シンガポールの興味深い場所トップ 10 をご紹介します。

シンガポールは小さいながらも雄大な光景が広がる島国です。 この都市国家には、多様な文化、現代の驚異、そして豊かな歴史が融合しています。 シンガポールの必見スポットトップ 10 を見てみましょう!

1. シンガポール動物園
シンガポール動物園は、自然愛好家にとっての楽園です。 広々とした自然主義的な囲いの中に、さまざまな動物が飼育されています。 自然の生息地で夜行性の生き物を観察できる世界初のナイト サファリをお見逃しなく。

この動物園ではインタラクティブな体験も提供しており、あらゆる年齢層にとって魅力的な冒険となっています。

シンガポール動物園は常に、動物と来園者の間に隠された障壁、堀、ガラスを備えた自然主義的な「オープン」展示で動物を展示してきました。 ここには世界最大のオランウータンの飼育コロニーがあります。 シンガポール動物園は、さまざまな国際的な指標によって高く評価されています。

動物園内にはフォレスト ロッジ、パビリオン バイ ザ レイク、ガーデン パビリオンの 3 つのイベント会場があります。 エレファンツ オブ アジア、タイガー トレック、ツリートップス トレイルの 3 つのカクテル会場もあります。 シンガポール動物園では、誕生日パーティーや結婚式にも対応しています。

2. ラッフルズ ホテル
ラッフルズ シンガポールは、シンガポールの 1 ビーチ ロードにある歴史ある高級ホテルです。 このホテルは、1887 年にアルメニアのホテル経営者であるサーキーズ兄弟によって設立されました。ホテルの名前は、現代シンガポールの創設者であるイギリスの政治家トーマス スタンフォード ラッフルズ卿にちなんで命名されました。

植民地時代の優雅さの象徴である歴史あるラッフルズ ホテルは、時代を超越した魅力を漂わせています。 この建築上の傑作は、象徴的なカクテル、シンガポール スリングの発祥の地です。

1世紀以上の歴史があり、世界中から著名なゲストを迎えてきました。 ここを訪れると、過去に戻ったような気分になります。

マリーナ ベイ サンズは、シンガポールのマリーナ ベイに面した統合型リゾートであり、シンガポールのランドマークです。 2010 年のオープン時には、80 億シンガポールドル (68 億 8,000 万米ドル) で世界で最も高価な独立型カジノ施設とみなされていました。

ラッフルズ ホテルは、有名なカクテル「シンガポール スリング」発祥の地です。 誰でも事前に高価なランチやディナーを予約できます。

3. マリーナベイ・サンズ
マリーナ ベイ サンズは必見です。 スカイ パークを頂点とする 3 つのタワーには、世界最大の屋上インフィニティ プールがあります。 水泳を楽しみながら、シンガポールのスカイラインのパノラマの景色をお楽しみください。

ここは単なるホテルではなく、独自のショッピング、ダイニング、エンターテイメントのオプションを備えた目的地です。

この複合施設には、3,902 人収容可能な長さ 340 メートル (1,120 フィート) のスカイウェイと、世界最大の公共の片持ち梁の頂上に設置された 150 メートル (490 フィート) のインフィニティ プールを結ぶサンズ スカイパークを頂上とする 3 つのタワーが含まれています。 北タワーから 66.5 m (218 フィート) 突き出ているプラットフォーム。

4. オーチャードロード
オーチャード ロードは、シンガポール随一のショッピング スポットです。 この賑やかな通りには、ショッピング モールや高級ブティックが立ち並んでいます。 ショッピングだけでなく、活気に満ちたストリート ライフ、屋外カフェ、活気あふれる大道芸人もお楽しみいただけます。

オーチャード ロードは口語的に単にオーチャードとして知られることもあり、シンガポールの中心部にある長さ 2.5 km (1.6 マイル) の主要道路です。 有名な観光名所であり、近隣には世界的に有名なデパート、ショッピング モール、レストラン、コーヒーハウスが数多くある高級ショッピング エリアです。 シンガポールの人気のホットスポットで、特に夜は流行に敏感な都会の若者が集まります。

5. リトルインディア
リトル インディアに足を踏み入れると、別の世界に連れて行かれます。 この地区は、伝統的なインドのスパイスの香り、鮮やかな色のサリーや花輪で活気に満ちています。

探索する価値のある美しい寺院もあり、サモサからバターたっぷりのナンまで、豊かなグルメを味わうこともできます。

リトル インディア シンガポールでおすすめのアクティビティの多くは、それぞれ徒歩圏内にあるため、この賑やかな地区を 1 ~ 2 日以内に探索できます。 シンガポール川の東に位置するこの地区は、シンガポールで最も小さな地区の 1 つであるため、徒歩とサイクリングが最適な移動手段です。

6. セントーサ島
ユニバーサル スタジオで 1 日を過ごし、SEA で水中の驚異を探索しながら、セントーサ島で楽しい時間を過ごしましょう。 水族館を訪れたり、静かなシロソ ビーチでリラックスしたり。

アドレナリンが出るような乗り物を求める場合でも、静かなビーチで過ごす時間を求める場合でも、セントーサはすべての旅行者に完璧な 1 日を提供します。 さらに、セントーサ島の夕日は最高です。

セントーサは、シンガポールの南海岸にあるアイランド リゾートで、道路、ケーブルカー、遊歩道、モノレールで市内とつながっています。 セントーサ駅の近くにあるタイガー スカイ タワーからは、インドネシアまで続くパノラマの景色を眺めることができます。 南海岸のパラワン ビーチには屋台やバーが並び、沖合の小さな島へつながる吊り橋があります。 ヤシの木が立ち並ぶ三日月形のタンジョン ビーチは、さらに静かです。

7. ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
ガーデンズ バイ ザ ベイは、自然とテクノロジーが見事に融合した場所です。 そびえ立つスーパーツリーの間を散策したり、世界最大のガラス温室であるフラワー ドームを訪れたり、雲霧林の霧の中で迷ったりしてはいかがでしょうか。

夜になると、庭園は魅惑的な光と音のショーで魔法のような風景に変わります。シンガポールの人気観光スポットであるこの公園には、2014 年に 640 万人の訪問者が訪れ、2015 年 11 月には訪問者数が 2,000 万人を突破し、2018 年には 5,000 万人を超えました。

シンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイにそびえる「スーパーツリー」。ガーデンズ バイ ザ ベイは、シンガポール中部にあるマリーナ貯水池に隣接する 101 ヘクタール (250 エーカー) にわたる自然公園です。 この公園は、ベイ サウス ガーデン (マリーナ サウス)、ベイ イースト ガーデン (マリーナ イースト)、ベイ セントラル ガーデン (ダウンタウン コアとカラン) の 3 つのウォーターフロント ガーデンで構成されています。 庭園の中で最大のものは、グラント アソシエイツによって設計された 54 ヘクタール (130 エーカー) のベイ サウス ガーデンです。 そのフラワードームは世界最大のガラス温室です。

8. クラークキー
クラーク キーはシンガポールのナイトライフの中心地です。 この活気に満ちた川沿いのエリアは、ネオンと音楽で活気に満ちています。 さまざまな料理、ライブミュージック会場、エンターテイメントを備えた川沿いのダイニングをお楽しみください。クラーク キーは、シンガポールをマレー系ペラ州、セランゴール州、スンゲイ ウジョン州の主要港として位置づける上で重要な役割を果たした、シンガポールの第 2 代総督であり、1873 年から 1875 年まで海峡入植地総督を務めたアンドリュー クラーク卿にちなんで名付けられました。

クラークキー自体の入場料は無料です。 乗り物やリバークルーズには別のチケットがあります。

2022 年 8 月に始まった若返り活動の後、現在は CQ @ クラーク キーとして知られるクラーク キーは 3 つのゾーンと新たな顧客の組み合わせを特色とし、このアトラクションをペットフレンドリーなアメニティと施設を備えた「昼から夜まで」の目的地としてブランド名を変更しました。 Fairprice Finest のような新しいテナント。 ブロック B の倉庫も、アーティストのイップ・ユー・チョンとトビャトによる新しい壁画で装飾されました。

9. マーライオン公園
象徴的なマーライオン像があるマーライオン公園は、シンガポールで必見の場所です。 ライオンの頭と魚の体を持つこの神話上の生き物は、シンガポールの伝統を象徴しています。

ここでは、マリーナ ベイと街のスカイラインの素晴らしい景色を楽しむことができ、特にエリアがライトアップされる夜の息を呑むような美しさです。

マーライオン パークはシンガポールの有名なランドマークであり、主要な観光名所であり、シンガポールのワン フラートン、セントラル ビジネス ディストリクト (CBD) 近くにあります。

マーライオンは、ライオンの頭と魚の体を持つ神話上の生き物で、シンガポールのマスコットおよび国民的擬人化として広く使用されています。

公園には 2 つのマーライオン像があります。 オリジナルのマーライオンの構造は高さ 8.6 メートルで、口から水を噴き出します。 その後、元の像の近くに高さわずか 2 メートルのマーライオンの子が加わりました。

マーライオン像は、シンガポール以外にも、インドネシア、日本、韓国、タイ、中国、カンボジア、イギリスなど、さまざまな国で見ることができます。

マーライオン パークはシンガポールの有名なランドマークであり、主要な観光名所であり、シンガポールのワン フラートン、セントラル ビジネス ディストリクト (CBD) 近くにあります。

10. チャイナタウン
チャイナタウンは、シンガポールの豊かな文化の歴史を反映した活気のある地区です。 ユニークな装身具やエキゾチックなフルーツが並ぶ活気ある市場を散策し、伝統的な中華料理を味わいましょう。

シンガポールの文化遺産と活気のある雰囲気を垣間見たければ、シンガポール独自のチャイナタウンを訪れるほかありません。

シンガポールのチャイナタウンは、市内の他の地域とは顕著な対照を成しており、伝統的な料理の香り高い香りから、界隈を貫く大胆な赤と金の色調まで、低層の建物や文化が街路に溢れ出ています。

 


ソース;

reddit.com/search/?q=singapore

こちらも読む  なぜ駐シンガポールイスラエル大使はフェイスブックへの投稿について謝罪するのか?

Leave a Reply