なぜ東南アジアにこれほど日系企業が多いのでしょうか?

インドネシアと日本は 1958 年 4 月に外交関係を樹立しました。両国は歴史的、経済的、政治的つながりを共有するアジアの 2 か国です。

第二次世界大戦ではオランダ領東インドが大日本帝国軍に3年半占領され、両国は困難な時期を経験した。

日本と東南アジアの関係は何ですか?
日本と東南アジアとの関係を築いてきた数十年は、外交的、経済的関係を強化しただけでなく、人間的、社会的交流も深め、最終的には戦後の日本に対する敵意を、今日広く普及している肯定的な感情に変えた。

なぜ多くの東南アジア人は今でも日本を嫌っているのでしょうか?
この日本の東南アジア関係は、当初は第二次世界大戦中の日本の占領と残虐行為の苦い思い、そして1960年代と1970年代の日本の経済拡大に対する懸念によって影が薄かったが、今日では深い戦略的信頼と相互依存を特徴とするものへと進化している。素晴らしい成果。

この変革は、過去のトラウマよりも安全保障と開発のニーズを優先する東南アジアの前向きかつ現実的なアプローチのおかげで可能になりました。

日本の東南アジア関係も、数十年にわたる日本の戦略的保証、経済的関与、そして安定した友人、良き隣人となるための継続的な努力を通じて育まれてきた。

この旅のマイルストーンは、日本の現代における東南アジアとの関係の基礎を築いた福田ドクトリンです。 反日感情の波が押し寄せるさなか、1977年に発足したこの原則は、日本が平和を追求し軍事的優位性を放棄し、地域の経済成長を支援し、東南アジア諸国との「心と心の」対等なパートナーシップを育むことを約束した。

第二次世界大戦で負けた後、なぜ日本はインドネシアのインフラ事業を優先するのでしょうか?

第二次世界大戦が終わった後、日本は米国から植民地だった国々に賠償する義務を負った。 これは、戦争の勝国である米国によって開始された1951年のサンフランシスコ協定に基づいています。 しかし、当初、この補償はインドネシアにとってスムーズにはいきませんでした。

なぜなら、両国は依然としてそれぞれの報酬額を持った企業だからである。 サンフランシスコ協定(1951年)から6年間の厳しいプロセスを経て、インドネシア政府と日本政府は戦利品資金に関する合意に達した。

三宅義実氏の記事「インドネシアに対する日本の戦争に対する補償の政治的・文化的側面」では、日本の岸首相とスカルノ大統領が日本からインドネシアに2億2,308万ドルの戦争修理資金と援助額を提供することに合意したと述べられている。 1957 年 11 月に 8,000 万ドルに。

この金額は資本財とサービスの形で 12 年間にわたって支払われます。 協定によれば、日本はインドネシアに11年間にわたり毎年2,000万ドルを支払った。 一方、12年目に日本は残りの308万ドルを支払うことになる。

日本からの資金は汚職の現場であることが判明した。 それとは別に、多くの企業がこれらのプロジェクトを獲得するために競争しています。 プロジェクトの契約は通常、日本の企業との間で行われます。

日本はどのようにしてインドネシア産業に革命を起こしたのでしょうか?
1970年代、日本の製造業、特にエレクトロニクス分野の製造業はインドネシアに工場を設立し始めた。 これにより、主に日本の大企業に関係する管理者や技術スタッフなど、新たな日本人海外駐在員の移住が促進されました。

60年代には、日本もインドネシアの農作物やキャッサバ粉、砂糖、ゴムをインドネシアのメッキから輸入していました。

日本の自動車産業もインドネシア市場を支配し始め、現在では日本の自動車メーカーがインドネシアで最大の市場シェアを享受しています。 同時に、日本の消費者製品がインドネシア市場に流入し始めました。

しかし、日本のインドネシアに対する経済的支配は民衆の反発を招き、マラリ事件(インドネシア語の略語:マラペタカ・リマベラス・セラマット、または「1月15日の惨事」)へとエスカレートし、15日に反日と反外国投資のデモが暴動を引き起こした。 1974年1月、日本の田中角栄首相が1974年1月14日から17日にかけてジャカルタを国賓訪問した際。

この旅のマイルストーンは、日本の現代における東南アジアとの関係の基礎を築いた福田ドクトリンです。 反日感情の波が押し寄せるさなか、1977年に発足したこの原則は、日本が平和を追求し軍事的優位性を放棄し、地域の経済成長を支援し、東南アジア諸国との「心と心の」対等なパートナーシップを育むことを約束した。

日本のインドネシアへの投資は1980年代から着実に増加し、21世紀に入っても続いている。


 

こちらも読む  なぜマレーシア人の多くは太っていて体調が悪いのでしょうか?

Leave a Reply