なぜシンガポールの人々は「かなり無愛想でよそよそしい」のでしょうか?

ベテラン外交官のトミー・コー氏は、シンガポールが第三世界の国民を持つ第一世界の国であることを嘆き、「政府よりもシンガポール人を批判的」であり、多くの国民が「利己的で不親切」であると感じていると述べた。

コー博士は、シンガポール建国200周年会議(2023年10月1日)での講演で次のような発言をした。 シンガポールがどのように改善できるかというテーマに関して、コー博士は、多くのシンガポール人は先進国の国民としてあるべきほど市民意識を持っていないと主張した。

コー博士は、シンガポール人のために多くのアイデアを持っており、全国ブロードシートに掲載される今後のコラムでそのアイデアを共有する予定であると付け加えた。 81歳の彼はこう付け加えた。「私はシンガポールが大好きです。 シンガポールのためなら死ねるよ。 しかし、私たちは完璧な人間なのでしょうか? 我々はそうではありません。

「しかし、私たちは常により良くなれると信じています。そして、私の人生の残りの数年間で、シンガポールをより良い場所にし、シンガポール人をより良い国民にするために自分の時間とエネルギーを捧げたいと思っています。」

コー博士は現在、外務省の特命全権大使およびシンガポール国立大学の法学教授を務めています。 著名な外交官である彼は、シンガポールのニューヨーク国連常任代表、駐アメリカ合衆国大使、駐カナダ高等弁務官、駐メキシコ大使を務めてきました。

46カ国を訪れる欧米人旅行者がシンガポールを下位5位に挙げる理由は、シンガポールの人々が「かなり無愛想でよそよそしい」ためだという。

なぜシンガポール人はSNS上でさらに意地悪なのでしょうか?

これまでに46カ国を訪れたドイツ人旅行者は、話題のTikTok投稿で、シンガポールはこれまでに訪れた「下位5カ国」の1つだと書いた。

今月初めに公開された同氏の投稿は310万回以上の閲覧数を獲得し、シンガポールだけでなく同氏のリストにある他の国も擁護するプラットフォームユーザーからの強い反応を受けた。

シンガポールについて、このヨーロッパ人旅行者は、東南アジア地域の他の国々と比べて「非常に西洋風に見えて」「何もかもが非常に高価だったので、東南アジアとは思えなかった」と書いていた。

そこには「自然はなく、アスファルトと高い建物のせいで非常に暑く」、彼が出会った人々は「かなり無愛想でよそよそしい」人たちでした。

興味深いことに、40カ国を訪れた英国人旅行者も、今月初めにシンガポールを下位5位に挙げたが、その理由はほぼ同じで、物価が非常に高い、西洋化されすぎている、気候が暑すぎて湿気が多すぎるというものだった。この投稿は急速に広まり、これまでに 370 万回再生されました。

ある「キーボード戦士」のコメント投稿者は、シンガポールには自然がないというトラベルダンの発言に憤慨し、「次回旅行するときは目を開けてください」と書いたが、他のコメント投稿者はシンガポールの公園や保護区を称賛した。

彼の東南アジアに対する期待に疑問を抱く人もいたが、トラベルダンの意見に同意する人もいた。 あるTikTokユーザーは、シンガポールは人々が「息抜き」をして「正気を取り戻す」ためにこの地域に旅行に行く場所だと書いた。

TravelDanがシンガポールを下位5カ国に含める理由のリストのスクリーンショットも日曜日(2024年5月19日)、Complaint Singapore Facebookページに投稿され、コメント投稿者も同様に彼の見解に腹を立てた。

下位 5 か国を投稿した翌日、TravelDan は上位 5 か国を投稿しました: 5. イラク (クルディスタン)、4. コロンビア、3. ウズベキスタン、2. ニュージーランド、1. チリ。 ただし、この特定の TikTok は、彼の下位 5 つの投稿ほど多くのビューを獲得しませんでした。

なぜシンガポールの観光客やシンガポールの顧客から苦情が多いのでしょうか?

絶え間なく続く暑さと湿気についてのうめき声から、気分を良くしたり、より多くの割引を得るためには何でも不平を言ったりすることまで、不平を頻繁に言う行為はシンガポール人の特徴的な特徴として特徴付けられています。

不平不満は機嫌の悪さや性格特性から生じることがよくありますが、人々の絆を深め、感情を調整するのに役立つツールでもあります。 不平不満を言いすぎると、気分が悪化して無力感を感じ、人生に対する否定的な見方につながる可能性があります


出典;

“Many of our people are selfish and unkind” – Tommy Koh laments that Singapore is a first world nation with third world citizens

こちらも読む  中国系マレーシア人女優ミシェル・ヨーが成功を目指して奮闘中!

Leave a Reply