Tag Archives: タイ

タイ、ニューヨークのメトロポリタン美術館から返還された密輸された1000年前の彫像を歓迎

米国ニューヨークのメトロポリタン美術館は、2023年12月、東南アジアで巨大な古美術品密売ネットワークを運営していたとされる英国の美術商兼収集家の故ダグラス・ラッチフォードと関連があるとされる10点以上の遺物をタイとカンボジアに返還すると発表した。 ダグラス・ラッチフォードは、略奪したカンボジアの古美術品を国際美術市場で売る長期計画を画策したとして、2019年に米国で起訴された。ダグラス・ラッチフォードは翌年亡くなり、密輸への関与を否定した。 これらの遺物、すなわち「立つシヴァ」または「黄金の少年」と呼ばれる背の高いブロンズ像と「ひざまずく女性」と呼ばれる小さめの彫刻は、シュリーヴィジャヤ・チャンパ王国時代の約1,000年前のものだと考えられている。 この最新の美術品返還は、アメリカやヨーロッパの多くの美術館が、何世紀にもわたる植民地時代や混乱期にアジア、アフリカ、その他の地域から略奪された品々を含むコレクションに取り組んでいる中で行われた。 メトロポリタン美術館のアジアおよび東南アジア美術担当学芸員ジョン・ガイ氏は、火曜日の式典で、返還された作品をその時代の「比類のない傑作」と呼び、この返還は「世界文化におけるタイの美術の重要性を認識する非常に意義深い瞬間」だと述べた。 「メトロポリタン美術館は情報を検討し、作品がタイ王国に正当に属することを確認した後、これら2つの品物の返還を開始した」と同氏は述べた。 「この返還は、メトロポリタン美術館の昨年の文化財イニシアチブの開始に続くもので、これはメトロポリタン美術館の責任ある古美術品収集と世界の文化遺産の共同管理への取り組みによって推進されたイニシアチブである」とガイ氏はバンコクで聴衆に語った。 タイ文化大臣スダワン・ワンスパキコソル氏は、品々の返還に同国として感謝の意を表した。 「タイがメトロポリタン美術館から受け取ったこれらの工芸品は、すべてのタイ人の国家財産です」と彼女は語った。 先月、メトロポリタン美術館はニューヨークでタイと覚書を締結し、「芸術、専門知識、タイの芸術の展示と研究の交換で協力するという共通の約束を正式に表明しました。」 声明ではまた、美術館が最近、文化財とその入手方法という物議を醸す問題に取り組んだと説明している。 その対策には、「コレクション内の作品を重点的に調査すること、美術館ですでにこの作業を行っている多くの研究者や学芸員に加わる来歴研究者を雇うこと、スタッフと理事をさらに関与させること、メトロポリタン美術館のプラットフォームを使用してこのトピックに関する公の議論を支援し貢献すること」が含まれると述べた。 なぜ今になって返還されたのか? 近年、米国から英国、オーストラリア、ヨーロッパに至るまで、西側諸国の博物館に対し、東南アジア諸国などの紛争地域から略奪されたとされる遺物を返還するよう求める声が高まっている。 米国の検察官によると、多くの西側諸国の人々が、同国の抑圧的な政権下で大手オークションハウスや博物館に東南アジアの遺物を供給し始め、時には違法に入手されたという事実を隠すために品物の出所を偽造していたという。 タイ北東部ブリーラム県に住む女性は、約50年前にサツマイモを掘っているときに、ヒンドゥー教のシヴァ神を象徴すると考えられている黄金の少年像を発見したと主張している。この像はクメール王ジャヤヴァルマン6世を象徴すると考えられている。彼女は、この像を地元の警察署に持ち込んだところ、警官にバンコクに連れて行かれ、外国人に120万バーツ(約3万3000ドル)で売られたと述べている。 1988年にニューヨークのメトロポリタン美術館のコレクションに黄金の少年像が追加された際、同美術館は「間違いなく当館のコレクションに贈られた東南アジアの彫刻の中で最も重要な贈り物」と評した。 12月、ニューヨークのメトロポリタン美術館は、黄金の少年像とひざまずく女性像をタイに返還し、カンボジアに14点の遺物(座像観音菩薩の金属彫刻と7世紀の石仏の頭を含む)を返還すると発表した。 これらの作品は、1970年代から世界中のオークションハウスや博物館に略奪されたカンボジアの古美術品を密売し販売したとして2019年に起訴された故美術商ダグラス・ラッチフォードに関連するものだった。 ラッチフォードは2020年に亡くなるまで密輸への関与を否定していたが、昨年、娘が盗まれたカンボジアの工芸品で利益を得たとして同氏が訴えられている民事訴訟で和解するため、遺産から1200万ドルを没収することに同意した。 「ニューヨークのメトロポリタン美術館は、コレクション内の品物に関するあらゆる新情報を歓迎し、非常に真剣に受け止め、適切な解決策を模索することに専心しています」と、ニューヨークのメトロポリタン美術館の代表者は述べている。同美術館は以前、古代遺跡から持ち出されたものであることを認めた後、ネパールとインドに工芸品を返還している。 出典; Jerry Harmer, The Associated Press khaosodenglish.com/news/2024/05/20/discoverer-of-golden-boy-regrets-damage-to-historic-sculpture/

タイの歴史年表。

歴史的にはシャム (1939 年までの正式名) としても知られるタイ王国は、東南アジアのインドシナ半島にある国です。 タイ王国の人口は約 7,000 万人で、面積は 513,120 平方キロメートル (198,120 平方マイル) です。 タイは北西にミャンマー、北東にラオス、南東にカンボジア、南にタイ湾とマレーシア、南西にアンダマン海と国境を接しています。 また、南東はベトナム、南西はインドネシアおよびインドと海上国境を接しています。 バンコクは国の首都であり最大の都市です。 タイは世界情勢の中大国であり、ASEAN 創設メンバーであり、人間開発指数では非常に高い位置にあります。 東南アジアで2番目、PPPベースでは世界で23番目の経済大国であり、一人当たりの名目GDPでは91位にランクされています。 タイは新興工業経済に分類され、製造業、農業、観光が主要部門となっています。 西暦7~10年; モン族のものと考えられるヒンズー教と仏教のドヴァラヴァティ文化が優勢です。 西暦10年から14年; タイ南部は主にモン・ラヴォ王国によって統治されていますが、隣接するクメール帝国の影響力も高まっています。 (現在のカンボジア)。 現代のタイ民族の前身であるタイ族は、この地域に南下し始めました。 西暦1238年から1448年; タイ語を話すスコータイ王国はその支配をさらに南に拡大し、現代のタイの大部分を支配するようになりましたが、南部のライバルであるタイのアユタヤ王国に侵食されました。 西暦1350年から1767年; アユタヤ王国は徐々にタイを支配下に置き、東南アジアの大国となる。 1600 年頃にはその最大の範囲が広がり、現在のカンボジア、ラオス、ビルマの一部を支配しました。 西暦 1448 年; ラメスアン王はアユタヤとスコータイに個人的な同盟を結びました。 西暦1590年から1605年; ナレスアンの治世。 アユタヤの最も偉大な王とみなされている彼は、ビルマの君主時代に終止符を打ち、カンボジアとビルマ南部の一部を短期間征服しました。 西暦 1767 年; 侵攻したビルマ軍が首都アユタヤを略奪し、王国に終焉をもたらした。