「チャルオイ」または「ラグワームオムレツ」は、ハノイの人々が寒い季節に好むおかずです。

長い海岸線を持つベトナムは、魚やエビからイカやカニまで、豊富なシーフードの選択肢に恵まれています。そのため、ベトナムのシーフード料理は、あらゆる味覚を満足させる素晴らしい選択肢を提供します。

「チャルオイ」または「ラグワームオムレツ」は、ハノイの人々が寒い季節に好むおかずです。 中国南部の稲作地域では、これらのワームは水田から収穫され、しばしば卵で調理されます。

晩秋から初冬にかけて肌寒くなる時期に、ハノイの人々が楽しみにしている一品は「チャルオイ」(ラグワームオムレツ)です。

季節の「チャルオイ」料理は、卵とラグワームまたはパロロワームで作られています。 ワームの両方のビーチリビングは、ベトナム北部で晩秋から初冬の間に通常収穫される一種の海のワームです。

ラグワームは通常、ハイズオンとクアンニンの北部沿岸地域の汽水域、およびハイフォン市で見られます。

「チャルオイ」または「ラグワームオムレツ」は、ハノイの人々が寒い季節に好むおかずです。

ラグワームはお湯に入れて触手を取り除き、豚ひき肉、みかんの皮、ハーブ、卵と混ぜ合わせます。 これをカリカリに揚げます。

ベトナムのハノイにある屋台では、2種類の「チャルオイ」を提供しています。1つはワームの割合が高く、価格は35,000〜200,000 VND(約230〜1035円)で、もう1つは豚肉よりもワームが2万VNDまたは 約100円。

イトメなどのゴカイは、ベトナムのハノイ市では珍味と見なされています。 日本では砂蚕[ごかい]として知られていま

出典;

vnexpress.net/news/travel/food/don-t-be-squeamish-it-s-delish-ragworm-omelet-in-chilly-hanoi

こちらも読む  なぜラオスは日本のヤクザ2人をタイに派遣するのか?

Leave a Reply