Tag Archives: マレーシア

「チャルオイ」または「ラグワームオムレツ」は、ハノイの人々が寒い季節に好むおかずです。

長い海岸線を持つベトナムは、魚やエビからイカやカニまで、豊富なシーフードの選択肢に恵まれています。そのため、ベトナムのシーフード料理は、あらゆる味覚を満足させる素晴らしい選択肢を提供します。 「チャルオイ」または「ラグワームオムレツ」は、ハノイの人々が寒い季節に好むおかずです。 中国南部の稲作地域では、これらのワームは水田から収穫され、しばしば卵で調理されます。 晩秋から初冬にかけて肌寒くなる時期に、ハノイの人々が楽しみにしている一品は「チャルオイ」(ラグワームオムレツ)です。 季節の「チャルオイ」料理は、卵とラグワームまたはパロロワームで作られています。 ワームの両方のビーチリビングは、ベトナム北部で晩秋から初冬の間に通常収穫される一種の海のワームです。 ラグワームは通常、ハイズオンとクアンニンの北部沿岸地域の汽水域、およびハイフォン市で見られます。 ラグワームはお湯に入れて触手を取り除き、豚ひき肉、みかんの皮、ハーブ、卵と混ぜ合わせます。 これをカリカリに揚げます。 ベトナムのハノイにある屋台では、2種類の「チャルオイ」を提供しています。1つはワームの割合が高く、価格は35,000〜200,000 VND(約230〜1035円)で、もう1つは豚肉よりもワームが2万VNDまたは 約100円。   出典; vnexpress.net/news/travel/food/don-t-be-squeamish-it-s-delish-ragworm-omelet-in-chilly-hanoi

なぜチェンドルは東南アジアで人気のデザートなのでしょうか?

チェンドルは東南アジア全域で広く人気があります。現在、チェンドルは氷と一緒に出されるのが一般的ですが、これは氷が昼食や午後のおやつにデザートとして簡単に手に入るようになったときに発展したのかもしれません。 チェンドルは、パンダン風味の緑色の米粉ゼリー、ココナッツミルク、パームシュガーシロップが入った冷たい甘いデザートです。東南アジアでよく見られ、インドネシア、マレーシア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、ラオス、ベトナム、タイ、シンガポール、フィリピン、ミャンマーで人気があります。緑色のゼリーの隣に、さいの目に切ったジャックフルーツ、甘い小豆、ドリアンなどの追加のトッピングを追加することもできます。 チェンドルは 19 世紀にジャワの貿易商によってマレーシアに持ち込まれ、それ以来マレーシア料理の定番デザートになりました。チェンドルはランチタイムと午後に販売されることが多いです。チェンドルはマレーシア、特にペナンでも人気の屋台の食べ物です。 中国系シンガポールやオランダの食材の影響により、バニラアイスクリームを添えたり、ドリアンをトッピングしたチェンドルなど、チェンドルのさまざまなバリエーションが生まれました。インドネシアの最近のもう 1 つのバリエーションは、チェンドルとコーヒー ラテをミックスしたチェンドル ラテです。 チェンドルの起源はどこですか? チェンドルを作る際には、米粉を緑色の染料で加工し、特殊な道具を使って成形して粒子を形成します。着色料は元々はパンダンの葉から抽出した天然色素を使用していましたが、現在では人工着色料が使用されています。 チェンドルという言葉について知られている中で最も古い記録の 1 つは、1866 年の東インド諸島のクックブック (東インド諸島のレシピ本) に記載されています。この本には、「ダウェトのチェンドル」というタイトルのチェンドルのレシピが含まれており、チェンドルとダウェトが当時すでに同義語として使用されていたことがわかります。 Jan Pijnappel (Gz.) による辞書 Supplement op het Maleisch-Nederduitsch Woordenboek (1869) では、チェンドルはサゴ、ココナッツ ミルク、砂糖、塩から作られる一種の飲み物または水っぽいペーストとして説明されています。 チェンドルまたはダウェットとしても知られるチェンドルは、インドネシアのジャワ島発祥のデザートで、1814 年から 1823 年にかけてインドネシア中部ジャワ島のスラカルタで作成された料理レシピと辞書である 19 世紀初頭のジャワ語の「セラット チェンティーニ」の写本に記録されています。 インドネシアとオランダの学者は、チェンドルとダウェートの甘い飲み物は、12世紀頃のジャワのクディリ王国のクレスナヤナ写本に記録されている可能性があると示唆しています。ジャワでは、ダウェートはチェンドルの緑色のゼリーの調合物全体を指し、通常はアレンサゴまたは米粉、ココナッツミルク、液体のグラジャワ(パームシュガーシロップ)から作られています。 インドネシアの歴史家は、サゴまたは米粉は古代ジャワの稲作社会で甘い飲み物の材料として使用されていた可能性があると主張しています。確かに、チェンドルゼリーとそのバリエーションは農村の農産物であり、今でもジャワの村で伝統的に生産されています。 中部ジャワのバンジャルネガラでは、ダウェートは伝統的に氷なしで提供されます。しかし、今日では、このデザートドリンクにさらに氷やかき氷が追加されるのが一般的です。 チェンドルはどのようにして最初に開発されましたか? しかし、チェンドルは現代のトッピングで国ごとに異なる形で開発されました。ジャワ(インドネシア)では、チェンドルは緑色の「ココナッツミルクで提供されるパンダンゼリー」のみを指し、パンダナスの葉やジャックフルーツのかけらが加えられることもあります。 一方、西スマトラ(インドネシア)では、チェンドル(シンドゥア)は緑と赤の2色です。赤いチェンドルはサゴヤシの粉と米粉から作られ、その後、ガンビア樹液から食品着色料が加えられます。これは、甘くした小豆やスイートコーンなど、さまざまな材料が混ぜられるマレーシアやシンガポールのチェンドルとは異なります。 ジャワの伝統では、ダウェートまたはチェンドルはもともと伝統的なジャワの結婚式の一部として提供されていました。ドドル・ダウェート(ジャワ語で「ダウェートを売る」)は、結婚式の前日のミドダレニの儀式で行われます。シラマンのブライダルシャワーの後、両親は出席しているゲストや親戚にダウェートを販売します。ゲストは、家族の収入の象徴として花嫁に贈られるテラコッタのコインを使ってダウェトを支払いました。 チェンドルの象徴的な意味は、明日の結婚式に「売られているチェンドルゼリーと同じくらい」多くのゲストが出席することを両親が願うことでした。オランダ領東インド諸島のジャワでは、1935年頃の古い写真に見られるように、ピクラン(バランス棒で運ばれるバスケット)を使用するダウェトの露天商がジャワの都市でよく見られます。 チェンドルのレシピは特許を取得していますか? インドネシアでは、チェンドル作りの5つの伝統がインドネシア教育文化省によって無形文化遺産として認められています。2010年と2018年には、3つのダウェト(ジャワ版チェンドル)の伝統が認められ、すべてジョグジャカルタ州に登録されています。それらは、ダウェト、ダウェトカムカウ、ダウェトサンベルです。エスチェンドルは2016年に西ジャワ州に登録され、チェンドルは2020年にリアウ諸島州に登録されました。チェンドルはマレーシア国家遺産局によってマレーシアの伝統食品として宣言されています。 出典;  

センドールはスンダ族というインドネシアの伝説飲み物何ですか?

センドールは、かつてハンクウェの小麦粉から作られた典型的なスンダの飲み物ですが、現在は米粉から作られており、すりおろした氷、液体黒糖、ココナッツミルクが添えられています。 この飲み物の味は甘くておいしいです。スンダの地域では、この飲み物はセンドルとして知られていますが、中部ジャワではアイスドウェートとして知られています。 「cendol」という用語はおそらくスンダ語、ジャワ語、およびインドネシア語で見られる「jendol」という語に由来するとのインドネシア社会での一般的な信念の高まり。これは、Cendol Iceを飲むときにCendol粒が口を通過するときに感じるこぶの感覚を指します。 米粉は緑色に着色されて処理され、特殊なフィルターで印刷されるため、ブリランの形になります。最初に使用された染料はパンダンの葉からの天然染料でしたが、現在は人工的な食品着色料が使用されています。 スンダでは、最後に尖った丸い楕円形になるように、ドルの葉で染めた蒸し米粉をふるいでふるいにかけることにより、センドルが作られています。スンダでは、飲酒センターは「ニエンドル」と呼ばれています。 この飲み物は通常、デザートまたはスナックとして提供されます。日中に適切に提供されます。 センドール氷はスンダ、つまりバンドンから来ていますが、エスダウェトはジャワの土地、つまりバンジャルネガラから始まります。 もう1つの違いは、センドルアイスの基本成分はハンクウェト粉から作られ、ダウトアイスの基本成分は米粉またはもち米粉から作られたことです。 Dawet Jepara クウェト ジェパラは、ヤシ糖サゴ粉を使用しています。 一方、ジェパラ以外の地域のダウエトは米粉またはもち米を使用しています。センドールは、ハンクウェ粉から作られた西ジャワの典型的な飲み物です。 出典;  

パペダは、インドネシア東部の人々の主食の 1 つです。

今日のように米が一般に知られるようになる前は、サゴはインドネシアの人々の主食でした。 サゴは、インドネシア西部、オーストラリア、およびポリネシアの文化の西部で食品として知られており、パペダ、一種のお粥、または乾燥したパンなどの他の準備の形で食べられます。 サゴの木は自分で成長し、肥料を必要としません。 サゴの木はタンパク質が豊富なサゴイモムシがよく食べ、揚げて副菜としても利用されます。 パペダには抗酸化物質も含まれています。 米の代わりにパペダの定番食品、 インドネシアのパプア人からの食べ物  パペダは、このように処理され、貯水池でろ過され、数時間放置された後、浸された水が除去されたサゴの茎の主食です。浸した水がなくなると、白いサゴの塊を詰める準備ができているのがわかります。 パッケージもシンプルで、サゴ椰子の木の中肋と葉だけを使って横に織り、サゴが楕円形になることもあり、パッケージの形を調整します。木のサイズとサゴの幹によっては、サゴの木が5〜10個のパッケージを生成する場合があります。 パペダを摂取することで、誰でも素早く自然に食べることができます。 木の幹から約2時間で家族4人が食べられるパペダが出来上がります。 パペダは、ねばねばしたサゴ粥の形をした食品です。 パペダは、マルク、パプア、ポリネシアの人々の典型的な伝統的な食べ物です。 パペダは通常、ターメリックで味付けしたマグロと一緒に出されます。 パペダは白く、接着剤に似た粘り気のある食感で、淡白な味がします。 パペダは、繊維が豊富で、コレステロールが少なく、砂糖が少なく、非常に栄養価の高い食品です。   インドネシアのスマトラ島では、サゴ粉をココナツミルクスープでラーメン風にした「ミーラクサ」と呼ばれています。 ミラクサの味は、日本のそばラーメンによく似ています。 サゴ自体は、バルク粉として販売されているか、圧縮されてバナナの葉に詰められています. また、現在サゴは乾麺や焼き菓子、ゼリーなどにも加工されています。 料理のレシピでは、比較的入手が難しいサゴ粉をタピオカ粉に置き換えることが多いため、2つの粉が異なっていても名前が入れ替わることがよくあります。 炭水化物の供給源として、サゴは湿地帯で生産され、野生 (茅葺きの自然生息地) で育つという点で独特です。 地元のコミュニティは、それらを植えたり世話をしたりする必要はありませんでした。 地元の人々は、サゴの木を掃除して粉砕するだけで、サゴでんぷんを得ることができます。 この状態は、経済的には不利ですが(複雑な流通)、生態学的には独自の利点があります。 サゴを他のさまざまな材料で調理したり、油を加えたり、揚げたりすると、もちろんカロリー数は高くなります。100 グラムの乾燥サゴは 355 カロリーに相当します。 平均して 94 グラムの炭水化物、0.2 グラムのタンパク質、0.5 グラムの繊維、10 mg のカルシウム、1.2 mg の鉄、および非常に少量の脂肪、カロチン、チアミン、アスコルビン酸が含まれています。 サゴが満腹している間は、栄養もタンパク質もほとんどありません。サゴの食べ過ぎによる悪影響の 1 つは、消化器疾患です。 たとえば、鼓腸と便秘。 インドネシアの黒人はサゴやサツマイモを食べるのが大好きです 一部の地域では、 もはやサゴの葉を使用するのではなく、ミニにカットして縫い付けたプラスチック製の米袋を使用しています。 そのため、サゴの袋の重量は最大5kgになります。 パペダはマルクとパプアに典型的なサゴのお粥の形をした食べ物で、通常はウコンで味付けしたマグロやムバラの魚と一緒に出されます。 ここでサゴサゴの価格は約ルピアです。 50,000、-ルピアまで。 80,000、-サゴの定番が十分に生産されていない場合、別名サゴは不足しています。 経済的なワンミールパッケージが必要な場合は、500〜10000ルピアの価格でカットしてプラスチックで包んだサゴを手に入れることができます。これは非常に経済的ですよね? プロセスも非常に簡単です。最初にサゴを水(多くの水ではない)と混合し、厚くして「入手」しやすくします。 次に、水を沸騰させます。少し作りたい場合は、水のサイズはバケツの半分の水です。 水が沸騰したら、水に浸したサゴをもう一度かき混ぜ、沸騰したお湯をゆっくりとサゴ盆地に注ぐことを忘れないでください。 次に、しばらく立って、サゴをパペダに変えます。 […]

ケトプラックはというインドネシア料理何ですか?

ケトプラックは、簡単に見つけられる菱形を使用した典型的なインドネシア料理の一種です。 通常、ダイヤモンドは通りや歩道でベビーカーを使用して行商されます。 主な材料は豆腐、春雨、キュウリ、もやしで、ピーナッツソース、甘い醤油、揚げたエシャロットをふりかけたゆで卵も使用できます。 ケトプラクには、1日に摂取するのに十分な炭水化物、糖分、タンパク質が含まれています。 ケトプラク食品を作ったのは誰ですか? 当初、無名の巡回屋台の売り手が、売れるように新しくて違う食べ物を作ろうとしました。 彼は、春雨、豆腐、ケトゥパットにスパイスをまぶした料理を組み合わせます。 料理を皿に盛り付け終わった後、手が滑って作った料理が落ちて割れてしまった。 落ちた皿は「ケトプラン」という音を立てた。 したがって、この食品はケトプラクと名付けられました。 ケトプラクという名前は、餅と緑豆の頭文字をとったものだと言う人もいます。 ケトプラクはどのように作られるのですか? ケトプラクの主な材料は、豆腐、ケトゥパットまたはロントン餅、春雨、キュウリ、もやしです。 ゆで卵を加えることもできます。 主な材料に、ピーナッツソース、甜麺醤、エビペースト、揚げエシャロットをふりかけます。 ケトプラクには、追加のクラッカーまたは「メリンジョ」チップを添えることもできます。 一部のバージョンにはコンポーネントとしてテンペも含まれています。 ケトプラクの加工に使用する道具は難しくなく、乳棒とナイフだけが必要です。 ケトプラクとガドガドの違いは何ですか? ガドガドとコタプラクの違い。 ケトプラクには追加のコーン麺が入っていますが、ガドガドには麺が入っていません。 ガドガドの調味料は調理されていて水っぽくなりますが、ケトプラクのピーナッツソースは調理されずに粉砕されています。 ケトプラクには野菜の種類はそれほど多くありませんが、ガドガドにはたくさんのトッピングがあります。 ケトプラクをいつどこで食べるのが良いですか? ケトプラクはケトゥパットを主原料とするインドネシアの代表的な食べ物です。 通常、ケトプラクは路上または露店で手押し車を使って販売されます。 この典型的な食べ物は、西ジャワ州のジャデタベック地域とチルボン市でよく見られます。 ケトプラクは通常、朝の朝食または午後の遅めの昼食に食べられます。 追加のクラッカーまたはチップス・メリンジョを添えることもできます。 一部のバージョンには、テンペがコンポーネントとして含まれています。 ケトプラックを処理するために使用されるツールは難しくありません、あなたはただ押してナイフを打つだけです。 出典;  

ガドガドがどのようにしてソーシャルメディアでインドネシアの人気サラダになるのか。

ガドガドは、インドネシア産の野菜の一種で、ピーナッツソースまたはピーナッツソースと一緒に煮て混ぜたもので、卵のスライスでマッシュしたものです。 ガドガドでたジャガイモをピーナッツソースと一緒に調理した後、揚げ玉ねぎをトッピングします。 少し揚げたチップまたはクラッカー(一部はエビのクラッカーを使用しています)も追加されます。 ジャカルタ市文化局の調査によるガドガドの歴史によると、ガドガドは18世紀にジャカルタに住んでいたポルトガルの貿易商の子孫であるトゥグ村の人々に由来すると言われています。 当初、17世紀には、ブルーカラー労働者として雇われるためにオランダ人によってインドネシアに連れてこられたヨーロッパからの多くのポルトガル人がいました. その後、彼らは政府によって、ポートトゥグイセという言葉に由来するカンポン「トゥグ」と呼ばれる独自の村を設立することを許可されました。 この村では、ポルトガルの文化と独自の料理メニューが今も保存されており、その 1 つがガドガドです。 ポルトガル語の「ガドゥ」が語源で、混合食品を意味します。 その後、これらのポルトガル人の子孫は、数世代にわたり、バタビア市、または今日ジャカルタとして知られている都市の居住者になりました。 日本のサラダ食品とは異なり、インドネシアのピーナッツソースにはMSG香料は使用されていません。 ガドガドは、インドネシアのほぼすべての地域で広く販売されている人気のストリート フードで、各都市には独自のトッピングとソースのバリエーションがあります。 ガドガドは、インドネシアの屋台、屋台 (ワルン)、レストラン、ホテルでも入手できます。 世界中のインドネシア風レストランでも提供されています。 すべてのインドネシア人が辛い食べ物を好むわけではないので、通常、店主は含まれる唐辛子の量に対応しています. ただし、特にインドネシアの西部では、ガドガドソースは事前に大量に準備されることがよくあります. ガドガドソースは乾燥した状態でも入手でき、熱湯を加えて簡単に戻すことができます。 ガドガドはもともとスンダ料理であると考えられており、ジャワ島の西部 (ジャカルタ、バンテン、西ジャワ州を含む) で最も一般的です。 中部ジャワに住むジャワ人は、中部および東部ジャワでより普及しているペセルと呼ばれるピーナッツソースの野菜料理に少し似た独自のバージョンを持っています. 慣習的にサラダと呼ばれていますが、ピーナッツソースは、洋風サラダのドレッシングよりもガドガドの成分が多くなっています。 野菜はそれでよくコーティングされている必要があります。   ガドガドはどのようにしてソーシャルメディアでインドネシアの人気サラダになったのでしょうか? 西洋人も日本人も、トーストに塗ったピーナッツジャムが大好きでした。 しかし、西洋人や日本人がバリ島で休暇をとり、地元の屋台の食べ物を食べると、ピーナッツジャムはインドネシアで洗練されたピーナッツソースに比べれば何でもないことに気づきます。 インドネシアの食事は、ピーナッツソースのレシピごとに、さまざまな食材から得られる絶妙な味のバランスを持っています。 揚げピーナッツ、グラジャワ(パームシュガー)、ニンニク、エシャロット、生姜、タマリンドジュース、レモン汁、レモングラス、塩、唐辛子、コショウ、甜麺醤を一緒にすりつぶし、水と混ぜて適切な食感を得る。 おいしいピーナッツソースの秘訣は「濃すぎず、水っぽすぎない」こと。 インドネシアのピーナッツソースは、タイのピーナッツソースよりも甘くない傾向があります(これはハイブリッドな適応です)。 ガドガドはインドネシア全土でピーナッツソースと一緒に食べられており、甘味、スパイシー、酸味の絶妙なバランスが特徴です。 多くの人がインスタグラムやユーチューブを利用しているため、ピーナッツソースがかかったインドネシアのガドガドは好奇心と人気を集めています。   ガドガドは、スパイス/ピーナッツソースのサラダのように食べることができますが、白いご飯と一緒に食べることもできます。 緑の野菜をレタス、キャベツ、カリフラワー、インゲン、もやしなどの小片にスライスします ニンジンやキュウリなどの他の野菜 トマト スライスしたゆでたジャガイモ ゆで卵 テンペ それを知っている コーンピピル ゆで卵とポテトを除き、使用される野菜は通常生のままです。キャベツやカリフラワーのような野菜もお湯で沸くことがありますが。時々熱い蒸気で調理される野菜もあります。 出典;  

インドネシアのお握りが、アレムアリームという名前です。

アレムアレムの場合、具材は揚げチリソースが一般的です。 伝統的に、アレムアレムには、天然の保存料として、甘くてスパイシーな肉、塩漬けの魚、またはその他の塩味またはスパイシーな材料が詰められます。 持ち歩きやすく、手で食べやすいことから、古くから今に至るまでお弁当やお弁当の食材として使われてきました。 当初、アレムアレムは残った米の使用と保存方法として使用されていましたが、後に一般的な食品になりました。 インドネシアのジャワ島の多くのコンビニエンス ストアやスーパーマーケットでは、さまざまな詰め物や味のアレムアレムが提供されています。 アレムアレム料理は非常に一般的になり、レストランでも提供されています。 アレムアレムはジャワ島特有の伝統的なスナックで、中部ジャワ、東ジャワ、ジョグジャカルタ特別地域で人気があります。 通常は朝食の代わりとして食べられ、ジャワの人々に人気のある市場の軽食でもあります。 このスナックは中部ジャワのケブメンリージェンシーから来ています。 アレムアリームはレンパーに似たスナックで、野菜を入れたご飯またはバナナの葉で包んだ揚げ唐辛子です。 アレムアリームは朝食の代替品として人気があります。 通常、サイズはレンパーよりも大きくなります。 アレムアリームは、多くのジョグジャカルタ、ソロ、ジャワのその他の地域でも見られるケブメン市特有のスナックです。 その製造において、通常は最初にチリソースで揚げられたアリームアリームの内容物。 さらに、炊いたご飯は半炊きです。 半分に炊いたご飯を平らな面に並べ、中身を上にのせ、ご飯と一緒に巻く。 次に、ロールをバナナの葉で包み、調理するまで蒸します。 バナナの葉に包まれる前に、薄いオムレツでライスロールを包むバリエーションがあります。 2~3日前に作っておいたアレムアレムは、冷凍庫に保管しておくことも、夜に冷凍庫から取り出すことも可能です。 おいしょうから、食べてください 出典; kompas.com/food/read/2020/12/12/151300275/resep-arem-arem-dari-nasi-sisa-bentuknya-mirip-lemper

ジェンコル豆とは何ですか?

ジェンコルは東南アジアやインドの独特な食べ物です。 ジェンコルは一部の人にとっては非常においしいと認識されていますが、その臭いのために多くの人に避けられています。 ジェンコル豆には、免疫システムを改善できる活性化合物が含まれています。 感染症と闘い、全身の健康を維持し、病気に対する体の抵抗力を高めます。 栄養面では、ジェンコル豆にはビタミン、ジェンコル酸、ミネラル、繊維が豊富に含まれています。 ただし、副作用があるため摂取量は限られています。 マメ科(マメ科)を含むジェンコル。果物はポッドの形をしており、スパイラル形状、ダークバイオレットに押しつぶされています。光沢のある茶色の薄い皮のフルーツシード。ジェンコルは、特に新鮮な野菜として新鮮に食べた場合、消化処理された後、尿に不快な臭いを引き起こす可能性があります。また、ジェンコル植物は高い地下水を吸収する能力があると推定されているため、どこかで水を節約するのに役立ちます。 種は硬く熟した状態ですが、煮沸すると柔らかく柔らかくなり、揚げた後は少し粘土になります。このテクスチャーが人気を呼んでいますが、一部の人々は、より硬くて苦い生の状態で若い種子を消費することも好んでいます。種皮には紫がかった樹液があり、衣類から取り除くのが難しい痕跡が残ります。年をとると、種子の色は黄色に変わり、完全に調理されると最終的に赤または茶色になります。 ジェンコルは、東南アジアで何世紀にもわたって知られ、消費されてきた魔法の果物です。 その強くて独特な匂いに嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんが、ジェンコルには実際に驚くべき健康上の利点が数多くあります。 ジェンコルフルーツはとても食欲をそそる果物の一つであり、それ以外にも多くの利点があるため好まれています。 ジェンコル果実には、炭水化物、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB、リン、カルシウム、アルカロイド、エッセンシャルオイル、ステロイド、配糖体、タンニン、サポニンも豊富に含まれています。 ジェンコルの木は、一次または二次熱帯雨林が伐採されても生き残ることがよくあります。 それ以外の場合、植える距離は10〜15 mです。 この植物は、水はけの良い砂質、ラテライト質、または砂質の粘土質の土壌を好みます。 クローン配布の方法はまだ発見されていません。 自然界では、リス (Callosciurus notatus) が種子を食べ、種子の分布を促進します。 インドネシアではジェンコルの木1本に年間20万円の価値があるそうです。 健康に対するジェンコルの利点 高品質のタンパク質源 ジェンコルは必須アミノ酸が豊富な植物性タンパク質源です。 タンパク質は、筋肉の形成、成長、体組織の維持にとって非常に重要です。 ジェンコルを摂取することで、毎日のタンパク質の必要量を健康的な方法で満たすことができます。 骨の健康を維持する ジェンコルには、健康な骨と歯を維持するために重要な 2 つのミネラルであるカルシウムとリンが含まれています。 ジェンコルを定期的に摂取すると、骨粗鬆症を予防し、最適な骨密度を維持することができます。 消化を助ける ジェンコルに含まれる豊富な繊維は消化機能の改善に役立ちます。 ジェンコルには、タンパク質を分解する酵素パパインも含まれており、消化プロセスを容易にし、便秘を防ぎます。 心臓病のリスクを軽減します ジェンコルには、血中コレステロール値を下げるのに役立つ繊維と植物栄養素が豊富に含まれています。 ジェンコルを定期的に摂取することで、心臓病のリスクを軽減し、心臓血管の健康を維持することができます。 血糖値を調節する ジェンコルは血糖指数が低いため、摂取しても血糖値が急激に上昇することはありません。 そのため、糖尿病の方や血糖値を安定させたい方に最適な食品です。 健康な肌 ジェンコルにはビタミンCと抗酸化物質が含まれており、肌を健康で輝きのある状態に保ちます。 ジェンコルに含まれる栄養素は、炎症を軽減し、傷の治りを早めるのにも役立ちます。 鉄分を補給 ジェンコルには、赤血球の形成を助け、貧血を防ぐのに非常に重要な鉄分が含まれています。 ジェンコルを摂取することで、健康な血液を維持し、鉄欠乏症の症状を回避することができます。 免疫システムを改善します ジェンコルには、免疫システムを改善できる活性化合物が含まれています。 感染症と闘い、全身の健康を維持し、病気に対する体の抵抗力を高めます。 ジェンコルマメというインドネシアの食材は何ですか 香りはバナナに似ていますが、弱いです。しかし、消費後、体は尿、糞、汗を通して刺激臭を発します。これはペタイを消費するよりも厄介であると考えられています。 ジェンコルの種は、ジェンコリズム(ジェンコルの種子中毒)を引き起こす可能性のあるアミノ酸であるジェンコル酸の存在のため、わずかに有毒です。発生する症状には、筋肉のけいれん、痛風、尿閉、急性腎不全などがありますが、これらの症状は主に男性が経験するもので、準備するシードの数に依存しません。各個人は、問題なくジェンコルを摂取できますが、別の機会に腎不全を経験することもあります。 少量のジェンコルを食べると、口臭、汗、糞、尿が出るため、外観上の問題が生じます。 臭いに加えて、ジェンコルは過剰に摂取すると尿道に結晶が蓄積し、これが塊と呼ばれるため、健康を妨げる可能性があります。これは、ジェンコルが高いジェンコラート酸を含み、酸性pHの水に溶解するのが難しいために起こります。 […]

サクサンはスマトラ島のバタック族の伝統的な豚肉のシチューです。

Saksangまたはsa-sangは、バタク人からの風味のあるスパイシーなインドネシア料理です。 豚肉や犬のひき肉(またはまれに水牛肉)を血、ココナッツミルク、スパイスで煮込んだものです。 カフィアライムと月桂樹の葉、コリアンダー、エシャロット、ニンニク、チリペッパー、タイペッパー、レモングラス、ジンジャー、ガランガル、ターメリック、アンダリマン(四川産コショウに似た在来低木の果実)。 サンサン(読み:サクサン)は、北スマトラ島北部のバタク族の肉を使った代表的な料理です。 サクサンは、豚肉、犬の肉、または水牛の肉を細かく刻み、スパイスで味付けして作られます。 サクサン料理は、動物の屠殺からの血(マルゴタ)、または血を使わずに加工された通常のスパイス(ナソマルゴタ)のいずれかを使用して調理されます。 サクサン調味料に含まれるサクサンに使用される香辛料は次のとおりです。 コブミカン、月桂樹の葉、コリアンダー、シャロット、ニンニク、唐辛子、胡椒、レモングラス、生姜、ガランガル、ターメリック、アンダリマン。 サクサンは広く消費されており、バタク族の伝統のなかでよく知られていますが、バタクトバとの関連性が高いです。 サクサンはバタクの結婚祝いで必須の料理であるため、バタクにとって特別な意味があります。 Saksangは、panggang、arsik、daun ubi tumbukとともに、バタク料理に欠かせない料理です。 なぜインドネシアのバタク族の人々にサクサン料理が人気があるのでしょうか? サクサン料理は、屠殺された動物の犠牲に対するバタク族の敬意を表す神聖な料理と考えられています。 肉から内臓まですべてが調理され、グーラッシュと同じ皿に盛り付けられます。 このサクサン料理には豚肉や犬の肉と血が含まれているため、イスラム教では罪深いとされており、禁止されているため、インドネシア人の 85% が豚肉や犬の肉を食べることを許可していません。 通常、伝統的なバタックの結婚式では、イスラム教徒の招待客は典型的なバタック料理の料理やビュッフェの提供から切り離されます。 そのため、多くのバタック族は、他の人がサクサンを食べられないということは、人間の食べ物として自分たちの命を犠牲にした生き物たちに敬意を払っていないことを意味すると信じています。  

なぜ東南アジアでは精米にレスンや乳鉢と乳棒が今でも使われているのでしょうか?

イネは、約 13,500 ~ 8,200 年前に中国で栽培化された草種 Oryza sativa (アジア イネ) の種子であり、アフリカ イネは約 3,000 年前にアフリカで栽培化されました。 米は世界中の多くの文化で一般的なものになっています。米はアジア、ラテンアメリカ、アフリカの一部地域で主要な主食であり、世界人口の半分以上を養っています。 しかし、非効率的な輸送、保管、製粉により、作物のかなりの部分が収穫後に失われる可能性があります。 機械のない伝統的な時代でも、人々は依然として乳鉢と乳棒を使用して、もみ殻とぬかの外側の層を取り除きます。 ジャワ島の古代人はどのようにして籾殻を粉砕して食用の穀物にしたのでしょうか? 田んぼを刈り取るとき、切り取った茎を束ねて(女性の)手のひらほどの大きさの束にしました。 これらの米の束は数日間畑で乾燥させた後、より大きな束に結ばれて米納屋に運ばれました。 米納屋の近くには、杵のついた米ブロックがありました。 家族に米が必要な場合は、小屋から米を取り出し、すぐに使える量だけ米塊に搗きました。 叩いて穀物をほぐし、穂から殻を取り除きました。 次いで、ふるいファンを使用して、製品から殻とふすまを取り除きました。 最後に、籾殻を剥いだお米を別のブロック(の一部)で再度搗き、真っ白に仕上げます。 すり鉢は、籾や穀物を米に加工するための伝統的な道具です。 この乳鉢の機能は、穀物の皮 (殻、ジャワのブラブト) を米から機械的に分離することです。 もみ殻を加工するための東南アジアの伝統的なすり鉢は、長さ約2メートル、幅0.5メートル、深さ約40センチの小さなボートのような形をした木製です。 モルタル自体は実際には単なる凹型の容器で、通常は内側を取り除いた大きな木片で作られています。 加工対象の穀物を穴に入れます。 次に、米または穀物を、米が殻から分離されるまで、太い木の棒である杵で繰り返しつきます。 ジャワ島のレスンは通常、ジャックフルーツに近い果樹であるエンバカンの古木から作られます。 東南アジアの人々は、音楽芸術で乳鉢と乳棒をどのように使用しますか? もみ殻を粉砕する臼に使用される木材の種類は多岐にわたります。 チーク材、ジャックフルーツ材、ムングル材で作られたものもあります。 それぞれの木材には異なる音色特性があります。 稲刈り時期の微妙な違いの中で発展したジャワ島バントゥル県の伝統芸術の 1 つがゲジョグ レスンです。 この民族音楽芸術は、レオンと呼ばれる舟のような大きな棒を定期的に叩く杵や木の道具の音から生まれます。 一般に、モルタルはジャックフルーツまたはムングールの木から作られます。 古代、農村地域では米を茎から切り離すために乳鉢が使用されていました。 乾いたお米をすり鉢に入れ、杵でリズミカルにつきます。 時代が進み、臼で精米する方法はあまり効果が得られないとされ、廃止されました。 今日でも、レスンは伝統芸術として保存されています。 杵がリズミカルに乳鉢を叩く音こそが芸術の源です。 ドラム奏者は5~6人くらいです。 さまざまな雰囲気を作り出すために、現在ではグループで演奏される伝統的な歌唱にレスンの声が組み合わされています。 踊りながら歌ったり歌ったりするグループがあります。 完全なガムランの伴奏に合わせて踊るように、時には回転しながら体をひねって踊るグループもあります。 現代では、乾燥した米粒を製粉して、外層、つまり殻とぬかを取り除きます。 これらは、1 段階、2 […]