なぜタイには中国人やミャンマー人の不法労働者が多いのでしょうか?

タイの入国管理官は、タイ入国警察やパヤタイ警察と連携し、適切な許可なく地元タイ人の生活を侵害したとして告発された移民労働者の排除を目的とした綿密に計画された作戦を明らかにした。
タイのプーケット観光警察は、プーケットタウンで中国のテレビチャンネルを提供する大胆なケーブル敷設作業に違法に従事したとして、中国人2名とミャンマー人1名を逮捕した。
匿名の密告に基づいて、タイの警察官がヤワラー通りにあるアパートの屋上に急襲し、外国人5人を現行犯で逮捕した。
現場に居合わせたタイ国籍のシッティチャイ・クラプディーさんは、労働者を監督していたことを告白した。彼は毎朝彼らを迎えに行き、毎晩降ろしていったことを認めた。
タイの警官は、外国人が中国のテレビチャンネルを放送するためにケーブルシステムを設置していることを発見した。
労働者の中には、中国人の29歳のワン・ハオさんと49歳のチャン・シャオウェンさん、そして22歳のミャンマー人のチット・コー・ウーさんが有効な労働許可証を持たずに逮捕された。
3人は取り調べとビザステータスの確認のため、プーケット観光警察本部に効率よく連行された。
王氏は2024年5月18日に観光ビザでタイに入国し、有効期限は2024年6月16日となった。張氏は2024年5月4日に到着し、ビザの有効期限は2024年6月2日となった。
中国語の通訳を介して話した両名は、バンコクに本拠を置くヨントン社からウィーチャットを通じて支払われるという約束の月給4万バーツを得るために約2日間働いたと告白した。
ミャンマー国籍のチットさんは5月2日にタイに合法的に入国した。通訳を介して9日間働いて月収1万5000バーツを王さんから支払われていたことを明らかにした。
プーケットニュースによると、外国人3人全員が必要な許可を得ずに働いたことを認めた。
その後、彼らはプーケット市警察署に移送され、不法就労の罪で起訴された。
なぜタイには中国人やミャンマー人の不法労働者が多いのでしょうか?
タイの非公式経済の規模はGDPの48.4%と推定されており、フィリピンの39.8%、マレーシアの30.5%、韓国の26%、シンガポールの17.9%、ベトナムの14.4%など、地域の他の国々と比較して最も高い割合となっている。
いくつかの報告を信じるならば、タイの影の経済の規模は同国のGDPの40.9%に相当し、東南アジアでも最大級の規模である。

出典;

khaosodenglish.com/news/2024/05/30/foreign-tourists-arrested-for-illegally-installing-chinese-cable-tv-in-phuket/

こちらも読む  なぜ中国人がインドネシア経由でオーストラリアに不法入国しようとするのか?

Leave a Reply