ジェンコル豆とは何ですか?

ジェンコルは東南アジアやインドの独特な食べ物です。 ジェンコルは一部の人にとっては非常においしいと認識されていますが、その臭いのために多くの人に避けられています。

ジェンコル豆には、免疫システムを改善できる活性化合物が含まれています。 感染症と闘い、全身の健康を維持し、病気に対する体の抵抗力を高めます。

栄養面では、ジェンコル豆にはビタミン、ジェンコル酸、ミネラル、繊維が豊富に含まれています。 ただし、副作用があるため摂取量は限られています。

マメ科(マメ科)を含むジェンコル。果物はポッドの形をしており、スパイラル形状、ダークバイオレットに押しつぶされています。光沢のある茶色の薄い皮のフルーツシード。ジェンコルは、特に新鮮な野菜として新鮮に食べた場合、消化処理された後、尿に不快な臭いを引き起こす可能性があります。また、ジェンコル植物は高い地下水を吸収する能力があると推定されているため、どこかで水を節約するのに役立ちます。

ジェンコルまたはジェリン(Archidendron pauciflorum、同義語:A. jiringa、Pithecellobium jiringa、およびP. lobatum)は、東南アジア地域の典型的な植物です。

種は硬く熟した状態ですが、煮沸すると柔らかく柔らかくなり、揚げた後は少し粘土になります。このテクスチャーが人気を呼んでいますが、一部の人々は、より硬くて苦い生の状態で若い種子を消費することも好んでいます。種皮には紫がかった樹液があり、衣類から取り除くのが難しい痕跡が残ります。年をとると、種子の色は黄色に変わり、完全に調理されると最終的に赤または茶色になります。

ジェンコルは、東南アジアで何世紀にもわたって知られ、消費されてきた魔法の果物です。 その強くて独特な匂いに嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんが、ジェンコルには実際に驚くべき健康上の利点が数多くあります。

ジェンコルフルーツはとても食欲をそそる果物の一つであり、それ以外にも多くの利点があるため好まれています。 ジェンコル果実には、炭水化物、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB、リン、カルシウム、アルカロイド、エッセンシャルオイル、ステロイド、配糖体、タンニン、サポニンも豊富に含まれています。

ジェンコルの木は、一次または二次熱帯雨林が伐採されても生き残ることがよくあります。 それ以外の場合、植える距離は10〜15 mです。 この植物は、水はけの良い砂質、ラテライト質、または砂質の粘土質の土壌を好みます。

クローン配布の方法はまだ発見されていません。 自然界では、リス (Callosciurus notatus) が種子を食べ、種子の分布を促進します。 インドネシアではジェンコルの木1本に年間20万円の価値があるそうです。

ジェンコルの木から収穫したばかりのジェンコル豆。

健康に対するジェンコルの利点
高品質のタンパク質源
ジェンコルは必須アミノ酸が豊富な植物性タンパク質源です。 タンパク質は、筋肉の形成、成長、体組織の維持にとって非常に重要です。 ジェンコルを摂取することで、毎日のタンパク質の必要量を健康的な方法で満たすことができます。

骨の健康を維持する
ジェンコルには、健康な骨と歯を維持するために重要な 2 つのミネラルであるカルシウムとリンが含まれています。 ジェンコルを定期的に摂取すると、骨粗鬆症を予防し、最適な骨密度を維持することができます。

消化を助ける
ジェンコルに含まれる豊富な繊維は消化機能の改善に役立ちます。 ジェンコルには、タンパク質を分解する酵素パパインも含まれており、消化プロセスを容易にし、便秘を防ぎます。

心臓病のリスクを軽減します
ジェンコルには、血中コレステロール値を下げるのに役立つ繊維と植物栄養素が豊富に含まれています。 ジェンコルを定期的に摂取することで、心臓病のリスクを軽減し、心臓血管の健康を維持することができます。

血糖値を調節する
ジェンコルは血糖指数が低いため、摂取しても血糖値が急激に上昇することはありません。 そのため、糖尿病の方や血糖値を安定させたい方に最適な食品です。

健康な肌
ジェンコルにはビタミンCと抗酸化物質が含まれており、肌を健康で輝きのある状態に保ちます。 ジェンコルに含まれる栄養素は、炎症を軽減し、傷の治りを早めるのにも役立ちます。

鉄分を補給
ジェンコルには、赤血球の形成を助け、貧血を防ぐのに非常に重要な鉄分が含まれています。 ジェンコルを摂取することで、健康な血液を維持し、鉄欠乏症の症状を回避することができます。

免疫システムを改善します
ジェンコルには、免疫システムを改善できる活性化合物が含まれています。 感染症と闘い、全身の健康を維持し、病気に対する体の抵抗力を高めます。

揚げたジェンコル豆に甘辛醤油を加えたもの

ジェンコルマメというインドネシアの食材は何ですか

香りはバナナに似ていますが、弱いです。しかし、消費後、体は尿、糞、汗を通して刺激臭を発します。これはペタイを消費するよりも厄介であると考えられています。

ジェンコルの種は、ジェンコリズム(ジェンコルの種子中毒)を引き起こす可能性のあるアミノ酸であるジェンコル酸の存在のため、わずかに有毒です。発生する症状には、筋肉のけいれん、痛風、尿閉、急性腎不全などがありますが、これらの症状は主に男性が経験するもので、準備するシードの数に依存しません。各個人は、問題なくジェンコルを摂取できますが、別の機会に腎不全を経験することもあります。

少量のジェンコルを食べると、口臭、汗、糞、尿が出るため、外観上の問題が生じます。

臭いに加えて、ジェンコルは過剰に摂取すると尿道に結晶が蓄積し、これが塊と呼ばれるため、健康を妨げる可能性があります。これは、ジェンコルが高いジェンコラート酸を含み、酸性pHの水に溶解するのが難しいために起こります。

なぜインドネシアでは多くの人がジェンコル豆を食べるのでしょうか?
ジェンコル豆の刺激的な香りは、柔らかくなるまで茹でて少量の塩を加えることで取り除くことができます。 茹でた果物は、さらに加工する前に、表皮を剥がしながら、冷水に浸して洗い流す必要があります。

ジェンコルの種子は生でも加工しても食べることができます。 最も一般的な調理法はディセムールで、スンダ人には「テコル」、「アティ アロワナ」、「アティ マウン」、または「タイガー レバー」として知られています。

ジェンコルは、牛肉に代わるベジタリアンの代替品と考えられています。 お祭りの季節であれば、普段は肉を買う余裕がないインドネシアの多くの人が、代わりにジェンコルを買うことを選びました。

ジェンコルはバラドと一緒に揚げたり、カレーにしたりすることもできます。 加工後、ジェンコルは独特の香りを放ち、人によっては食欲をそそる独特の味であると考えられます。 わずかにキレート化されており、少し硬いテクスチャーです。

ジェンコルの種子は播種する以外に、メリンジョのエンピングのように、叩いたり平らに絞ったりして乾燥させ、揚げることによってチップスにすることもできます。 ジェンコルの刺激臭による悪影響は、浸したり煮たりすることで軽減できます。


 

こちらも読む  タイは中国への生ドリアン輸出でどのようにリードしているのでしょうか?

Leave a Reply