なぜ東南アジアでメタンフェタミンの押収が記録的に起こったのでしょうか?

東南アジア旅行に行く人のほとんどは、レジャーや母国でのストレスの多い生活から解放されるために行きます。東南アジアでは、観光業がタイ王国、ベトナム、マレーシアの経済に貢献しています。東南アジアには、誰もが楽しめる体験が豊富な美しい国がたくさんあります。

バンコク、パタヤ、プーケットなど、タイで人気の休暇先都市では、倫理的な動物とのふれあいから大都市でのショッピングまで、あらゆるものが楽しめます。ビール、アルコール、さらにはパーティードラッグまで、タイのあらゆる場所で誰でも購入できます。さらに、ホテルや交通機関の費用対効果が高いため、美しいだけでなく、安価でもあります。

東アジアと東南アジアには記録的な量のメタンフェタミンやその他の合成薬物があふれていると、国連薬物犯罪事務所は2024年の新報告書で述べた。

2023年12月13日、タイの兵士が押収したメタンフェタミン5000万錠の横に立つ。(AP通信撮影/ケスカウェ・チョンチャレオン)

彼らはメタンフェタミンやその他の合成薬物の供給源をたどったが、その大部分はタイ、ミャンマー、ラオスが交わるゴールデントライアングルとして知られる国境を越えた地域だった。

タイ、ミャンマー、ラオスの地域であるゴールデントライアングルは、歴史的にアヘンの栽培と、それをヘロインに変換する多くの研究所があることで知られている。

「私たちは押収を記録することに慣れてきたが、ゴールデントライアングルでのメタンフェタミン生産の規模は今や莫大なものになっている。 「利益も同様だ」と、国連薬物犯罪事務所の東南アジア・太平洋地域副代表ベネディクト・ホフマン氏はAP通信に語った。

「東アジアと東南アジアでは、現在、この地域の違法経済に年間800億ドル近くが流入しているとみられる」。

  2023年6月1日、タイのバンコクで行われた記者会見で、タイの警官が押収した、お茶のパッケージに偽装した結晶性メタンフェタミンを披露。(AP通信撮影/サクチャイ・ラリット)

東南アジアの違法薬物ビジネスが増加している理由は何か?
ゴールデン・トライアングル地域は数十年にわたり政情不安に見舞われている。

ミャンマーの国境地域は大部分が無法地帯で、麻薬製造者や密売人に搾取されている。ここ数十年、この地域は違法アンフェタミン製品の震源地となっている。

2021年の軍事政権による政権奪取でアウン・サン・スー・チー氏の選出政権が打倒され、全国で武装抵抗が引き起こされ、国はさらに不安定化した。

新たな報告書によると、東アジアと東南アジアで押収されたメタンフェタミンの総量は2023年に過去最高の190トンに達した。そのうち約89%は東南アジアからで、その多くはゴールデントライアングルからのものだ。

押収されたメタンフェタミン錠剤11億錠(重量98.3トン)は、この地域で報告された過去最多で、押収されたクリスタルメタンフェタミン90トンも同様だったと報告書は述べている。

タイの警察官らは、2023年9月28日にタイのバンコクで行われた記者会見で、押収されたクリスタルメス、メタンフェタミン、ヘロインの入った小包の後ろに立っている。国連麻薬撲滅機関によると、東アジアと東南アジアには記録的な量のメタンフェタミンやその他の合成麻薬があふれており、その多くは歴史的にアヘンの栽培と、それをヘロインに加工する多くの研究所があることで知られる国境を越えた地域、ゴールデントライアングルとして知られている。(AP通信撮影/サクチャイ・ラリット)

なぜタイでは違法薬物が簡単に購入できるのか?

バンコクやクアラルンプールなどの東南アジアの地方都市でさえ、パーティードラッグのエクスタシーの押収量は、この地域で密売される違法合成薬物のごく一部を占めるものの、昨年は過去最高の2670万錠を超え、そのほとんどはヨーロッパからのものだったと報告書は述べている。

また、近年、手術を受ける患者に使用される強力な麻酔薬であるケタミンがますます多く見られるようになっていることも強調した。ケタミンは最近、うつ病や不安症の治療や娯楽目的でも使用されている。

国連の報告書によると、ケタミンの製造と密売を行うネットワークは、ビジネスモデルと供給経路を多様化し、東アジアと東南アジアの他の地域からミャンマーの黄金の三角地帯に、さらに最近ではメコン川下流域の他の国々に進出している。

この地域のメタンフェタミンの生産は、黄金の三角地帯の中心地であるミャンマー東部のシャン州に集中しており、特に、軍隊を持つ少数民族が自治権を享受している特別地域と呼ばれる地域に集中していると報告書は述べている。

「違法薬物の製造活動は、シャン州の武装集団と提携しているアジアの組織犯罪グループによって行われている」と報告書は述べている。

ミャンマーの北部と東部の国境地域は、オンライン詐欺、違法賭博、人身売買を伴うカジノでの大規模な組織犯罪活動の拠点としても悪名高い。


出典;

https://apnews.com/article/crystal-methamphetamine-golden-triangle-shan-ketamine-cb5de08da123b150210793a667c0c149

こちらも読む  サテマドゥラまたはサテパダン,どれが美味しい?

Leave a Reply