タイのビルマ人労働者はなぜ徴兵されることを恐れているのか?

援助団体によると、タイに移住したミャンマー人労働者は、滞在期間の延長のためにミャンマー政府にパスポートまたはビザの申請を義務付ける新政策により、徴兵の対象になるのではないかと懸念している。
2024年2月に軍事政権が制定した人民兵役法では、軍事政権軍が反乱軍との戦場での敗北を喫した場合、18歳から45歳までの男性が徴兵される可能性がある。
この発表は、同法を執行する行政官の殺害の波を引き起こし、何千人もの徴兵忌避者が反乱軍支配地域と隣国タイに追いやられた。
2024年4月、タイ労働省は、政府のビザスポンサーシッププログラムの下で働いているミャンマー、カンボジア、ラオスの労働者は、4年間の契約期間が満了すると、自国に戻って契約期間を延長しなければならないと発表した。
タイのビルマ人労働者を支援する援助同盟委員会のイェ・ミン氏は、RFAビルマとのインタビューで新しいビザ要件を認め、ミャンマーの軍事政権が徴兵政策の一環としてこの政策を要求したと考えていると述べた。
「通常、労働者はタイでビザを更新し、同じ職場で働くことができます。彼らはこのシステムを望んでいます」と、移民健康評価センターのリーダーでもあるこの援助活動家は述べた。「しかし、彼らは現在、ミャンマー軍事政権からの圧力により、タイで4年間働いた後、延長のために帰国しなければなりません。」
イェ・ミン氏は、タイにいる多くのビルマ人移民がミャンマーの反軍事政権運動を支持したり、積極的に参加したりしていると指摘し、軍事政権が「反乱軍への物資と支援を削減する」試みの一環として、バンコクに新しい要件を課すよう圧力をかけた可能性があると示唆した。
タイのロッブリーにある鶏肉加工工場で働く移民は、匿名を条件にRFAに対し、彼の工場で働くミャンマー人労働者2組が契約満了後すでに帰国していると語った。
「ミャンマー人労働者の別のグループの契約は6月13日か14日に満了する予定で、彼らは帰国させられる」と、安全上の懸念から名前を明かすことを拒否した移民は語った。「約26人の労働者がすでに2つのグループに分かれて帰国している。数十万人の労働者が帰国しなければならないと推定されている。」
なぜミャンマーの状況は悪化しているのか?
ミン・アウン・フライン将軍率いる軍事政権が2021年2月1日にクーデターを起こし、民主的に選出されたアウン・サン・スー・チー氏と国民民主連盟(NLD)党の政権を打倒して以来、ミャンマーの状況はひどいものとなっている。
クーデター後、何百万人もの抗議者が国中に溢れ、軍による政権奪取に反対し、民主主義の回復を求めた。
人民防衛軍(PDF)などのゲリラ部隊や、カチン独立軍(KIA)やアラカン軍(AA)などの長年の民族武装組織(EAO)が軍事政権に対する作戦を強化し、軍事政権に対する抵抗が形成され始めると、危機は拡大し続けた。
ビルマ人はなぜミャンマーに帰国したがらなかったのか?
2024年5月1日、軍事政権は兵役義務法を発動し、労働省は若者が海外で働くことを今後認めないと発表した。
ミャンマーの影の統一政府(NUG)の労働副大臣チョー・ニーはRFAに対し、同政権はタイ政府に対し、ビルマ人移民労働者が帰国せずに国内で働き続けることを許可するよう要請したと語った。
RFAは金曜日、軍事政権の労働省とバンコクのミャンマー労働担当官事務所に連絡を取ろうとしたが、返答はなかった。
援助同盟委員会のイエ・ミン氏は、移民労働者がミャンマーに帰国するのは極めて危険だと述べた。
「1、2か月以内にタイに再入国するのは容易ではないので、帰国した労働者にとっては非常に危険なシステムだ」と同氏は述べた。
タイに拠点を置く労働権利財団のアウン・チョー氏はRFAに対し、同団体は人道的見地から移民労働者が引き続きタイに居住することを許可するようタイ政府に要請したと語った。
「移民労働者は、その年齢層であれば強制的に徴兵されるだろう」と同氏は述べた。「軍事政権は昼夜を問わず攻撃を仕掛けており、この国では移民労働者の命が危険にさらされている」。
2024年5月1日、世界労働者の日を記念して、労働団体はバンコクで集会を開き、労働者がタイ国内から4年間の労働契約の延長を申請できるようにすることを要求した。

出典;

rfa.org/english/news/myanmar/workers-thailand-visa-restrictions-05312024163336.html

こちらも読む  サンデル・ボロンは、長い髪と背中に穴のある美しい女性の幽霊です。

Leave a Reply