Tag Archives: インドネシア人

なぜ米国は今、カンボジアと接近しようとしているのか?

米国のロイド・オースティン国防長官は火曜日、カンボジアの指導者らと会談し、軍事訓練プログラムの再開について協議した。これは、カンボジア海軍基地における中国の存在感拡大に対する懸念が高まる中、中国の獲得した利益を覆すことを目的とした訪問である。 カンボジアが、シアヌークビル州のタイ湾への主要水路に位置するリアム海軍基地の開発を中国に許可したことで、ワシントンは、中国が領有権を主張する南シナ海付近に北京に新たな拠点を与えることになるのではないかと懸念している。 米国とカンボジアの関係は近年緊張しており、ワシントンは政府による政治的反対派の解体に声高に反対し、中国の影響力拡大を懸念している。 オースティン長官は、カンボジアのフン・マネ首相と、昨年まで40年近く首相を務め、現在は上院議長を務める同国指導者の父フン・セン氏と個別に会談した。また、カンボジアのティー・セイハ国防相とも会談した。 「米国とカンボジアの防衛関係を強化する方法について実質的な話し合いが行われた。さらなる対話を楽しみにしている」とオースティン氏はソーシャルメディアプラットフォームXへの投稿で会談について述べた。 カンボジアメディアは会談の写真を掲載したが、政府は結果についてまだ声明を出していない。 ニューヨーク大学で経済学を学び、ウェストポイントの米陸軍士官学校に通ったフン・マネト氏は、父親のフン・セン氏よりもワシントンと足並みを揃えるだろうと米国は楽観視している。 自称「強権者」のフン・セン氏は、息子が自らのモデルで統治すると述べた。フン・セン氏は、野党が禁止され、多数の政治家が反逆罪や扇動罪で欠席裁判で投獄されるなど、長年にわたる徹底的な取り締まりの中で米国に公然と反抗することで評判を得た。 彼は中国との緊密な関係を主張してきた。中国は、合意に基づいて決定を下す地域ブロックであるASEAN内でのカンボジアの立場に影響を与えようとしてきた。 なぜ米国は今、カンボジアと接近しようとしているのか? 国防総省の報道官パトリック・ライダー少将は、オースティンの協議には、災害支援や国連平和維持活動、地雷除去や不発弾除去に関する軍事訓練交流の再開が含まれていたと述べた。 ライダー少将は、オースティンが米国の軍事教育プログラムを修了したカンボジア人卒業生や、カンボジアを訪問していた米国の陸軍士官学校の士官候補生と交流したと述べた。 中国は、昨年以来、国家および軍の高官の交流の中で、この東南アジアの国との「鉄壁の」友情を強化してきた。 2022年6月に中国が資金を提供するアップグレードが開始される前、リアム基地は米国とカンボジアの合同海軍訓練と演習の場となっていた。カンボジアは2020年10月に米国が建設した施設を破壊した。 12月以来、コルベット艦かフリゲート艦と思われる中国の軍艦2隻がリアムに停泊している。米国の懸念に拍車をかけるように、中国は先月、2024年6月中旬まで続く巡視のためにカンボジアと東ティモールに軍艦2隻を派遣した。 先週、フン・マネット外相は、カンボジアが8月に中国が支援する17億ドルの運河建設を開始すると述べた。この運河は隣国ベトナムとの緊張を引き起こし、中国の軍艦が使用するのではないかとの懸念を引き起こしている。カンボジアはこれらの主張を根拠がないと否定している。 カンボジアの現在の問題は何でしょうか? カンボジアでは、高官、治安部隊、政府とつながりのあるビジネスリーダーによる土地の強制的な立ち退きが日常茶飯事です。 さまざまな特別利益団体の私腹を肥やし、権力を維持する目的で、10年以上にわたって数十万人のカンボジア人から土地が没収されてきました。 信頼できる非政府組織の推定によると、「没収された土地は少なくとも400万ヘクタール(約1,000万エーカー)に及び、77万人が土地収奪によって悪影響を受けた」とパリに本部を置く国際人権連盟(FIDH)は述べています。 出典; reuters.com/world/asia-pacific/us-defense-secretary-visits-cambodia-it-moves-closer-beijing-2024-06-04/ channelnewsasia.com/asia/us-defense-secretary-lloyd-austin-cambodia-boost-ties-china-ally-4385326

小林悟教授:カンボジアの人々は悪の独裁者の支配からどのように復興したのか?

カンボジアは主に何で知られていますか? カンボジアは古代の寺院や遺跡、特に象徴的なアンコール ワットで知られています。この国には、数百万人の死を引き起こしたクメール ルージュ政権など、暗い歴史があります。 カンボジア王国は東南アジア大陸の国です。カンボジアは北西にタイ、北にラオス、東にベトナムと国境を接し、南西はタイランド湾に面しています。 カンボジアの面積は 181,035 平方キロメートル (69,898 平方マイル) で、人口は約 1,700 万人です。首都であり、最も人口の多い都市はプノンペンです。 小林教授はなぜカンボジア人の研究に興味を持ったのでしょうか? 小林教授がアジアに関心を持つようになったのは、1989年、高校3年生のときのことだった。 「その年の4月から6月に中国で天安門事件が起き、『何が現場で起こっていたんだろう』と感じたのがきっかけです。11月にはベルリンの壁が崩壊し、世界がそれまでと大きく変わっていく時代に入ったことを体感しました」 初めて足を踏み入れたカンボジアの自然豊かな地で、質朴な暮らしを営む農民たちの姿に惹かれた小林教授は、大学に戻ってから本格的に同国を研究の対象とすることを決めた。 そして京都大学の博士課程に進んだ1998年に首都プノンペンへ行き、学校で1年半ほどカンボジア語を学んだあと、カンボジア農村での本格的なフィールドワークを開始した。 「フィールドワークの場所に選んだのは、メコン川にもつながっている東南アジア最大の湖、トンレサープ湖にほど近いエリアの農村です。 トンレサープ湖は雨季になると乾季より湖水面積を4倍ぐらい拡大させます。その湖の周期的な拡大と縮小に合わせて暮らしている地域の住民の生活を見てみたかったのです。 ちょうど都市部以外のカンボジア国内の治安が良くなってきたこと、それまで研究者がほとんどその地域の農村に入っていなかったことも、同地を研究対象に選んだ理由でした」 カンボジアではいったい何が起こっていたのでしょうか? 小林教授が入った村には148戸の家があり、900人ほどの住民が暮らしていた。小林教授はその家一軒ずつを訪れ、住民一人ひとりにインタビューをして、何を生計の手段としているのか、いつからここに住んでいるのか、周囲の親族は誰かなど、聞き取り調査を行っていった。 「といってもこちらが話せるカンボジア語は、小学校低学年ぐらいのレベルですから、住民には子ども扱いされるんです。『いったいこいつは何を言ってるんだ?』と笑われたりもしますが、そういう場合も出来るだけへっちゃらな装いを続けて、同じような質問を何度も何度も繰り返す必要があります。そのときの経験から、文化人類学的な調査には対象を精緻に見極める繊細さと同時に、一種の『鈍感力』と『体力』が求められると学生にはよく話しています」 3ヶ月ほどかけてすべての住戸の調査を終えるころには、村落に住む人々のほぼ全員の顔と名前を覚えるとともに、関係性もだいたい把握できるようになった。調査村で小林教授が暮らしたのは、村の有力者の家だった。その家の末息子が当時、日本に国費留学生として滞在しており、それがきっかけとなってフィールドワーク中の衣食住の場所を与えてもらえることになったという。 「滞在中は、ホストの家の広い板の間の部屋の片隅に安物のテーブルと椅子を置かせてもらい、そこでその日に行ったインタビューの内容をノートに清書していました。ところが、その家には当時珍しいビデオデッキとテレビがあったので、近隣の人たちが集まってタイのメロドラマや中国の時代劇の吹き替えビデオ番組を毎晩見てるんです。わいわい言いながらテレビを見てる大勢の人の隣りでノートを取るのも大変だったので、隣の家に住む、ホスト家族のお母さんの妹さんの家に移れたらいいな……と、ある人に相談したら、その人が家のお父さんにそのまま言っちゃったんです」 ホストのお父さんは「せっかく面倒を見てやってるのに、俺の顔を潰す気か」と激怒し、小林教授はいったん逃げるように家を出ていかざるを得なくなった。 「でも1ヶ月ぐらいプノンペンに滞在しているうちに、『やっぱりあの家族にもう一回お世話にならないとダメだ』、と思い返したんです。それで、うまく受け入れてもらえるか不安で、胃痛や下痢に悩まされながらも戻りました。メンツを大切にする文化は、日本でもカンボジアでもどこでも同じだとつくづくわかりました」 再びホストの家で暮らすことになった小林教授は、しばらく食事のたびに「お、今日もうちの飯を食べるのか」とお父さんから小言を頂戴しながらも、ホストの家が仏教儀礼を主宰する度に、甲斐甲斐しく客人を案内したり、配膳を手伝ったりすることで、なんとか関係を再構築したという。 「今でもホストのお父さんは『カンボジアのお父さん』と呼んで、行くたびに挨拶しています。授業で学生にこの話をすると『そんな大変な目に合うこともあるんですか』と引かれますが、そういう人付き合いの苦労のなかでこそ相手の理解が進みます。それはフィールドワークの醍醐味のひとつなんです」と、小林教授は笑いながら振り返る。 ポル・ポトは「理想の社会」を構築するために、現実の人間を機械のような「純粋な労働力」と見なした。その観念に基づき、食料を生産しない都市部の人間は強制的に農村へと移住を強いられ、「新人民」と呼ばれる「下級」の存在とされ、多くが命を失った。そのため、ポル・ポトらが敗走した後の首都プノンペンには、「持ち主が明らかでない土地や建物」が大量に発生した。当時の国内の人々は物質的には等しく貧しかった。でもしたたかな眼を持つ一部の者が、そうした無主の土地や建物を占拠し、住み始めた。先述の小林教授による村落調査のホスト家族も、そうしてプノンペンに家を持つようになった一人であったという。 カンボジアはなぜ有名なのでしょうか? カンボジアは、建造物を国のシンボルや国旗に使用している地球上で唯一の国です。アンコール ワットはユネスコの世界遺産であり、カンボジアを訪れる多くの旅行者の原動力となることがよくあります。 この美しい遺跡はかつて古代クメール王国の中心地であり、1,000 年経った今でも息を呑むほど美しい場所であり、世界的な名声に十分値します。 カンボジアの食事がおいしい理由のひとつは、カンボジアの相対的貧困と、食事の準備における「洗練さ」の欠如にあるかもしれない。ここでは東京のような加工食品はほとんどなく、ましてや超加工食品などない。野菜を食べるなら、それはおそらく前日に畑から来たものであり、魚は海から、肉は肉屋から来たものだ。 その結果、地元の食べ物がおいしい(そして今では豊富である)にもかかわらず、カンボジアの肥満率は約4%で、地球上で最も低い水準の1つとなっている。そして、それは見てわかる。カンボジアの人は皆、ほっそりとしていて健康的だ。 カンボジアの何が特別なのでしょうか? 対照的に、若くて積極的なカンボジアでは、パンデミック前の10年間、一人当たりGDPが年間7パーセント増加し、現在ではその軌道に戻りつつあるようだ。 それが人々を心から笑顔にさせる。今年はどんなに大変でも、来年、再来年には生活がより良くなり、子供たちにとってさらに良くなると思えば、希望を持って世界を見ることができる。朝、目的意識を持って起きる。カンボジアでは生活が改善される。 カンボジアには日本にとっての教訓があるだろうか? あるかもしれないし、ないかもしれない。西洋のクメール・ルージュが数年間続き、目覚めたような新マルクス主義が破滅的だと教えられて、良識に戻ることは本当に望んでいないが、おそらくこれは何らかの形で避けられないことだろう。 出典; 京都大学 東南アジア地域研究研究所

ジョサファット・テツコ教授; インドネシアの若者は人生において野心を持たなければなりません!

多くのインドネシア人は海外で働いています。 家事手伝い、工場労働者、そして最高レベルまで。 海外で働くインドネシアのディアスポラと天才科学者は、少数ではあるが、人類への貢献により、インドネシアの若者が人生の目標を持つようになります。 尊敬されるインドネシア人の1人は、千葉大学のジョサファト・テトゥコ・スリ・スマンティョ 博士です。 彼は、気象用の小型衛星デバイスから、民間車両、カーナビゲーション用の軍用および自律型センサーで一般的に使用される薄型アンテナドローンまで、多数の著作権で保護された特許を所有しています。 ジョシャパット教授は、ほぼ無制限の研究資金を利用できる、日本の大学で唯一の外国人教授でもあります。 トヨタ自動車が彼の特許技術を使用する権利を適用しているとき、人類への彼の貢献はインドネシアのメディアによって知られていました。 ジョシュ教授は同僚から日本国民になるよう提案されましたが、インドネシアのパスポートを保持することを好みます。 彼はイネス・インドレスワリ・スカント(バンドン工科大学の講師)と結婚しており、彼らには子供、すなわちヨハネス「MD」パンディート・パンジ・ヘルデントがいます。 彼は妻が千葉大学の学生だったときに会った。 彼らはまた、インドネシアの研究、教育、美術の世界を前進させるために、パンディトパンジ財団(PPF)と呼ばれる社会文化財団を設立しました。 余暇には、ジョシュ教授は古代の地図だけでなく、さまざまな言語の辞書を収集する趣味を持っています。 彼は休暇を家族と一緒に旅行し、世界中のさまざまな湖や海でシュノーケリングをします。 彼の趣味は、自転車に乗って民族料理を味見することです。 なぜ衛星画像とレーダーシステムが彼の主な関心事になるのですか? 幼少期、ジョサファト教授の父親はインドネシア空軍基地のスタッフとして働いています。 4歳で、彼は父親の事務所に招待されました。 彼はしばしば軍事本部を視察し、さまざまな航空機技術を見、レーダーシステムに恋をしました。 2005年4月1日から2013年3月31日まで、千葉大学環境リモートセンシングセンターのジョサファトマイクロ波リモートセンシング研究所(JMRSL)の准教授およびヘッドとして、アンテナ研究で伊藤浩一教授に加わりました。 2013年4月1日まで、ジョシュは、日本の千葉大学で正教授(教授、常勤スタッフ)として、また国内外のさまざまな大学で客員教授/講師を務めています。 ジョサファット教授の幼少期は非常に控えめです。 彼はカルタスラのイスラム幼稚園で正式な教育を開始し、常にジャワ島中部のソロ市にある地元の公立学校に入学しました。 次に、ジョサファット教授は日本の金沢大学でコンピューター工学と電気工学の工学士号と工学修士号を取得しました。 1995年と1997年の彼の授業料には、インドネシア科学技術人材開発プログラム(STMDP)II奨学金または学士号(BJ。ハビビ大統領時代の奨学金)と修士号、レーダーシステム、およびPh。 D. 。 2002年、千葉大学大学院理工学研究科の人工システム科学の分野。 また、博士課程で岡本国際奨学財団、佐藤国際奨学財団、あつみ国際交流財団 から奨学金を受けました。 誇りを持って卒業した後、彼の研究はイスラエルの多くの投資家と政府機関、公開企業、および関連する防衛産業を引き付けます。 ただし、ジョサファット教授は、民間の目的と平和的手段に適用される衛星画像研究のみを適用したいと考えています。 ジョサファト教授は、東京の千葉大学を選びます。 彼は千葉大学が成田空港(東京国際空港)に近いことを好み、世界中を簡単に旅行してインドネシアに戻ることができます。 ジョサファト教授は、マレーシア、韓国のいくつかの大学、インドネシアの大学のゲスト講師としても尊敬されていました。 Asiaji.comのスポンサーの1人は、2007年にジョグジャカルタで開催されたセミナーに参加していました。当時の彼の発見は、ドローンや小型衛星用の円偏光合成開口、および3次元天気予報レーダーです。 インドネシアの先駆的なエンジニアであり、故大統領であるハビビエ氏と比較して、ジョシャパット教授は、インドネシアのメディアとテレビでより高い成果をあげましたが、報道は最小限でした。 ジョサファト教授はセミナーで、公共メディアや大学で講義をすることは社会への貢献の一つであると述べました。 彼はまた、奨学金を受けるインドネシア人全員が社会に貢献することを望んでいます。 若い世代が人生で成功する機会を持たずに生きているのを見たとき、彼は悲しく感じます。 彼は、すべての人間には機能があり、その機能を発見することが人生の目標であると信じています。 これまで、ジョサファト教授は、バンドン工科大学のリモートセンシングセンター部(CRS)の責任者、インドネシア大学の非常勤教授、ウダヤナ大学の客員教授、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の客員教授でもあります。 【特許】 Mobile Satellite Communication Antenna. Japan patent No. 2003-014301, 23 January 2003. Related News: Nikkan Kogyo Newspaper (14 March 2003), […]