インドネシアはどのようにして2人の日本人女性によって征服され、インフラプロジェクトを勝ち取ったのか?

日本の中小企業はどのようにしてインドネシアのプロジェクトを勝ち取ることができるのでしょうか?
1958年に日本のインドネシアとの戦争賠償協定が合意された後、日本の2社がスカルノに4人の女性をオファーした。スカルノはそのうち2人を合法的に結婚し、残りの2人は「愛人」として結婚した。

この2社とは、木之下茂氏の木下商事と久保正雄氏の東日商事である。 木下は中堅企業、東日は1952年に誕生したばかりの中小企業だ。

戦争賠償の修復プロジェクトは非常に大規模であるため、この 2 つの会社の存在は非常に奇妙に思われます。 インドネシアのインフラ改修国家プロジェクトは三井物産、三菱商事、住友商事クラスの企業がやるはずだ。

秋田大学の学者、三宅義美氏は、インドネシアに対する日本の戦争賠償の政治的および文化的側面と題する論文の中で、スカルノへのアプローチにおける両社の進展は非常に素晴らしいものであると述べた。 彼らは日本の当局者との政治的な親密さに頼っただけでなく、スカルノに女性を提供した。

インドネシア初のショッピングモール「サリナ」は、根本直子の要望により建設されました。

「もっと重要なことは、スカルノが女性に興味を持っていると彼らが聞いたことだ。木下は1968年に京都でモデルの金瀬咲子をスカルノに紹介した」と吉見さんは書いている。

1958年末、カナセはスカルノの愛人となるためジャカルタへ出国した。 彼はジャカルタで木下社員の子供たちの家庭教師として登録している。 カナセさんは「夫人」と呼ばれていました。 バスキ、吉見は書いた。

木下は1958年のスカルノ一行の来日を非常に寛大に歓迎し、滞在中に約10万ドルを費やした。 この浪費の結果、木下は三井物産との戦争賠償金によるプロジェクトの競争に失敗した。

木下の資本は女性とエンターテインメントだけではない。 この会社は当時の日本の首相岸信介と深い関係がありました。 岸氏の第二次世界大戦への影響は非常に強い。 1944 年に彼は東条将軍内閣の大臣の一人になりました。 第二次世界大戦後、戦犯として起訴され巣鴨に投獄された。

自由な空気を吸った後、木下は岸が1952年まで公職に就けないことを知り、岸に社長職をオファーした。 そして1952年に岸が首相となり、スカルノとの接触が確立された。

上流階級の政治ネットワークを持っていた木下とは対照的に、東日カンパニーは独特の方法でスカルノと出会った。 裏社会のネットワークを持っていた取締役の一人、児玉誉士夫は、スカルノが1958年に東京を個人訪問した際、ヤクザの護衛を派遣して保護を提供した。

この成功は、東日のオーナーである久保が個人的にスカルノにアクセスできることを意味した。 彼はスカルノをナイトクラブで働く根本直子にも紹介した。 この紹介に続いて、東京の帝国ホテルで 2 つの会議が行われました。

フレデリック・キラン、スカルノの孫、根本直子またはラトナ・デウィ・フジン。

ビジネス上の関係はどのようにして恋愛に発展するのでしょうか?

スカルノがインドネシアに帰国した後、根本直子とスカルノは手紙を交換した。 スカルノが根本をジャカルタに招き、久保を伴って2週間滞在することを決めるまでは。 久保さんは女性がスカルノさんの弱点の一つであることを知っていたので、他に2人の日本人女性を連れてきた。

しかし、根本はスカルノに送った手紙の中で、自分が久保にビジネス目的で利用されていると告げた。 スカルノ自身もすでに根本に恋をしていた。

根本の存在に、木下商会から派遣されスカルノと結婚した最初の日本人女性・金末咲子は落胆する。 16日後、金末咲子は自殺した。 この知らせにスカルノは涙を流したが、それでも1961年に根本と結婚し、当時根本はラトナ・サリ・デヴィ・スカルノと名付けられた。

デウィはスカルノの妻としての立場により、インドネシアで日本人起業家の事業を担当することになった。 伝えられるところによれば、インドネシアに投資したい日本のビジネスマンは皆、スカルノが彼のために建てたウィスマ・ヤソの家に行かなければならなかった。 このゲストハウスは後にサトリア マンダラ博物館になりました。

仏教からイスラム教に改宗した金瀬咲子とは異なり、2005年のその後の更新では、ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノとスカルノとの一人娘が熱心なキリスト教徒であることが知られている。

サトリアマンダラ博物館本館は 1960 年に完成(建築家は記載されていない)、以前は根本直子またはラトナ デウィ フジンの所有物でした。

 

こちらも読む  インドネシアのスラウェシ出身の女性の幽霊であるコンドールは、人間にセックスをして男性の性器をオルガスムに誘う.

Leave a Reply