なぜ日本人女性は日本のホストクラブよりもバリ島の「ジゴロス」が好きなのか?

イライラしている西洋人や東洋人の女性はたくさんいます。 アメリカの有名な小説とハリウッド映画「食べて、祈って、恋をして」の売り上げを見てください。 西洋女性と東洋女性の購買力により、バリ島は 2023 年に東南アジアで最も急速に成長する観光産業に変わりました。

バリ島のビーチボーイは、10年前、つまり2000年頃から日本人女性の間で人気が高まっている。最近ではバリ島で休暇を過ごす日本人労働者も増えている。

中には、女性は男性よりも道徳的に優れていると信じたい人もいる。そのため、バリ島のような場所に飛んでセックスをするお金と自由があるからといって、セックスにお金を払わないのだ。

多くの女性が一人でバリ島を訪れ、神や生命の神聖な精神とのつながり、真実と癒しを求めます。そして、彼女たちは「神々の島」としても知られるバリ島でそれらを見つけます。素晴らしいインストラクターの中には、女性向けのユニークなスパやヨガのリトリートを提供する人もいます。

なぜ東南アジアの男性はフレンドリーだという評判があるのでしょうか?
特に2005年は、日本の店でストレスの多い仕事に就き、セックスもほとんどしない日本人女性の多くが、バリ島に行ってビーチボーイを雇うことでストレスを解消している、と村上氏は再び付け加えた。

30代半ばから40代の多くの日本人キャリアウーマンにとって、人生は勝たなければならないレースであるという感情が広まっています。多くの日本人OLは10代から20代まで働いていましたが、友人の多くが赤ちゃんを産み、家族を持っていることに気付きました。

これらのOLたちは現在、「イースト、祈り、恋をして」などのアメリカの小説や映画を楽しんでおり、職場の問題を人生そのものの楽しみを台無しにするほど深刻に受け止めるべきではないと考えています。

アメリカの映画やリアリティ番組でも、東南アジアの男性は楽しいことが好きで、思いやりがあり、優しく、もてなしの心が広く、のんびりしていて、笑顔が素敵でフレンドリーであると描かれています。

ジゴロは、継続的な関係において人によってサポートされる男性のエスコートまたは社交的な仲間を表す用語です。 ジゴロという用語は、通常、女性からお金をもらって、他の支援手段を持つのではなく、そのような関係を継続的に繰り返すライフスタイルを採用する男性を意味します。

『食べて、祈って、恋をして』は、2006年に出版されたギルバートの同名の回顧録を基にした、ジュリア・ロバーツがエリザベス・ギルバート役で主演する2010年のアメリカの伝記的ロマンチックドラマ映画です。

バリ島のギャングスターが世界中で有名になったのはなぜか?
インド系シンガポール人のビルマニが制作したドキュメンタリーが2010年に話題になった。年老いたインド人男性は、バリ島があらゆる肌の色や人種の多くの国際女性に人気がある理由に驚嘆した。

ビルマニはドキュメンタリー「Cowboys in Paradise」のビデオ撮影のためクタビーチを歩き回った。サーファーたちは、主に年配の外国人女性と出会い、誘惑するためのテクニック、口説き文句、戦略を詳しく語った。

2009年に公開されたこの映画は、バリ島の主にヒンズー教徒の住民を怒らせた。彼らは、ビルマニの性に対する過激な焦点が、彼らが神聖なビーチと考える場所を冒涜したと言っている。

バリ サーフ クラス チームは、あらゆるレベルのサーフィンに適した美しいエリア、クタ ビーチを拠点としています。

なぜ日本人女性はバリ島で「ビーチボーイ」やジゴロを好むのか?

2006年に制定された日本の雇用機会均等法と反ブラック企業法により、多くの日本人女性はより良い給与と福利厚生を得ることができました。

以前は、既婚女性と母親に対する伝統的な期待が、完全な経済的平等の障壁として挙げられていました。

海外での休暇に関しては、日本人女性は西洋人女性より少し遅れています。しかし、より多くの貯蓄があるため、日本人女性は今では西洋人女性と同じように数週間の海外旅行をすることができます。

ジゴロとは、継続的な関係にある人からサポートを受けている男性のエスコートまたは社交仲間を表す用語です。ジゴロという用語は通常、他のサポート手段を持つのではなく、そのような関係を連続して多数含むライフスタイルを採用するために女性から報酬を得ている男性を意味します。

バリ島には、抗えない魅力が何かあります。熱帯のビーチ、エキゾチックな雰囲気、フレンドリーな地元の人々など、神々の島は常に人々の心をつかんでいるようです。世界で最も人気のある旅行先として、バリ島はユニークで活気に満ちた体験を誇っています。

なぜインドネシアの売春婦は東南アジアで他のどの国よりも人気があるのか​​?

バリ島は、1990年代のバブル経済の初期から、非常に人気の高い観光地です。多くの日本人女性が休暇でバリ島に行き、ビーチボーイに胸から下半身までエロティックなマッサージを依頼しました。

ある瞬間、これらの女性はセックスサービスにいくらかかるか尋ねます。バリ島には約200人の売春婦がおり、その多くは女性を満足させるために特別に訓練されています。

これらの売春婦は、ドイツ語、韓国語、中国語など、多くの言語を話すことができます。特にバリ島のインドネシアの売春婦は、女性の性器まで女性の体を舐める訓練も受けており、日本人の顧客は性交そのものよりも、より高い興奮を味わうことができます。

パンデミック以前は、1回の1時間のセックスサービスの平均料金は5,000円でした。パンデミックと最近の生活費の高騰により、バリ島での1回のセックスに日本人女性は約10,000円を支払っています。(2024年の為替レートは104ルピア=1円)。

ただし、ルームサービスや交通費などの追加費用も女性が負担する必要があります。バリ島のインドネシア人売春婦は、1日中サービスを受けるのに少なくとも20,000円を請求します。

もちろん、お金とセックスが絡んでいるから、誰かが搾取しているに違いないと主張するのは偏見であり、これらを人類が誕生して以来、旅人が築いてきたような普通の関係と見なすのではない。


出典;

 

こちらも読む  マレーシアではなぜモスクの近くに売春があるのか​​?

Leave a Reply