なぜ東南アジアでは精米にレスンや乳鉢と乳棒が今でも使われているのでしょうか?

イネは、約 13,500 ~ 8,200 年前に中国で栽培化された草種 Oryza sativa (アジア イネ) の種子であり、アフリカ イネは約 3,000 年前にアフリカで栽培化されました。 米は世界中の多くの文化で一般的なものになっています。米はアジア、ラテンアメリカ、アフリカの一部地域で主要な主食であり、世界人口の半分以上を養っています。 しかし、非効率的な輸送、保管、製粉により、作物のかなりの部分が収穫後に失われる可能性があります。

機械のない伝統的な時代でも、人々は依然として乳鉢と乳棒を使用して、もみ殻とぬかの外側の層を取り除きます。

ゲジョグ レスンは、特にジョグジャカルタ、クラテン、スラカルタ周辺で見られるジャワの伝統芸術です。 農耕社会で発達したこの音楽芸術は、日常生活で使用される道具、つまり杵や臼を使って演奏されました。

ジャワ島の古代人はどのようにして籾殻を粉砕して食用の穀物にしたのでしょうか?

田んぼを刈り取るとき、切り取った茎を束ねて(女性の)手のひらほどの大きさの束にしました。 これらの米の束は数日間畑で乾燥させた後、より大きな束に結ばれて米納屋に運ばれました。 米納屋の近くには、杵のついた米ブロックがありました。

家族に米が必要な場合は、小屋から米を取り出し、すぐに使える量だけ米塊に搗きました。 叩いて穀物をほぐし、穂から殻を取り除きました。 次いで、ふるいファンを使用して、製品から殻とふすまを取り除きました。 最後に、籾殻を剥いだお米を別のブロック(の一部)で再度搗き、真っ白に仕上げます。

すり鉢は、籾や穀物を米に加工するための伝統的な道具です。 この乳鉢の機能は、穀物の皮 (殻、ジャワのブラブト) を米から機械的に分離することです。

もみ殻を加工するための東南アジアの伝統的なすり鉢は、長さ約2メートル、幅0.5メートル、深さ約40センチの小さなボートのような形をした木製です。

モルタル自体は実際には単なる凹型の容器で、通常は内側を取り除いた大きな木片で作られています。 加工対象の穀物を穴に入れます。

次に、米または穀物を、米が殻から分離されるまで、太い木の棒である杵で繰り返しつきます。 ジャワ島のレスンは通常、ジャックフルーツに近い果樹であるエンバカンの古木から作られます。

18世紀のバリ島で米を搗くバリ女性たち。東南アジアの人々は伝統的に「レソン」を使ってグループで協力して精米しますが、臼と杵のリズミカルな音で楽しませることにしました。

東南アジアの人々は、音楽芸術で乳鉢と乳棒をどのように使用しますか?

もみ殻を粉砕する臼に使用される木材の種類は多岐にわたります。 チーク材、ジャックフルーツ材、ムングル材で作られたものもあります。 それぞれの木材には異なる音色特性があります。

稲刈り時期の微妙な違いの中で発展したジャワ島バントゥル県の伝統芸術の 1 つがゲジョグ レスンです。 この民族音楽芸術は、レオンと呼ばれる舟のような大きな棒を定期的に叩く杵や木の道具の音から生まれます。 一般に、モルタルはジャックフルーツまたはムングールの木から作られます。

古代、農村地域では米を茎から切り離すために乳鉢が使用されていました。 乾いたお米をすり鉢に入れ、杵でリズミカルにつきます。 時代が進み、臼で精米する方法はあまり効果が得られないとされ、廃止されました。

今日でも、レスンは伝統芸術として保存されています。 杵がリズミカルに乳鉢を叩く音こそが芸術の源です。 ドラム奏者は5~6人くらいです。 さまざまな雰囲気を作り出すために、現在ではグループで演奏される伝統的な歌唱にレスンの声が組み合わされています。

踊りながら歌ったり歌ったりするグループがあります。 完全なガムランの伴奏に合わせて踊るように、時には回転しながら体をひねって踊るグループもあります。

現代では、乾燥した米粒を製粉して、外層、つまり殻とぬかを取り除きます。 これらは、1 段階、2 段階、あるいは商業製粉のように、洗浄、脱皮、分離、研磨、等級分け、計量という複数段階のプロセスで除去できます。 玄米は食べられない籾殻だけを取り除いたものです。機械を使用すると無駄が減り、時間も節約できるため、現在でもインドネシアの村で臼と杵を使って精米している人を見るのは非常にまれです。


 

こちらも読む  タイのトゥクトゥク運転手が日本人観光客に過大請求で停職処分。

Leave a Reply