シンガポールで最も捨てられるペットはなぜ猫なのでしょうか?

動物がもたらす喜びと愛に匹敵するものはほとんどありません。ペットは最高の仲間になるので、シンガポールでペットを飼う人がここ数年増加しているのも不思議ではありません。

とはいえ、動物を飼うには多くの責任が必要であり、動物だけでなく、近所の人や周囲のコミュニティ全体への配慮も必要です。

私たちと同じように、ペットにもバランスの取れた食事、家と呼べる安全で安心な場所、服従訓練、運動、病気になったときの獣医師の治療、年に一度の健康診断と予防接種、そして飼い主からの十分な配慮が必要です。 これらの責任は動物の生涯にわたって続きます。 その人がペットを飼うことに興味を失ったらどうなるでしょうか?

シンガポールではペットは許可されていますか?

シンガポールの住民の 3 分の 1 (34%) がペットを飼っていること、そして猫と犬の飼い主には共通するニーズがあることをご存知ですか。

シンガポールの合法および違法なペット (HDB/私有地…) 私有地の所有者は、最大 3 匹のペットの猫 (または犬、あるいはその組み合わせ) を飼うことができます。たとえば、すでに 2 匹の犬を飼っている場合、飼える猫は 1 匹だけです。犬を飼っていない場合は、3 匹の猫を飼うことができます。HDB フラットの所有者の場合は、最大 2 匹の猫を飼うことができます。

シンガポールでペット関連ビジネスが増加している理由?

ペットはシンガポールの家族の拡大した一員とみなされています。シンガポールのペット業界は急速な変化を経験しており、ペット小売市場の価値は2016年の7,800万米ドルから2025年までに1億1,000万米ドルに上昇すると予想されており、年平均成長率は3~4%です。

ただし、ペットショップがペットを展示、販売、流通、または輸出するには、シンガポール政府からのライセンスが必要です。販売が許可されている動物の種類は、ペットショップのライセンスに印刷されます。

最も収益性の高いペットビジネスの機会は、ペットアクセサリーの製造、ペットアパレルとファッション、ペットグルーミングサービス、ペットフードとおやつ、ペットの宿泊とデイケアにあります。

シンガポールでペットを飼うのはお金がかかりますか?

シンガポールという名前は、もともと「シンガ・プラ」(「ライオンの街」の意味)に由来しています。

ライオンが選ばれたのは、ライオンの街としてのシンガポールの地位を示す力強い歴史的なシンボルであり、勇気、卓越性、強さという 3 つの国家的価値を象徴しているからです。

シンガポール人はライオンを撫でることは許されていないため、次に飼えるのは猫です。

ペットを飼うには、購入や譲渡、医療費、グルーミング、トレーニング費など、多くの費用がかかります。当社の調査によると、犬を10年間飼うには平均でS$25,800、約300万円かかります。猫はそれほど費用がかからず、10年間で少なくともS$15,600、約200万円かかります。

シンガポールではなぜ猫が他の動物よりも人気のペットなのでしょうか?

他のペットとは異なり、猫は現在、規制された飼育方法のないグレーゾーンにあります。

シンガポールでは、犬とは異なり、飼い猫に免許は必要ないと、SPCAの事務局長アーティ・サンカー氏は言います。

「この説明責任の欠如により、飼い主は結果に直面することなく猫を捨てやすくなります。捨てられた行為の実際の目撃者がいない限り、違反者を起訴することは困難です」と彼女は付け加えました。

Causes for Animalsのボランティアコーディネーターであるクエック・グアン・リン氏は、免許がないことで飼い猫を追跡することも困難になると指摘しました。飼い猫は地域の猫に簡単に溶け込んでしまうからです。 クエック氏は、知識不足、不本意、資金不足による不妊手術の不足も「人口爆発」の一因になっていると付け加えた。

CNAによると、シンガポールの飼い猫の数は2023年に約9万4000匹で、2019年から10%増加している一方、同国の野良猫の数は現在5万~6万匹と推定されている。 不妊手術を受けていない猫は望まない子猫を産む可能性があり、無責任な飼い主はそれを「楽な逃げ道」として無視する可能性があるとクエック氏は述べた。

ヤフーが調べたところ、獣医での不妊手術にはオス猫で少なくとも150ドルかかることがあり、メス猫の場合はさらに高く、300ドル以上かかることもある。 猫の妊娠期間は65日と短く、1回の出産で4~6匹の子猫を産むため、急速に繁殖できると、猫福祉協会(CWS)の会長テヌガ・ヴィジャクマール氏は述べた。猫の繁殖能力は、低所得のシンガポールの家庭で猫の個体数が増えるにつれて、さらに資源の制約につながる可能性がある。

高騰する費用を補うため、猫福祉協会(CWS)は2年前、経済的に恵まれない家庭向けに補助金付きのペット猫不妊手術プログラムを開始した。補助金は不妊手術とマイクロチップの費用をカバーし、限られたケースでは往復輸送費もカバーする。 猫福祉協会(CWS)によると、2022年初頭から約1,400のシンガポールの家庭がこのプログラムに参加した。

シンガポールで最も捨てられるペットはなぜ猫なのでしょうか?

猫の世話は意外と簡単だ。シンガポール人は猫がいかに簡単に繁殖できるかに気づいていない。こうした家庭の多くは、猫の人気の爆発的な増加に対処できず、猫を捨ててしまう。

表面的には、猫の飼い主は猫が餌と水にアクセスできるようにすればよく、定期的な散歩や入浴は必要ない。そのため、猫はシンガポール人の大多数にとって理想的なペットだ。

猫は「比較的小さくて静かな動物」でもあり、不妊手術をすれば通常は鳴き声や甲高い声、遠吠えをしない。

シンガポールで猫が最も捨てられるペットであるもう1つの理由は、猫を「使い捨てのおもちゃ」と考える「無責任な飼い主」が増えていることだ。

シンガポールの動物愛護団体は、COVID-19パンデミック中にペットの飼育が増えたことによる波紋にまだ取り組んでいる。このパンデミックでは、家にいる人が増えたためペットの引き取りが増加した。その後、オフィスに戻る人が増え、インフレで費用が上昇したため、より多くのペットが手放された。

シンガポールでペットの飼育が増えているのはなぜですか?

猫の保護団体と協力して里親プログラムを運営するアートジャム猫カフェ「ワイルドフラワー スタジオ」の共同創設者ダリウス ロー氏は、この急増は、地域猫が他のペット動物に比べて入手しやすいことが原因かもしれないと述べた。

「野良猫は、野良犬、ハムスター、ウサギに比べて、路上で見つけやすいのは確かです。きちんとした餌やり場のある地域に住む地域猫の多くは、定期的な餌やりや世話から学んだポジティブな連想により、人間に近づきたがる傾向が強いでしょう」と同氏は述べた。

シンガポールで違法な裏庭ブリーダーが増えていることも、遺棄件数の増加に大きく寄与している。

これらのシンガポールのブリーダーは、評判の良いブリーダーが 1,000 ドル以上することもある価格ではなく、100 ドルから 300 ドル以内のエキゾチックな品種の猫を販売しており、気軽に猫を飼うことを助長しているとチョン氏は述べた。

シンガポールのソーシャルメディアを一通り調べれば、猫が譲渡される投稿がいくつも簡単に見つかる。そのため、責任を考えずに猫を家に連れて帰りたいという衝動は「非常に魅力的」だと彼女は付け加えた。

シンガポールの動物愛護団体は、捨てられた猫は通常、シンガポールの HDB の空きスペース、階段、駐車場などの住宅街で見つかる、と Yahoo Southeast Asia に語った。他のケースでは、猫は農地などの人里離れた場所に捨てられていた。

HDB の住宅所有者が最大 2 匹の猫を飼うことを法的に許可するほか、犬の飼育が現在規制されているのと同様に、すべての飼い主に猫のライセンス取得を義務付ける。シンガポールの新規ライセンス申請者はすべて、無料のオンラインの責任あるペット飼育コースを修了する必要がある。


sg.news.yahoo.com/why-are-cats-most-abandoned-pets-in-singapore-lack-of-accountability-sterilisation-say-welfare-groups-081941983.html#:~:text=The%20SPCA%2C%20along%20with%20various,as%20’low%20maintenance’%20pets.

spca.org.sg/what-we-advocate/#:~:text=Pets%20that%20come%20through%20our,Baby%20is%20on%20the%20way%E2%80%9D.

こちらも読む  シンガポールは麻薬密売の罪でイギリス人DJ兼麻薬密売人を24回のむち打ち刑に処した。

Leave a Reply