シンガポールはインドネシア農場からの生きた豚の輸入をまだ再開していない。

豚肉は東アジアと東南アジア(東南アジア大陸部、フィリピン、シンガポール、インドネシア、東ティモール)で高く評価されています。中国系アジア料理、特に中国(香港を含む)と北東インドでは、脂肪分が多く食感もよいことから生きた豚肉が好まれています。

シンガポールは業界と連携して輸入源の多様化に常に取り組んでいます。2023年にはメキシコの6つのサプライヤーがシンガポールへの豚肉​​輸出を承認されました。

シンガポールは、オーストラリア、ブラジルなど20以上の国から冷蔵または冷凍の豚肉を輸入している。しかし、生きた豚は東マレーシアのサラワク州とバタム島南部のブラン島から輸入されている。

シンガポールで生豚肉の価格が上昇しているのはなぜか?

インドネシアのプラウ・ブラン農場からの輸出は、シンガポールの豚肉総供給量の 15% を占めている。

シンガポールの屠殺直後の豚肉の 3 分の 2 を供給しているインドネシアのプラウ・ブラン農場は、シンガポール市場への生きた豚の輸出再開の許可をまだ得ていない。

シンガポールがリアウ諸島州にある島からの豚の積荷にアフリカ豚コレラを検出したため、2023 年 4 月 19 日に輸出は停止した。

シンガポール食品庁 (SFA) と国立公園局傘下の動物獣医サービス (AVS) は、2024 年 6 月 5 日にストレーツ・タイムズ紙に対し、生きた豚の輸入が再開されるかどうか、またいつ再開されるかを評価するためにインドネシアの畜産動物衛生局総局と協力すると語った。

2018年にアジア太平洋地域に広がったこの病気は、その蔓延を抑えるために何百万頭もの豚の殺処分につながった。

なぜ今、シンガポールで新鮮な豚肉を入手するのが難しいのか?

シンガポールの豚、豚肉、豚肉製品の輸入条件は科学に基づいており、世界獣疫事務局のガイドラインと基準を参考にしている。

インドネシアの農場からの積荷でアフリカ豚コレラが検出された後、シンガポールは2023年以降輸入を停止した。シンガポールに輸入された豚でアフリカ豚コレラが検出されたのはこのときが初めてだった。

アフリカ豚コレラは人間には影響しないが、イノシシや豚には伝染力が強く、致命的である。

シンガポール食品庁はまた、シンガポールに生の豚肉を輸出する地域に、感染した豚の生肉を介して伝染する可能性のあるアフリカ豚コレラを引き起こすウイルスが存在しないことを要求している。

ただし、感染が発生した地域からの豚肉加工品は、ウイルスを不活化するために加熱処理されている場合に限り、輸入・販売が認められる。


出典;

straitstimes.com/singapore/singapore-yet-to-resume-import-of-live-pigs-from-indonesian-farm-on-bulan

todayonline.com/singapore/resumption-live-pig-exports-indonesian-island-could-take-year-sfa-2167681

こちらも読む  誰でも一攫千金を狙えるジャワ島の黒魔術「ペスギハン」!

Leave a Reply