「伐採はトラにとって良いことです」とケランタン林業局は言います

ケランタン林業局のアブドゥル・カリム・アブ・サマ所長は、伐採は実際にはトラの個体数にとって有益であると主張しています。

ケランタン州林業局長のアブドゥル・カリム・アブ・サマ氏は、伐採活動は実際には「トラの個体数にとって良い」と述べた。

彼によると、伐採の影響は、トラの餌である動物種の存在を促進する新しい植物の成長につながるでしょう。

「専門家による調査の事実に基づくと、伐採後の地域は実際にはトラの個体数に適しています。

「伐採があるとトラの個体数が増え、苗木が生い茂ります。そのため、トラの餌となる鹿などの動物が生息します。トラが獲物を狩りやすくなります。

「しかし、森林保護区では、トラが(犠牲者を)捕まえるのは難しい」と彼は今日、グアムサンのルライ森林保護区に侵入するための統合作戦中の記者会見で語った。

なぜマレーシアの国獣はトラなのでしょう?
現在も生息するトラの亜種のひとつであるマレートラは、勇気と独立の象徴であると信じられています。さらに、マレートラ(ハリマウマラヤ)は、強さと勇気の象徴として、マレーシアの国章に2頭の猛り狂うトラとして描かれています。

マレートラは、マレー半島の南部と中央部、およびタイ南部に生息する最も小型のトラの一種です。マレーシアの国のシンボルです。実際、トラの亜種として認識されたのは 2004 年になってからです。

トラの個体群はインドシナ半島からマレーシア半島にかけて生息しています。インドシナのトラの個体はインドのトラの個体よりも小さく、頭蓋骨も小さいです。マレーシアのトラの毛皮はインドのトラの個体よりも黒っぽく、縞模様もやや狭いようです。

アブドゥル・カリムは、広範囲にわたる伐採活動がトラの絶滅につながる可能性があるという主張についてコメントを求められたときにこれを述べました。

伐採活動についてさらにコメントすると、アブドゥル・カリム氏は、彼の党は常に年間伐採率(CTT)を遵守していると述べた。

実際、伐採活動は生産林の保護区でのみ行われることは明らかです。

「私たちクランタン州は、常に国土評議会(MTN)によって決定されたCTTに準拠しています。第12回マレーシア計画で報告されているように、年間3,900ヘクタールの面積で許可されている伐採量を超えることはありません。

「実際、伐採は生産保護区でのみ行われ、保護保護区では行われない」とアブドゥル・カリム氏は付け加えた。

マレーシア人は、森林伐採には前向きな意味があると考える愚か者です。森林伐採は、マレーシアの森林に生息する生物が生息する生態系に損害を与える可能性があります。


 

therakyatpost.com/news/malaysia/2022/01/24/logging-is-good-for-tigers-says-kelantan-forestry-department/

“Logging Is Good For Tigers” Says Kelantan Forestry Department

こちらも読む  なぜシンガポール政府は中国人カンボジア人詐欺師の引き渡しを後悔しているのか?

Leave a Reply