では、この瞑想はセメディとして知られています セメディとはどういう意味ですか? セメディという用語は、サムとアディという2つの言葉から来ています。サムは大きいことを意味し、アディは良いまたは美しいことを意味します。 セメディする人々は、偉大で美しく、聖なる心を達成するという目標を持っています。 セメディは通常静かな場所で行われ、洞窟、森、山、隠れた場所など、人間がめったに訪れることのない騒音はありません。 通常、セメディは一人で行われ、友達はいません インドネシア語では、その場所でセメディをするという用語はBERTAPA(ベルタパ)と呼ばれています セメディをする人はPETAPA(ペタパ)と呼ばれます PETAPAがセメディをしている時間が長ければ長いほど、偉大で美しく聖なる心を達成するという目標は達成されませんが、人体と魂が幽霊と悪魔に食べられるため、JENGLOT(ジェングロト)になります。 人体が腐敗して収縮するまで、数百年、さらには数千年も瞑想をしているPETAPA(ペタパ) JENGLOT(ジェングロト)は無生物で無生物のように見えますが、インドネシアの人々は、JENGLOT(ジェングロト)では人間の魂がまだ生きていると信じていました。 面白いことに、一部のインドネシア人にとって、JENGLOT(ジェングロト)はお守りであると信じられており、ポケモンのように飼われています JENGLOT(ジェングロト)は通常、新鮮な人間の血液や胎児の死体さえも与えられるため、何とかJENGLOT(ジェングロト)は強くなります なぜなら、JENGLOT(ジェングロト)はインドネシアの人々に超自然的な力を持っていると信じられており、人々を素早く金持ちにし、スーパーマンのような超能力を持つことができるからです。 JENGLOT(ジェングロト)を入手するにはどうすればよいですか? 通常、JENGLOT(ジェングロト)は3つの方法で取得または検出できます JENGLOT(ジェングロト)は人間の個性の匂いと魂が好きなので誰かにやって来ますなんか興味になるから感じ、例えば道であなたを追いかける猫やあなたを追いかける猿のようなものである事です シャーマンに行った人、そして特定の条件で黒魔術を学ぶことであるです インドネシアのマーケットプレイス(Shopee、Tokopedia、Facebook)などでオンラインで購入,しかし、手作りの偽のジェンロットを販売する売り手がいるので注意する必要があります。通常、本物のジェンロットは人間が作ることはできず、偽のジェンロットには超自然的な力がありません。 なぜ多くのインドネシア人がJENGLOT(ジェングロト)を欲しがっているのですか? 通常、ハードワークなしですぐに金持ちになり、さまざまなことで力を得る,現象という用語は通常、PESUGIHAN(ペスギハン)と呼ばれます  面白いことのはインドネシアの人々は宗教を持っていますが、多くのペスギハンの開業医がやっています。 ジェンロットには神秘的な力があり、人間の血を食べ、さらには災いを招くと信じている人もおり、しばしば本物の生き物であると考えられています。 東南アジアでの休暇中に、ランダムな場所でジェンロットを見つけた場合は、それを持って行かないでください。 証拠として写真を撮って地方自治体に報告するだけです。 本物のジェンロットは通常、店主に多くの客を呼び込むため、または競合他社に不幸をもたらすために使用されます。 ソース: repositori.kemdikbud.go.id/7042/1/buku%20siswa%20budha.pdf news.harianjogja.com/read/2020/07/04/500/1043534/terlilit-ular-mati-benda-mirip-jenglot-ditemukan-di-sragen

タイの歴史年表。

歴史的にはシャム (1939 年までの正式名) としても知られるタイ王国は、東南アジアのインドシナ半島にある国です。 タイ王国の人口は約 7,000 万人で、面積は 513,120 平方キロメートル (198,120 平方マイル) です。 タイは北西にミャンマー、北東にラオス、南東にカンボジア、南にタイ湾とマレーシア、南西にアンダマン海と国境を接しています。 また、南東はベトナム、南西はインドネシアおよびインドと海上国境を接しています。 バンコクは国の首都であり最大の都市です。 タイは世界情勢の中大国であり、ASEAN 創設メンバーであり、人間開発指数では非常に高い位置にあります。 東南アジアで2番目、PPPベースでは世界で23番目の経済大国であり、一人当たりの名目GDPでは91位にランクされています。 タイは新興工業経済に分類され、製造業、農業、観光が主要部門となっています。 西暦7~10年; モン族のものと考えられるヒンズー教と仏教のドヴァラヴァティ文化が優勢です。 西暦10年から14年; タイ南部は主にモン・ラヴォ王国によって統治されていますが、隣接するクメール帝国の影響力も高まっています。 (現在のカンボジア)。 現代のタイ民族の前身であるタイ族は、この地域に南下し始めました。 西暦1238年から1448年; タイ語を話すスコータイ王国はその支配をさらに南に拡大し、現代のタイの大部分を支配するようになりましたが、南部のライバルであるタイのアユタヤ王国に侵食されました。 西暦1350年から1767年; アユタヤ王国は徐々にタイを支配下に置き、東南アジアの大国となる。 1600 年頃にはその最大の範囲が広がり、現在のカンボジア、ラオス、ビルマの一部を支配しました。 西暦 1448 年; ラメスアン王はアユタヤとスコータイに個人的な同盟を結びました。 西暦1590年から1605年; ナレスアンの治世。 アユタヤの最も偉大な王とみなされている彼は、ビルマの君主時代に終止符を打ち、カンボジアとビルマ南部の一部を短期間征服しました。 西暦 1767 年; 侵攻したビルマ軍が首都アユタヤを略奪し、王国に終焉をもたらした。

歴史年表におけるインドネシア諸島。

インドネシアの歴史は、その地理的位置、天然資源、一連の人間の移住と接触、戦争と征服、そして貿易、経済、政治によって形作られてきました。 インドネシアは東南アジアの赤道沿いに広がる17,000~18,000の島々からなる島国です。 インドネシアの戦略的なシーレーンの位置は、島々間の貿易と国際貿易を促進しました。 それ以来、貿易はインドネシアの歴史を根本的に形作ってきました。 インドネシアの地域にはさまざまな移民が住んでおり、文化、民族、言語の多様性が生まれています。 列島の地形と気候は、農業と貿易、国家の形成に大きな影響を与えました。 インドネシア州の境界は、20 世紀のオランダ領東インドの境界と一致しています。 160万年から120万年前: 最初のジャワ人(ピテカントロプス・エレクトス・ジャワ・ソロイエンシスと呼ばれる)の化石は、1891年にオランダの人類学者ユージン・デュボアによって中部ジャワ島(サンギラン)で発見された。別の最古の同様の化石が発見され、北京原人として知られている。 東アフリカの男性。 彼らがどのような言語を使用したかは不明であり、報告されていませんが、おそらく手話を使用したと思われます。 西暦 78 年: アジ チャカ王子 (インド人移民) がインドネシアの中部ジャワ島にジャワ ドビパ (スワルナ ドビパ) と呼ばれる最初の王国を設立しました。 Java-kawi言語が使用され、Javaスクリプトが初めて導入されました(Javaスクリプト/ハ、ナ、ラ、カ、ダ、タ、サ、ワ、ラ、パ、ダ、ジャ、ヤ、ニャ、マの20文字) 、ガ、バ、タ、ンガ)。 西暦 132 年の中国の年代記には、ジャワ・ドヴィパと中国との間の外交関係の存在が記載されています。 AD 200: カリマンタン島のクタイ王国がムラワルマン王の統治下にあると報告されました。 西暦 400 年: 西ジャワ島に仏教王国タルマネガラが設立されました。 この地域では現在、人々はスンダ語を話していますが、そのルーツはこの時代に遡る可能性があります。 西暦 425 年: 南スマトラ島に別の仏教王国 (シュリヴィジャヤ) が建設されました。 中国の仏教巡礼者、イー・ツィンは、西暦 671 年にシュリヴィジャヤを訪れ、地元の有名な哲学者であるサキャキルティ、ダルマパーラ、ヴァジャブディとともにサンスクリット語と仏教を学びました。 この地域(現在はパレンバンとジャンビ)の人々はパレンバン語(現在のインドネシア語の方言)を話します。 西暦732年: 中部ジャワのサンジャヤ王(カイレンドラ王国、または第一次マタラム王国)がボロブドゥール寺院(世界最大の仏教寺院であり、万里の長城やエジプトのピラミッドなどとともに世界七不思議の一つとなる)を建立。 、ユネスコの歴史的および考古学的なサイトになります)。 当時(サマラトゥンガ王の統治まで)寺院の建設には55年かかりました。 その遺跡は現在も現存しており、ジョグジャカルタ市近郊の観光地となっている。 西暦790年: 中部ジャワのカイレンドラ王がカンボジア地域に君臨。 西暦929年: エンプ・センドク王がジャワ島東部に王国を建設。 […]

最も人気のある東南アジア料理は何ですか?

多様で風味豊かな料理といえば、東南アジア料理が際立っています。 この地域には、香り豊かなスパイス、大胆な風味、鮮やかな色彩を独自にブレンドした料理で知られる幅広い料理が揃っています。 香り豊かなカレーから食欲をそそる屋台の食べ物まで、東南アジア料理にはあらゆる味覚にぴったりのものが揃っています。 人気の東南アジア料理 東南アジアの最も人気のある料理のいくつかを巡る食の旅に出かけましょう。 1.パッタイ パッタイは世界中で絶大な人気を誇る古典的なタイ料理です。 ビーフン、エビまたは鶏肉、卵、豆腐、もやし、タマリンド、魚醤、ライム汁で作ったピリッとしたソースで作る炒め麺料理です。 砕いたピーナッツと新鮮なハーブをトッピングしたパッタイは、甘味、酸味、風味が調和したブレンドです。   2. フォー ベトナム発祥のフォーは、風味豊かで香り豊かなスープ麺で、世界中の美食家の心を捉えています。 濃厚な牛肉または鶏肉のスープ、米麺、薄切り肉、新鮮なハーブや野菜の盛り合わせで作られています。 香り豊かなスパイスと心地よい温かさのスープの組み合わせが、フォーを人気の料理にしています。 3. ナシゴレン ナシゴレンはインドネシアの国民料理であり、多くの東南アジア諸国で定番の料理です。 エビ、鶏肉、野菜、スパイスなどの具材をたっぷり入れて炊き込んだチャーハンです。 通常、ご飯はケチャップマニス(甘い醤油)で味付けされ、目玉焼きとエビクラッカーが添えられます。 ナシゴレンは風味豊かで満足のいく食事で、地元の人も観光客も同様に楽しんでいます。 4. トムヤムスープ トムヤムスープはタイ発祥の酸味と辛味のあるスープです。 レモングラス、ガランガル、コブミカンの葉、唐辛子を加えた香り豊かなスープで作られています。 スープには通常、エビ、キノコ、さまざまな野菜が入っています。 スパイシー、酸味、香りの組み合わせにより、トムヤムクン スープはタイ料理愛好家の間で人気があります。 5.サテー サテーは、インドネシア、マレーシア、タイなどの多くの東南アジア諸国で見られる人気の屋台の食べ物です。 肉(通常は鶏肉か牛肉)を串に刺してグリルし、ピーナッツソースを添えて食べます。 肉は風味豊かなスパイスブレンドでマリネされ、完璧にグリルされます。 サテーはスナックや前菜としてよく楽しまれており、スモーキーで風味豊かな風味が人気です。ヒンドゥー教とキリスト教の都市インドエンシアを訪れたら、サテバビを食べることをお勧めします。 サテバビはインドネシアの伝統料理で、豚肉を主材料として作られるサテの一種です。 肉を立方体に切り、ニンニク、レモン汁、ケチャプマニス(甘い醤油)、塩、ワイン、コショウを混ぜ合わせたものにマリネします。 インドネシアでのサテバビの調理方法は通常、地域の伝統的なレシピに依存します。 東南アジア料理の探索 人気の料理のいくつかを取り上げたので、東南アジア料理のさまざまなカテゴリーを詳しく掘り下げてみましょう。 1. タイ料理 タイ料理は、大胆な風味と、甘味、酸味、スパイシー、塩味の完璧なバランスで知られています。 タイ料理は、辛いカレーから香り豊かな炒め物まで、さまざまな味の好みに応える幅広い料理を提供しています。 グリーンカレー、マッサマンカレー、マンゴースティッキーライスなどのタイ料理は必見です。 2. ベトナム料理 ベトナム料理は新鮮な食材と繊細な味が特徴です。 料理はハーブ、野菜に大きく依存しており、油の使用は最小限に抑えられています。 フォー、バインミー、生春巻きは、ベトナム料理の真髄を示す代表的な料理の一部です。 3. インドネシア料理 インドネシア料理は多様であり、さまざまな文化の影響を受けており、その結果、独特の味がブレンドされています。 ナシゴレン、ルンダン、ガドガドは、豊かで香り高いインドネシア料理を際立たせる料理の一部です。西洋人観光客にとって、バビグリンはインドネシアで最も好きな食べ物です。インドネシアのバビ・パンガン・ウムムはバビ・グリン、マサカン・バビ・パンガン・アタウ・バカル・ジャラン・ディテムカン・セカラ・ウムム・カレナ・インドネシア・アダラ・ネガラ・マヨーリタスイスラム教徒、ケクアリ・ダラム・プロビンシ・マヨリタス非イスラム教徒、セペルティ・ヒンドゥー・バリ・ダン・タナ・バタク・クリステン・ディ・スマトラ・ウタラ、オラン・ミナハサ・ディ・スラウェシ・ウタラ、 トラジャ・ディ・スラウェシ・セラタン、パプア、オラン・ダヤク・ディ・カリマンタン、オラン・オラン・ディ・NTT、ジュガ・ディ・アンタラ・オラン・ティオンホア・インドネシア。 4. マレーシア料理 […]

Welcome to Flatsome

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging! Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam […]

Just another post with A Gallery

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In sed vulputate massa. Fusce ante magna, iaculis ut purus ut, facilisis ultrices nibh. Quisque commodo nunc eget tortor dapibus, et tristique magna convallis. Phasellus egestas nunc eu venenatis vehicula. Phasellus et magna nulla. Proin ante nunc, mollis a lectus ac, volutpat placerat ante. Vestibulum sit amet […]

A Simple Blog Post

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.Typi non habent claritatem insitam; est usus legentis in iis qui facit eorum claritatem. Investigationes demonstraverunt lectores legere me lius quod ii legunt saepius. Claritas est etiam processus dynamicus Typi non habent claritatem insitam; est […]

A Video Blog Post

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In sed vulputate massa. Fusce ante magna, iaculis ut purus ut, facilisis ultrices nibh. Quisque commodo nunc eget tortor dapibus, et tristique magna convallis. Phasellus egestas nunc eu venenatis vehicula. Phasellus et magna nulla. Proin ante nunc, mollis a lectus ac, volutpat placerat ante. Vestibulum sit amet […]

Just a cool blog post with Images

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In sed vulputate massa. Fusce ante magna, iaculis ut purus ut, facilisis ultrices nibh. Quisque commodo nunc eget tortor dapibus, et tristique magna convallis. Phasellus egestas nunc eu venenatis vehicula. Phasellus et magna nulla. Proin ante nunc, mollis a lectus ac, volutpat placerat ante. Vestibulum sit amet […]

Another post with A Gallery

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In sed vulputate massa. Fusce ante magna, iaculis ut purus ut, facilisis ultrices nibh. Quisque commodo nunc eget tortor dapibus, et tristique magna convallis. Phasellus egestas nunc eu venenatis vehicula. Phasellus et magna nulla. Proin ante nunc, mollis a lectus ac, volutpat placerat ante. Vestibulum sit amet […]