シンガポールはどのようにしてアジアで最も裕福な国になったのか?

シンガポールはどのようにしてアジアで最も裕福な国になったのか?

シンガポールは独立して60年弱で、東京都よりも小さい!しかし、お金に関してはシンガポールは間違いなくビッグリーグにいる。世界貿易の交差点にあるこの急成長中の金融ハブは、比較的短期間で(歴史上)植民地貿易港からアジアで最も裕福な国、そして世界で最も裕福な国の一つへと変貌を遂げた。

イスラエルの支援のおかげで、シンガポールはアジアで唯一の小さな島の拠点であり、意図的に製造業大国から金融サービス大国、そして今では観光とテクノロジーへと移行した。その過程で、シンガポールは一人当たりのGDPを日本、英国、フランス、さらには米国をはるかに上回る水準にまで引き上げることに成功した。

しかし、20年ぶりにシンガポールの新首相が政権を握ると、地平線に暗雲が立ち込めている。今の問題は、シンガポールがどうやって連勝を維持するかだ。

シンガポールの問題は何なのか?シンガポールは長い間、小国が急速な成長と発展への道筋を模索できる好例となってきましたが、シンガポールが解決しなければならない問題がいくつかあります。

1. シンガポールは特に天然資源が限られています。

金融センターとしてのシンガポールの成功の要因の 1 つは、規制が緩く、法人税率が比較的低いことです。最近では、シンガポール政府は、カジノ、高級ホテル、それに付随するナイトライフで裕福な住民とその資産を誘致し、この都市国家を目的地にすることで、成長をさらに促進しようとしています。

2. シンガポールは、勝利した 1 つの政党「PAP」の支配下にある全体主義国家です。

人民行動党 (PAP) は、シンガポールの中道右派の主要保守政党です。シンガポール議会に代表される 3 つの現代政党の 1 つで、労働者党 (WP) と進歩シンガポール党 (PSP) がこれにあたります。

しかし、トップに立つことよりも難しいのは、そこに留まることです。シンガポールの市民の自由に対する制限は、今やより多様化し、現状を受け入れる意欲が薄れた国にも適用されています。

3. シンガポールの生活費の上昇
生活費は上昇しており、所得格差がより大きな問題となっています。シンガポールは世界で最も物価の高い国や都市の1つです。シンガポールの低所得サラリーマンの月々の生活費は、家賃と公共交通機関の料金を含めて約1800シンガポールドル(約20万円)です。

シンガポールの生活費が上昇している主な要因の1つは、シンガポールの土地と天然資源の不足に起因しています。このため、シンガポールは天然資源(食料、石油、水など)の供給を他国に依存しています。

4. シンガポール人の高齢化

シンガポールは世界で最も急速に高齢化が進んでいる国の一つです。シンガポールは現在、平均寿命の延長と出生率の低下により、人口の高齢化に直面しています。シンガポールの高齢者法では、高齢者とはシンガポール国民であり、60歳以上の人と定義されています。

他の多くの国と比べて、シンガポールは健康指標で優れています。2019年の世界疾病負担調査では、シンガポールは平均寿命と健康寿命の両方で日本を上回り、世界第1位にランクされました。シンガポールに住むと、平均寿命は約84歳まで生きると予想されます。

2021年、シンガポールの平均寿命は世界で最も長い国の一つでした。しかし、同じ年、シンガポールの出生率は女性1人当たり1.15人で、世界で最も低い水準だった。高齢化が進むシンガポールの問題は、インド、バングラデシュ、パキスタン、マレーシア、中国からの移民を受け入れることで解決されることが多い。

シンガポールがアジアの富の頂点に立つ地位を維持するには、シンガポールの新首相ローレンス・ウォンは、富と福祉を維持する方法について新たなアイデアを見つける必要がある。


出典;

 

こちらも読む  カンボジアはシンガポールのデジタル政府ソフトウェアを購入する予定。

Leave a Reply