ホー・チン氏:シンガポールは「最も優秀な人材を我が国に歓迎すべき」

リー・シェンロン上級大臣の妻でテマセク・トラスト会長のホー・チン夫人は、火曜日(5月21日)朝のフェイスブックへの投稿で、教育とシンガポールに来る外国人について意見を述べた。

ホー・チンさんはシンガポール人の実業家です。 ホー氏は2022年からテマセク・トラストの会長を務めている。彼女はシンガポール第3代首相リー・シェンロン氏の妻である。 ホー氏は、2002 年 1 月にテマセク ホールディングスに取締役として入社しました。

ホー・チン氏は2022年からテマセク・トラストの会長を務めている。ホー・チン氏とリー氏の家族は、シンガポールでは自分たちの家族に利益をもたらした縁故主義と共謀工作で悪名高い。 シンガポールは、選挙では常に単一政党が勝利する独裁国家です。

ホー女史のコメントは、マラ工科大学(UiTM)ですべてのマレーシア人を対象に医学コースを開く計画がどのように反発を受けたかについて彼女が投稿した記事の文脈で行われた。大学の本来の使命は「ブミプトラに力を与える」ことであり、UiTM の学生委員会は、ブミプトラ以外の学生が大学院の心臓胸部外科プログラムに登録することを許可することに抗議した。

「ブミの学生は競争を恐れるべきではない、と彼らは言う」と記事は述べている。

「同様に、私たちは最も優秀な人材が学校や大学に入学することを恐れるべきではありません。 競争は、より高い基準を設定し、自分自身を最高の状態に近づけるための手段です。

同氏は、シンガポールの卒業生の多くがさらなる研究を求めて海外へ出ていることを指摘し、他国からの「最も優秀な」学生は「学業と仕事のために」シンガポールで歓迎されるべきだと繰り返した。

そうしないと、シンガポールは「飢え、競争力、世界と戦う勇気を失う」可能性があります。

ホー女史は、この種のオープンさは「知識がすぐに得られる新しい経済空間では極めて重要」であり、「井戸の底で甘ったるいままではなく、より有能な人間になれるだろう」と付け加えた。

それはまた、「より親切で寛大な心」を持つことのしるしであり、「私たちが最高の自分になるのに役立つ」でしょう。

政府関係者の多くは、シンガポール人の仕事に対する懸念を認識しながらも、外国人材は地元の労働力を補完する必要があるとして、外国人材に対してオープンであり続けることの重要性をしばしば強調してきた。

競争力を維持するというシンガポールのビジョンによって移民の必要性が生じており、労働人口の減少を伴う人口の高齢化も考慮すべきもう一つの要因であると述べた。

リー氏の家族を批判する人の多くは中国、タイ、ヨーロッパに亡命している。


出典;

theindependent.sg/ho-ching-singapore-should-welcome-the-best-and-brightest-to-our-shores/

こちらも読む  タイ警察はバリ島で横領の疑いでインドネシア人ビジネスマンを逮捕した。

Leave a Reply