タイ当局は、身代金目的でインドネシア人観光客を誘拐したタイ人女性警察官を逮捕した。

2024年5月18日、タイ警察はパッタルン地方裁判所の逮捕状を携えて、地方警察管区9に所属する同僚の警察上級曹長プロンピス(45歳)を逮捕した。

タイのムアンパッタルン警察署は、29歳のインドネシア人男性を誘拐したタイの犯罪組織のリーダー容疑者として、このタイ人女性警察官を逮捕した。

2024年5月18日、警察官がパッタルン県ムアン郡ターケー地区とカオチャイソン郡カオチャイソン地区の2軒の家を捜索した。

このインドネシア人観光客はソンクラー県から誘拐され、パッタルン県に連行された。タイの犯罪組織はインドネシア人観光客を拷問し、インドネシアにいる彼の妹に送るビデオを録画し、身代金を要求した。

その後、タイ警察はバンコク市から車で帰る途中のスラタニ県で警察上級曹長プロンピスを拘束した。彼女はムアンパッタルン警察署で尋問のため連行され、同時に拘留のため裁判所に連行された。これは国際問題となっているため、タイ警察は保釈に反対した。

パッタルン警察署の鑑識官が容疑者の車の検査を行った。ムアン・パッタルン警察署の警官は、タイ人グループが29歳のインドネシア人男性を誘拐した事件の追加容疑者として警察上級曹長プロンピスを逮捕した。

インドネシア人観光客はどのようにして誘拐されたのか?
当初、女性警察官は容疑を否認したが、パッタルン警察の捜査チームは、インドネシア国籍の29歳のシャワナ氏とその友人2人をパッタルン県の住宅に拘留するために連れ去った車を運転していたことを突き止めた。

この事件では、タイのソンクラー県にあるインドネシア領事館の職員がタイ警察に連絡し、2024年5月11日にインドネシア大使館から情報を得た。

2024年5月14日、タイ警察はムアン県ターケー郡第7村の住宅からシャワナ氏とその友人2人を救出した。

インドネシア領事館は、シワナさんはタイ人男性グループにソンクラー県ハジャイ郡からムアンパッタルン郡に連れ去られたと報告した。その後、タイ人男性はシワナさんを拷問し、ビデオを録画してインドネシアにいるシワナさんの妹に送り、身代金230万バーツ(約970万円)を要求した。

シワナさんの親族はすでに80万バーツ(約340万円)の一部を送金していた。

また、主要容疑者のウィーラサック・トンウボル容疑者(37歳)も逮捕された。同容疑者は、女性警察官がシワナさんを自宅まで車で連れて行き、被害者を拘束するよう指示したと自白した。

パッタルン法医学当局は車内でDNA検査を実施し、追加証拠を見つけるためにパッタルン県ムアン郡ターケー地区とカオチャイソン郡カオチャイソン地区の2軒の家を捜索する裁判所令状を取得した。

ウィーラサックは、2023年10月にナコンラチャシマ県の病院からパッタルン県へ足かせをはずして逃亡した、別の37歳の逃亡犯「パエン・ナ・ノッド」の元部下だった。

残念ながら、タイ警察は残りの犯罪者を捕まえることができず、証拠から彼らが後にインドネシアへ逃亡し、今日まで彼を逮捕できていないことが示唆されている。


出典;

khaosodenglish.com/news/2024/05/18/female-thai-police-officer-arrested-in-indonesian-man-ransom-case/

こちらも読む  なぜ日本の銀行はインドネシアに多額の投資をするのですか?

Leave a Reply