なぜ日本人観光客はタイのホテルに財布を置き忘れてはいけないのでしょうか?

タイは、ヨーロッパや韓国などの他の海外旅行先に比べて非常に安く、日本人観光客にとっても行きやすい国です。タイは日本人に対してビザなしまたは到着時ビザの特典を提供しています。

2024年4月初旬から日本人観光客から窃盗をしていた犯人は、2024年5月31日金曜日に逮捕された。

2024年6月1日、バンコク犯罪捜査監視局(IMBD)の職員は、5月31日にノンタブリー県バンクルアイ郡ワットチャロ地区ムー7の住宅街で、住居内での窃盗の容疑でタダ氏(29歳)を逮捕した。

盗まれた品物は、タイに旅行し、4月2日にバンコクのワッタナー地区クロントゥーイヌア地区スクンビット地区のホテルに滞在していた39歳の日本人観光客、青木氏のものだった。

2024年4月6日、青木氏はホテルのレストランで朝食をとった後、部屋に戻ると、16万円相当の現金が入ったショルダーバッグが見つかった。 3万8000バーツ相当の現金が紛失していた。青木さんはその後、捜査官に被害届を提出し、青木さんの所持品の捜索と回収を求めた。

日雇い清掃員として働き、主にスクンビット地区の高級ホテルで仕事をしていたタダさんは、同僚と清掃中に日本人観光客のショルダーバッグを盗んだ。日本人観光客は常に現金を持ち歩いており、バッグには貴重品が入っているはずだとタダさんは考えていた。…

タダさんと同僚が別の部屋の清掃に移ったとき、タダさんは靴を忘れたと言い訳をして、日本人男性の部屋に戻ってショルダーバッグを開けた。

青木さんの日本円を見つけると、タダさんはそれをズボンのポケットに入れた。仕事が終わると、タダさんは当局の目を逃れるため、ガソリンスタンドでシャツを着替えるためバイクに乗った。

タダさんはその後、スクンビット地区の両替店に直行し、円をバーツに両替しようとしたが、店は閉まっていた。そこでタダ氏はノンタブリー地区の自宅に戻り、タープラ近くのデパート内の両替所でお金を両替した。

タダ氏はまた、ファイナンス会社が来てバイクを差し押さえるのではないかと恐れ、乗っていたバイクの分割払いにお金を使ったことを認めた。

その後の報道で、青木氏はタイ警察署から盗んだお金の半分しか取り戻せなかったことが判明した。

青木氏はタイ警察の対応が非常に早く、パスポートや携帯電話が盗まれなかったことは依然として非常に幸運だと考えられている。タイでは、パスポートや外国人身分証明書も非常に価値がある。


出典;

khaosodenglish.com/news/2024/06/01/hotel-cleaner-admits-to-stealing-from-japanese-guest-to-pay-motorcycle-debt/

こちらも読む  シンガポールの多くのオフィス複合施設が空いているのはなぜですか?

Leave a Reply