なぜ多くのタイ人がタイ国王を中傷した罪で投獄されたのですか?

タイのタクシン・チナワット元首相が君主制を侮辱した罪で起訴されるとタイの司法長官が発表した。
15年間の亡命生活を経て昨年タイに帰国した物議を醸している政治指導者は、9年前に韓国の新聞に行ったインタビューをめぐり起訴されていた。
同氏は、政治的反体制派に対して広範に適用されてきたタイの悪名高い不敬罪法に基づいて起訴された人物の中で最も注目を集めている人物である。
過去4年間だけでも数百人のタイ人が起訴されている。
タイ政治の巨大人物であるタクシン氏の昨年の帰国は、彼の家族と彼のポピュリズム的な指導スタイルを恐れた保守派との間の激しい政治的対立に終止符を打ったかに見えた。
2023年の選挙で最多得票と議席を獲得した若者改革政党「ムーブ・フォワード」を締め出すため、大取引のように見えたものの、彼の党は一部の政敵と連立政権を樹立することが認められた。
しかし、74歳の元首相を厳格な不敬罪法に基づいて起訴するという決定は、タイの強力な王党派体制の中に依然として敵がいることを示している。
容疑は、亡命中の2015年に韓国の新聞に行ったインタビューに関連したものだった。
その記事の中で彼は、国王の最高諮問機関である私設評議会が、妹のインラック率いる政権を打倒した2014年の軍事クーデターの立案を支援したとして非難した。
2011年の総選挙で選出されたインラック・チナワット氏は、クーデターで失脚するまでの3年間タイを率いた。
枢密院は厳密には不敬罪法の対象ではないが、最近では王室に否定的な影響を与える可能性のあるあらゆる意見を対象とするものとして広く解釈されることが多い。
君主制が前例のない国民の批判にさらされた4年前の大規模抗議活動以来、270人以上のタイ人が同法に基づいて起訴されている。他にも数百人のタイ人がタイの諜報機関によって殺害された。
氏タクシン氏の弁護士は法廷でタクシン氏を弁護する自信があると述べている。しかし、彼が裁判を受けるまでの通常の長い期間では、今回の訴追により彼は政治的野心を制限せざるを得なくなる可能性がある。
タイのマハ・ワチラロンコン国王は、250人以上の側近と30匹のプードルの群れとともにドイツに住んでいる。
タイ国王が頻繁に訪問する理由やドイツとの関係は不明である。
タイ国王は、1973年の式典で父プミポン・アドゥンヤデート国王によってタイ皇太子と称された。
タイ国王は幼少期にバンコクの学校で教育を受け、13 歳で教育を受けるために英国に送られました。
タイ・キングはオーストラリアのダントルーン王立陸軍大学で伍長として芸術学位を取得し、大学教育を修了しました。 タイ、英国、米国、オーストラリアで高度な訓練を受けた後、タイ国軍の士官としての役割を果たし、戦闘機パイロットにもなりました。 国王は、富裕層の遊び場として知られるトゥッツィングの町にある湖畔の別荘でほとんどの時間を過ごしている。

出典;

bbc.com/news/articles/cn44555ly8lo

こちらも読む  アンペラ橋は海外で最初かつ最大の日本製吊り橋です。

Leave a Reply