「豚肉とお酒が恋しい」:シンガポールの日本人イスラム教母の話。

山田美里さんと中原茜さんの二人の日本人女性は、シンガポールでイスラム教徒の改宗者として直面した多くの困難な課題を共有しました。

彼らはYouTubeチャンネルでシンガポールのシェフ、ケネス・ヨンに、まずは食べ物の選択にもっと注意を払う必要があると語った. 母親として、彼らはすべての食品表示の成分を熱心に読まなければなりません. 日本人のイスラム教徒として、彼らは豚肉やアルコールを含む食べ物、飲み物、食料品、香水を避けたい。

「Eat the World」YouTube チャンネルは、OGS の新しいシリーズで、6 番目の愛の言語である食べ物を通じて世界を紹介します。 この主催ショーでは、シェフがシンガポールに住むさまざまな外国人と出会い、故郷の特別な料理を再現しながら彼らの文化について学びます。

イスラム教徒に改宗して 8 年、シンガポールに 22 年間住んでいるナカハラ氏は次のように述べています“。シンガポールの日本人イスラム教の母として、ハラールラベルの付いた日本食を見つけて、新しい宗教を受け入れなければなりません。

「ええ、とんこつラーメンが恋しいです」と山田は冗談を言いながら、「大きな問題ではない」と付け加えた. 中原さんと山田さんは、シンガポールの日系イスラム教徒コミュニティ、さくらクラブのメンバーです。 彼らは、他の改宗者とのグループにいることが、イスラム教を受け入れる旅の助けになったことに同意しました。

「私たちはそこで情報を共有しています。たとえば、新しいハラール日本食レストランができたり、この商品がハラール認証を取得したりします」と中原氏は語った。

11分間のビデオの中で、山田さんはイスラム教徒の夫との関係を受け入れるように両親をどのように「説得」しなければならなかったかを語った。

「日本を訪れる前、両親はとても心配していました。[私は両親に話しました]『ママ、パパ、私にはボーイフレンドがいて、彼はイスラム教徒です』。

「[彼らは答えた]「つまり、改宗しなければならないということですか?」

「それから彼らは彼に会って[そして思った] 『ああ、ナイスガイ』。

山田氏は「私にとって、私のアイデンティティーはそれほど複雑ではありません…改宗しても私は日本人です。それは決して変わることはありません。

「文化については、私はマレー側に従います。しかし、日本の四季折々のお祭りも決して忘れないようにしています。」

中原さんにとって、彼女は息子が日本のイスラム教徒であることを証明するという挑戦を助けようとしています。

「私は彼に日本語を教えています。彼はまたマレー語を母国語としています。私たちはアラビア語も学びます。

「息子が食べる前に、いただきます(日本語で「食べましょう」)とビスミラ・イル・ラーマン・イル・ラヒム(食べる前のイスラム教の恵み)を息子に忘れてほしくありません。 日本の文化。

「私たちの子供たちの世代は、より多くの苦労を抱えており、より複雑です。(彼らとは異なり)私たちはすでに日本人として成長しており、彼らは日本の伝統を失っているかもしれません」と山田は皮肉を言った。

中原茜によると、彼女は大阪からの家族の伝統を逃した. しかし、シンガポールには幅広い輸入食品、食料品、ハラール表示規制があり、イスラムの生活様式を促進できるため、彼らは幸運だと感じています。

豚肉とアルコールは、さまざまな理由で日本の料理や文化で人気があります. 豚肉は何世紀にもわたって日本で一般的な食品であり、とんかつ (パン粉と揚げた豚カツレツ)、とんこつラーメン (濃厚な豚汁の麺)、牛丼 (スライスした牛肉と玉ねぎを上にのせたもの) など、さまざまな料理で広く消費されています。 ご飯)。

アルコール、特に日本酒も日本文化に欠かせないものであり、宴会やお祭りなどの社交の場で提供されることがよくあります。 文化的意義に加えて、豚肉とアルコールは日本でも人気があり、それらは本当に美味しく、料理、アイスクリーム、日本のペストリーやスイーツの多くのバリエーションに風味と多様性を加えます。

豚肉とアルコールは人気があり、確かに日本人の伝統文化ですが、この国のすべての人が消費しているわけではないことに注意してください. 一部のイスラム教徒や菜食主義者を含む日本では、宗教上の理由から豚肉やアルコールの摂取を控える人がいます。

ハラールの概念は、イスラム信仰の重要な側面であり、イスラム教徒が宗教への献身を示す方法です。 ハラールとは、イスラム法によって飲食が認められている食品のことです。 何がハラールかを判断する基準は、クルアーンとハディース (預言者ムハンマドの言動) の教えに基づいています。

一般に、ハラル食品とは、イスラム教の原則とガイドラインに従って屠殺、調理、消費された食品のことです。 これには、動物がイスラム教徒の肉屋によって屠殺されること、屠殺時にアッラーの御名が唱えられること、動物が非常に鋭いナイフで屠殺されることが含まれます。 機械で屠殺します。

ハラールと見なされない食品、食料品、消耗品には、豚肉製品、イスラムのガイドラインに従って屠殺されなかった動物、アルコール飲料、アルコール発酵によるそれらの派生製品が含まれます。

2019年には、移民に対するより友好的な政策により、その数は23万人に増加したと推定され、日本人改宗者は5万人と推定され、日本には2001年には24であったモスクが現在110以上ある。2020年の時点で、モスクのほぼ半数は日本にある。日本のイスラム教徒はインドネシア人、フィリピン人、マレーシア人でした。

日本には110以上のモスクがあるが、シンガポールには72のモスクがある。

2020年の国勢調査データによると、国民および永住者400万人のうち、31.1パーセントが仏教徒、20パーセントが無宗教、18.9パーセントがキリスト教徒、15.6パーセントがイスラム教徒(主にスンニ派)である。 )、8.8パーセントが道教、5パーセントがヒンドゥー教です。


出典;

youtube.com/embed/69IHoXWQQeo?feature=oembed

こちらも読む  お金持ちになるためブトイジョというインドネシアの幽霊を育てる

Leave a Reply