タイで行方不明の中国人観光客に対する身代金要求が表面化。

タイのバンコク警察は、タイの首都で行方不明になった中国人観光客を捜索している。この観光客の父親は、彼女を無事に連れ戻すために500万元(93万2000シンガポールドル)の身代金を要求された。

メディアのタイ・エグザミナーは、27歳のシン・レイ・ルーさんの父親が、2024年6月7日午後6時頃、中国のメッセージアプリWeChatで、ルーさんを上海に解放するために身代金を支払うよう要求するメッセージを受け取ったと報じた。

ルーさんは家族とともに上海に住んでおり、2024年6月5日に10人以上の友人とともにタイに到着していた。

身代金要求を受けたルーさんの父親は、中国語の通訳を見つけ、プラカノン警察署の警官に事件を通報した。午後7時30分に報告書が提出された。

タイのメディア「タイガー」によると、ルーさんが宿泊していたホテル「ザ・クォーター・オンヌット・ホテル」のスタッフがプラカノン警察の捜査部隊に対し、ルーさんが2024年6月7日午後3時11分頃にチェックインし、ホテルを出たことを確認した。

CCTVの映像には、ルーさんが一人で歩いて出て行く姿が映っていたという。

ルーさんは、1泊目はバンコクのパヤータイ地区にあるエバーグリーン・プレイス・サイアム・ホテルに宿泊し、その後2軒目のホテルに移動した。

報道によると、警察はバンコック市のホームプロバンナモールでルー・シンレイを発見した。彼女はプラカノン警察署に連行され、そこで誘拐容疑の報告を受けて中国から飛行機で到着したばかりの母親と姉に会った。

この中国人女性は日本の不動産会社で働いており、日本当局を名乗る詐欺グループからマネーロンダリング防止法に違反したと告げられたと報じられている。

これまでも、日本企業で働く中国人労働者が関与する誘拐や身代金のケースは数多くある。

彼女は調査のために1700万円を彼らに送金し、タイかシンガポールに出て、上海の両親と連絡を取らないよう命じられた。中国語の通訳が2024年6月7日金曜日に両親の苦情を警察に伝えた。

警察は、ルーさんと両親は、誘拐は実際に行われていないものの、チャットアプリで騙された詐欺グループの被害者であるとみている。

タイで観光客の誘拐が横行しているのはなぜか?

パンデミック発生前の外国人観光客の収入は総額600億ドルで、経済活動の約12.5%を占め、そのうち中国はその約4分の1を占めている。タイは中国人観光客に無料ビザを提供している東南アジアの多くの国のうちの1つである。

タイでは過去に誘拐事件が数多く発生している。米国国務省によると、「タイは、強制労働や性的人身売買の対象となる男性、女性、子供の送り出し国、送り先、通過国となっている」。

タイの比較的豊かな経済状況は、貧困や、ミャンマーの場合は軍事的弾圧から逃れる近隣諸国からの移民を引き付けている。

タイへの大規模な不法移民は、人身売買業者にとって、不法移民を強制的に、または詐欺的に、不本意な奴隷状態や性的搾取に追い込む機会となる。

​​タイのメディアは、通報から数時間後、中国の通訳がタイ警察に、シンガポール行きの航空券がルーさんの名義で予約されていたことをルーさんの父親が発見したと伝えたと報じた。

午後6時、上海にいる彼女の父親は、27歳の娘を無事に返すために2500万バーツの支払いを要求された。友人らとともにタイに到着した陸欣蕾さん。

フライト追跡ウェブサイトのFlight Awareによると、スクートのフライトTR617は6月7日午後8時58分にバンコクを出発し、同日午後11時35分にシンガポールに着陸した。

しかし、タイ入国管理局と観光庁に確認したところ、ルーさんが国外に出国した記録は見つからなかったとKhaoSodメディアは報じている。


thaiexaminer.com/thai-news-foreigners/2024/06/08/bangkok-police-search-for-chinese-tourist-who-as-the-subject-25-million-baht-ransom-demand-xin-lei-lu/

bangkokpost.com/thailand/general/2807710/chinese-woman-feared-kidnapped-found-at-bangkok-mall

こちらも読む  「チキ・ケブル」はインドネシアの新しい人気スナックです。

Leave a Reply